読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全勇者シリーズAmazonプライム公開記念に各シリーズを簡単に紹介!

第1話 ボクんちの車は宇宙人!? 30代おじさんの幼少時代に大切なモノすべてを教えてくれた僕らの勇者達の物語がAmazonプライムビデオで公開されています。 シリーズによってはデジタルリマスターの復刻円盤も発売されていますが、お財布に優しくない価格設…

私の周りにいる、結婚できない高収入オタク男の特徴

こういう記事書くと、男差別!とか言われかねないデリケートな話題ですが、私の周りには年収7桁後半から8桁手前の20代後半~30代前半の男やもめが掃いて捨てるほどいます。 誰もが知る一流企業に勤めながら、今の若者らしく堅実に貯金や株式で資産をたくわえ…

睡眠ログから電話の通知まで対応する便利なリストバンドfitbitaltaレビュー!AppleWatch2ではなくfitbitを選んだワケ

年齢も30を超えると運動不足を感じることが増え始めます。 視覚的に自分の運動量を自動的に記録してくれるウェアラブルデバイスは、記録が苦手で長続きしない自分にとって運動不足を視覚的に認識するための手軽なツールとして以前から気になるアイテムでし…

トランプ氏大統領当選の現実から目をそらしたい人へ送る書籍10冊

イスラム教や移民に対する強烈なディスリスペクトや万里の長城建設を公約に掲げるなど、国際社会に喧嘩を売って注目を集めたトランプ氏。 大統領選ではトランプ不利の予想を覆し民主党候補のヒラリー氏に58ポイント差をつけてまさかの当選を果たしました。 …

女性育毛剤は効果がない!?薄毛に悩む母が生えない育毛剤に希望をつなぐ闇

私の実母は、私が苦労をかけすぎたせいで40代で髪が薄くなってしまい60歳の今でも薄毛が猛烈な悩みとなっています。 昔ながらの女性によくあるテレビと雑誌が情報源・通販が大好きな母は、東でみのもんたが「イソフラボン」と言えば豆乳を飲み、西でタモリが…

予算月2,000円!男性でも使って恥ずかしくないコスメはコレ!

男性にとってスキンケアは女性のような美しさの追求よりも、同僚や女性社員に不快な思いをさせないためのエチケットのようなものです。 ですが、30歳を超えてくると結婚、子育てマイホームとお金が入用になることばかりで、スキンケアにお金がかけにくくなり…

楽器の調湿と乾燥した室内に超音波式のアロマディフューザーを導入してみた

Seneoアロマディフューザー 真冬の室内めちゃくちゃ乾燥しませんか?実は私、あまり気にしたことありません。ですが鈍感な自分の代わりに、楽器がデリケートに反応してくれます。 私のチェロも今年に入って、3回調弦が狂ってしまい、練習のたびに調律してば…

男のスキンケアはエチケット?男におすすめのオールインワンゲルはコレ

心理学的にも第一印象で評価が決まるとのこと 男のニベアに代表されるメンズコスメ。男性の美意識の高まり、と言うより清潔感やエチケットが男性にも求められるようになったといったほうが正しいのかもしれません。 ですが、女性のようにコスメポーチを持ち…

意外な一曲に出会えるPrimeMusic!でも邦楽好きはお呼びでない?

激安聴き放題プライムミュージック Amazonプライム会員特典Primeミュージック。 Primeビデオとセットで年間3,900円の激安定額音楽サービスとして、大きな話題になったのは記憶に新しいところ。 実際にサービスを体験してみると、なかなかいいじゃない!とい…

手数料1.5%!Amazonギフト券を売るならヤフオクよりプリペがおすすめ!

ヤフオクって大変だよね… 最近ではプレゼントや景品にも選ばれるAmazonギフト券。気軽に贈れる金券なのですが、貰う側の本音は現金の方が嬉しい…。 だけど電子マネーの性質上金券ショップは基本買取拒否。今までは落札代金の8.64%を支払って、ヤフオクに出…

子どもの学力を伸ばすなら環境が大事。親がテレビ見てセンベイ食べてちゃダメだよね

テレビではテレビを見るなと言わない 「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方 3人の息子を東大理3に進学させた教育ママの勉強法が大人気です。 少々度が過ぎているようにも見えますが、子どもが勉強する環境を親が整えてあげるという点では、見習…

中学生の深刻な悩み。子供のワキガ・体臭はどう対策したら良いの?

親は楽観的 体臭は思春期の子供にとって深刻な悩みです。 親がワキガ持ちだったり体臭がキツイと子供にも遺伝するといわれていて、その影響は第二次性徴(せいちょう)期から顕著に現れてきます。 自分から気づかないことも多いと言われていますが、敏感に反…

ラクトフェリンは副作用やアレルギーは無い?飲んでも大丈夫?

メディアやサプリメントでも人気のラクトフェリン。ヨーグルトや牛乳にも含まれている、副作用のない魔法の成分として注目されていますが、本当のところはどうなのでしょうか? 本当に副作用がないの?サプリを飲み過ぎて体調を壊したりアレルギーになったり…

がん治療で荒れて乾燥した肌にも使える保湿クリームはこれ!

医者が使ってる保湿クリーム 病気の治療の中でも長く辛い戦いになるのが、ガン治療。 今では小さな負担で手術をしたり、薬や放射線で治療をすることもできる凄い時代になりました。 でも、医学が急速に進歩しても人間の体が進化したわけではありません。健康…

ひどい肌荒れでも使える保湿クリーム・ロベクチン。肌が荒れやすい生理期にも。

びっくり保湿クリーム・ロベクチン 抗癌剤の副作用やひどい肌荒れに悩む人の為にアメリカの皮膚科学研究所が開発した、ロベクチンという保湿クリームはご存知ですか? 肌を刺激するパラベンや発がん性物質を配合しない保湿ローションは、その原材料から徹底…

アファフォー肌年齢を10歳若く見せるために!良いコスメをたくさん経験しよう!

諦めずケアを大事に 肌の若々しさは遺伝や体質に影響されます。 アラフォーできれいな人もいれば、30代から急速に下り坂になり、肌荒れやシミに悩まされる人もいるほど差が出ることは当たり前です。 ところが、肌のきれいな人は素肌のケアに気を使っているか…

どうしてハゲるの?ストレスと遺伝に振り回される30代の苦悩

ネットの発達娯楽の多様化で買い物も暇つぶしもイージーなのに、何故か髪の毛に厳しい現代社会。 子どもの進学のため、先行きが暗い老後のため、日々毛根をすり減らして戦い続けるお父さん。 出産育児、家事に加えて、女性の社会進出の旗印のもと労働にまで…

お盆玉はお年玉と何が違う?必要?渡すならいくら?使い方を子供とよく考えよう

子供のボーナスは年に2回? 毎年お正月の元旦は子どものサイフが大人よりも分厚くなる季節です。家によっては10万円なんて大金を1日で手に入れるお子さんもいるとか。甥っ子や姪っ子が生きがいのシングル世帯も増えて、今や子ども一人あたりにかけられるお金…

いちごやはっさく君に感謝。クックルンで子どもを料理好きに育てよう!

クヨッペンがカワイイ 視聴料徴収問題や不祥事が定期的にお茶の間に上がるNHK。中にいるエライ人達の素行の悪さと、自己保身の酷さは目を覆いたくなります。ところが子どもの情緒や品性を高めてくれる教育番組は、文句なしのハイクオリティであの不道徳で不…

使い勝手はどう?コスパの悪いウォーターサーバーをオススメする訳

ウォーターサーバーってどうなの? 治安と水はただの時代はもう昔。 湯水のように使うという、言葉があるように日本にとって水は好きなだけ使える自然資源でした。しかしここ十年で環境意識や健康意識の増大で水への意識は大きく変わり、お水をお金で買って…

アラサーにとって最高の贅沢とはなにか?喜びを感じられるサービスとは?

最高の贅沢とは? 贅沢とは何でしょうか? 美味しい友達や恋人と食事をする、話題のアイテムを手に入れる、きれいな服を着る。 その人によって贅沢は違うかもしれません。 ですが、なりたい自分になれる喜びや、ときめきを感じることが最高に贅沢な時間のは…

定年退職を迎えた人へ贈るプレゼント選び

人間60年下天のうちをくらぶれば 長年働いてくれた、大黒柱の親、知人に送りたいサプライズプレゼント。 しかし何を贈ればいいのかわからない。そんなことにならないように普段から、相手の趣味や趣向をしっかり見つめて喜ばれる贈り物を贈りましょう。

10cmの攻防!男がキスの時に見るパーツは口周り?

愛では超えられないものがある 男にとっても女にとってもキスは親愛の証。 好きな相手とキスしたくない人はいないはず。 そしてキスは視覚・嗅覚・聴覚・触覚、場合によっては味覚すべてを接触させる行為。 ロマンチックな気分に浸ると同時に、粗が見えると…

粉ミルクは電気ケトル・電気ポット?素早く作れて便利なのはどっち?

電気ケトルと電気ポットを比べて、粉ミルクが作りやすいのは? 効率だけなら電気ポットですが電気代や子どものイタズラによるやけどを考えると、電気ケトルの方が安全度が高いですね。

日雇いで人気の交通量調査って稼げるの?デメリットは環境次第!

最近気候もいいので夜道を散歩をしています。 ある日、夜の9時にもなろうとしているのに交通量調査のお兄さんたちとばったり出くわして、学生の頃の自分もこのバイトやったなーと懐かしさを覚えました。 交通整理のアルバイトって、春の湿度も少なく涼しい環…

おかあさんといっしょを見せないのはもったいない!見せる理由は?必要性はあるの?

子ども番組の金字塔、おかあさんといっしょ。 音楽、運動、知育、創造性、子どもに必要な刺激の全てを得られる数少ないTV番組。 ポリシーとして見せたくない人もいるかもしれませんが、子どものためにもお願いですから見せてあげてください。

育児で気持ちに余裕がなくなる3つの出来事と対策

子供を育てていると、親としての義務や責任に日々晒され精神的に余裕がなくなる時があります。 後から振り返れば、その経験を通じて得られた成長や知見はかけがえのないものです。子供に育てられる、という表現がしっくりきますね。しかし、問題の渦中にある…

子育てでお金がなくて困った!主婦が在宅でできる仕事、ライティングって儲かる?

子育てはいくらお金があっても多すぎることはありません。 それは家計を管理する主婦の人ほど切実に感じているはず。 日本は世界的に見ても、母親が外で働けないor働きにくい環境と言われます。 自分もそれを肌で実感している一人です。 だからこそ今、家に…

見所満載!呉「大和ミュージアム」/戦艦大和と戦後経済の意外な関係性

美しい戦艦の悲しい歴史 家族サービスも兼ねて、近代日本史においても重要な地域である広島は呉まで旅行してきました。 お目当はもちろん、1/10戦艦大和の模型で有名な「大和ミュージアム」。世界三大長物の1つとして数えられる不遇の戦艦ですが、戦後の日本…

エルゴベビー歴6年で分かったメリット・デメリット

いわゆる抱っこ紐に分類される、エルゴベビー。我が家も子どもを背負ったり抱っこしたりするのに大活躍。 最近こそ多くの家で利用されている育児用品のマストアイテムになってきましたが、6年前長男が生まれた当時は当時は知名度も低く、珍しがられることも…

子どもの足は良い靴選び・正しいサイズ・適切な運動が大切!外反母趾・偏平足は親が予防する

最近はお洒落で安い子供の靴が増えてきました。定番のキャラクターシューズから、大人顔負けのブーツまであります。しかし、子どもの足の成長は入れ物である靴の良し悪しで決まると言っても過言ではありません。オシャレなデザインや手頃な値段だけで靴選び…

クルマの乗換、売却で買取を利用するなら押さえてたいポイント

誰しもがクルマの下取りや買取りは高額であってほしいと思うはずです。実際、車買取りは相見積もりが常識になっています。しかし、買取専門店が常に最高額を提示してくれるわけではありません。それは相見積もりをしたとしてもです。過去何台もクルマを乗り…

なぜなに?を繰り返す子どもとどう付き合うべきか?親もたまには手抜きしたい。

子どもの好奇心からくる質問期。なぜ?なに?の質問攻めに神経すり減らされているお母さん、お父さん方はげんなりされているでしょうね。忙しい時に、集中力を切らされてイライラしてついつい怒鳴って追い払ってしまったこともあるかと思います。真面目な親…

結露でカビる前に対策を!賃貸やマンションで使える結露グッズ。

古い賃貸やマンションに住んでいて、結露に悩む人は少なくありません。作りが古いので24時間換気や調湿壁材などで結露対策されていません。ですから、どうしても湿気がこもってしまいがち。 毎朝の窓ふきも大変です。面倒になってサボるとカビの原因になるし…

子どもが短足にならい対策は?今のうちからできることを考える

短足って、コンプレックスですよね。俺なんて短足O脚がに股の3重苦でさながら銀河鉄道999の鉄郎ですよ。恋人や惚れてくれる相手がメーテルみたいな美女ならありがたいんですが、残念なことにうちの嫁さんは大美人とは程遠い。 足が長いだけで持てるとは思い…

1000円で贅沢はできるのか?お札1枚で満足するお金の使い方

消費税10%や厚生年金保険料の値上がりも続き、一層の節約が叫ばれる時代になりつつあります。とはいえ、節約に一生懸命になりすぎて、自分らしくお金を遣うことをためらってしまうのはストレスになりかねません。 世の中は賢く利用すれば1000円でも十分に人…

妻や母へのプレゼントに悩んだら「時間や体験」を贈ろう!

男でもあり妻を持つ身の自分は、女性がプレゼントに求めるものが最近までわかりませんでした。ネットのステレオタイプ「上質」「ブランド」「高級」そういうきらびやかなキーワードが飛び交う女性の願望に「愛情よりもかかったお金?」と妻に聞いたこともあ…

純米大吟醸喜多屋、ほか2本!宅飲みに呼ばれて日本酒ばかり飲んできた。

美味しいワインが大好物で、日本酒はあまり好きではありません。しかし、美味しい日本酒なら話は別です。先日宅飲みに誘われて美味しい日本酒を振舞ってもらったので、ちょっとしたレビューを添えて紹介したいと思います。 特に大吟醸喜多屋は、大吟醸嫌いの…

節約目的だけで車を持たない選択はダメ!クルマを手放すなら総合的に考えよう

自動車って言えば何かと節約の槍玉に挙げられるかわいそうなアイテムですね。実際に金食い虫だし、車のために働いている人は少なくありません。 断捨離前の自分もそうでした。 ですが手放した人間だからこそ言えることもあります。車を持たないことが本当に…