ミニマリストの持ち物 スーツケース

スーツケースに荷物と希望を詰め込んで何者にも縛られない自由な生き方を!ってミニマリストなら一度は憧れるものです。

今回のミニマリストの持ち物はスーツケースになります。

私物はスーツケースに

f:id:mukyoyo_na_k:20140921174614j:plain

考え方は色々あるでしょうが、俺は用さえなせば何でもいいので、収納家具の代わりにスーツケースを使っています。

半年くらい前まではボストンバックを使っていましたが、奥の服が取り出しにくかったので思い切って買い替えました。

ドン・キホーテの情熱大陸?ってプライベートブランドで7,000円くらい。

  • 容量は60リットル
  • チャック式で中央から展開するタイプ
  • サイドのチャック展開でで容量が+10リットルくらい拡張
  • コロが4個ついているので立てた状態でも移動が楽々

どこにでもある普通のスーツケースです。

 

スーツケースの中身が自分に一番必要なモノ

限られた容量ですから、自分が必要な物を嫌でも厳選しなくてはいけません。

俺はパッキングする時に、このケースとチェロ以外に物を持てなくなったとしたら、未練はないかと自分に問いかけて荷造りしました。

結果は予想以上にスペースが余るという状態。俺が絶対に必要な物は60リットルも存在しないと言う現実でした。

だが、ケースの中に納められない物もある

礼服とコート2着がどうしてもケースの中にしまえないのが俺にとっては心残りだ。

f:id:mukyoyo_na_k:20140921224658j:plain

スーツケースで私物を管理する意味

単純に自分の持ち物を一カ所に集約することで、管理と把握を容易にする為です。

ケースを開くだけですべての私物を把握できるのは整理整頓も簡単だし、限られた容量しかモノが持てないので今まで以上にモノを手に入れることに慎重になります。

掃除をするときも転がして廊下にだしたり、クローゼットにしまったりできるので邪魔と感じることもありません。それにサイズもコンパクトなので部屋に出しっぱなしにしていても圧迫感は皆無です。

ただ、貴重品もここに入っているので防犯上はあまり好ましくありません。これだけはスーツケース管理の懸念事項ですね。泥棒さんがこの荷物持ってったら俺の全財産盗まれたことになっちゃいます。

近い将来は銀行に貸金庫を借りて貴重品は外部で管理を予定しています。

f:id:mukyoyo_na_k:20140921224812j:plain

スーツケースに憧れるミニマリストさんへ

経験上学んだ注意点を上げます。今後挑戦される方は参考にしてみてください。

  1. 開閉がファスナー(チャック)式はやめよう
  2. 革トランクは重量に注意。一生モノという幻想を持つな。
  3. 機内持ち込みサイズという幻想は捨てよう
  4. 立てたままでもコロで移動できる物を選ぼう

 

1.チャックは開閉がめんどくせーです。フレームタイプ(ガチャッと開くアレ)なら楽だろうなと、何度思ったことか。1日1回は開けることになるので、それが患わしいファスナー式は避けるべき。安さにつられて買ったがこれだけは後悔した。

 

2.毎日開閉して使うことになります。格好も大切だとは思いますが、重量には注意してください。トランクは容量60リットルのケースで約10kg。満載状態なら15〜20kgくらい。そこまで重くなるなら家具でもいいのでは?

厄介なのはミニマム、シンプルな人の物欲を刺激する一生モノという言葉。ン十万の高級品は確かに一生モノですが、一生使えるからあなたにとっていい買い物とは限りません。一生モノという幻想はあなたの購入判断を鈍らせます。

 

3.機内持ち込みケースを選ぶくらいならリュックを選びましょう。同じサイズでも収納力も機動力も段違いです。

機内持ち込みを検討する際、何となく〜、有事の際〜、いずれノマドライフで〜など今この瞬間に必要のない理由なら買わない方がいいですよ。はじめから30リットルを選択するのは泳ぎ方を知らないのに海に飛び込むようなものです。せめて50リットルくらいから体を慣らしてください。

現在、殆ど物がない人なら機内持ち込みでも十分でしょうが、そんな極限な人は既に自分のスタイルを確立しているのでこの記事の内容は何の参考にもならないはず。

 

4.これは室内を移動させる時にとにかく便利なことにつきます。2輪タイプだと傾けないと移動できません。掃除の時にちょっとどかしたい場合に間違いなく邪魔に感じます。立てた状態で移動が可能なモノがおすすめです。毎日使う物ですから、邪魔に感じないようにしておきたいですね。

 

まとめ

スーツケースでモノを管理するのは自分の持ち物を把握するが楽になります。ケース内に入っている物が重要な物という枠組みができるので、物を手放す1つの基準も作れます。

ある程度物が減ってきた人はスーツケースに挑戦されてみたらどうですか?