読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMフリースマホ人気に取り残される国産ハイスペックスマホ達

f:id:mukyoyo_na_k:20160310235621j:plain

実質0円廃止でキャッシュバックも通報窓口が整備されたため、キャリアからSIMフリースマホに人気が移行しているようです。

昔からSIMフリー推し、格安SIM推しだった自分としては、応援してたインディーズバンドがメジャーデビューして、皆に知られてしまい一抹の寂しさを感じる、最初期のファンな気分です。

キャリアが専売モデルは、国産のハイテク産業を支えてきた最後の砦であったことを考えると、これからはPC市場のように海外の安価な端末に駆逐されていくのでしょうね。

自分が期待していたSIMフリーとキャリアとは違う世界になってしまい、少し残念ではありますが、これがグローバル経済の宿命なのでしょうね。

海外スマホは安くて旨い牛丼

実質ゼロ円の販売をキャリアが自粛したことにより、相対的に割安感が高まったSIMフリースマホたち。キャリアが実質0円で売れない中、格安SIM各社はSIMフリースマホを分割払いで販売して事実上の0円端末を数多く用意しています。

ポイント還元で実質的なキャッシュバックを行っている会社もあるくらいです。

加えてASUSのZenFone2のような圧倒的な完成度の海外スマホが市場を圧巻し、格安SIM各社も積極的に販売をしています。

国産メーカーは防水や防塵などニッチなジャンルでなんとか食いつないでいるのが実情です。価格性能面で海外勢に食らいついている日本企業はフリーテルくらいでしょうか。

いずれにせよ業界の代謝が遅かったせいで、SIMフリースマホ市場は案の定海外勢にシェアを奪われた結果になってしまいました。

国産SIMフリースマホは中途半端に

国内のSIMフリースマホで有名なメーカーが出している端末の多くは、価格を安くするためにミドルスペックのラインがほとんどです。

防水や防塵機能で日本人のニーズに合わせているものの、実際使ってみるとどこか物足りなかったりスペック不足が気になってしまうものが多い印象があります。

同スペックの海外スマホは大抵もう一回り安いプライスで売られており、UIの挙動やメモリ管理も作りこまれていました。

安くて出来が良いのが日本の電化製品の長所でしたが、ことミドルスペックのスマホやタブレットに関しては大抵の場合中国台湾のメーカーの後塵を拝しています。

海外ではSIMフリーモデルのXperiaZシリーズなどが販売されていたのですから、日本でも吊るしのSIMフリーモデルが購入できるようにしていれば少しは変わっていたのでは?と監督の采配にケチつける野球ファンみたいなことを考えてしまいます。

高級端末でもSIMフリーモデルであれば、格安SIM業者が仲立ちすることで、分割払いなど支払い選択の幅が増えていたでしょう。

少なくとも今ほど海外勢にシェアをかっさらわれることはなかったでしょうね。

売れる売れ内は別にして、国内の高性能スマホもSIMフリーで変えるという選択肢を、時間をかけてユーザーに定着させなかった国内メーカーの負けです。

どこまで頑張ってもZenFone2を超える対費用効果の高いスマホを作ることは出来ません。

ZenFoneという前提が出来てしまった以上、ユーザーはそれ以上に高性能で安いスマホにしか反応しなくなってしまいました。

ことごとく途上国のメーカーにお株の産業を奪われて、虎の子の国内シェアまで奪われそうになっている今、国内メーカーがこの先生きのこるには。。。

まとめ

いろいろ書きましたが、こんなことになる前にdocomoやソフトバンクの邪魔なプリインアプリの無い、まっさらなXperiaZやAQUOS PHONEを見たかったです。

今更SIMフリーですよー、ハイスペックですよー、と発表されてもiPhoneSIMフリーが購入できるのですから、何も感慨のないイベントになるでしょうね。

色々と遅すぎて残念でなりません。