MacでWindowsをあらゆる方法で利用した俺が行き着いた結論

f:id:mukyoyo_na_k:20150114165120j:plain

MacファンでもWindowsがしたい!シリーズもこれが最後。

BootCamp、ディスクトップクラウド、仮想化に挑戦した俺がそれぞれのメリットデメリットをまとめつつ利用目的にあった選択を紹介します。

windows導入記事

BootCamp編

お名前.comデスクトップクラウド編

VM VirtualBox編

各記事に導入方法をまとめていますのでごらんください。

BootCamp

Appleでサポートされている導入方法のため、情報も多く、動作も最も安定していました。

PCのパフォーマンスを100%利用できるので、Windowsのゲームや画像ソフトを利用したい人はこのBootCampの利用をお勧めします。

Mac-Winの情報の受け渡しも共有ファイルがありますので困ることはほとんどないでしょう。

もっとシームレスにデータを交換したい、Windowsアプリの吐き出した結果をすぐにMacに取り込みたい人には少々不向きです。

お名前.comディスクトップクラウド

お名前Windowsデスクトップ

リモートデスクトップなので、iPhone・iPadでもwindows環境を使えるのが最大のメリットです。データも全てクラウドで管理されますので、どの端末でアクセスしても同じ環境で利用できます。

回線環境に依存しますが、低速回線でもある程度作動するようですが俺は試していません。

月額利用料を取る代わりにアプリ開発者やトレーダー向けのMT4という高品質サービスとセットで提供しているので、高額な開発PCや月額利用料が高額なMT4をお試しで使いたい人や経費で落とせるようにしたい人向けですね。

個人よりも法人や投資家向けのサービスかな?

VM Virtual Box

仮想環境が構築できる無料ソフトウェア「VM Virtual Box」はMacBookAirの場合、比較的軽いアプリケーションをMacの裏側で作動させておくのに向いています。

ひとまず前々から興味のあったモンスターハンターメゼポルタ開拓記をWindowsで走らせながら、Macを利用しましたがちょっと苦しながらもなんとか作動するレベル。

快適には程遠いので、Windowsゲームをしたいなら8GBのメモリーは欲しいですね。

VM Virtual BoxはOS間でファイルをドラックアンドドロップができないので、その機能が必要なら有料のソフトを利用することをお勧めします。

まとめ

俺はWindowsにしかないアプリケーションを1日1回作動させたかっただけなので、Virtual Boxの仮想環境に落ち着きました。

色々と回り道をしましたが、楽しく勉強ができましたね。知識を身につけるなら実践が一番。興味があったら試してみてください。