読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000円で贅沢はできるのか?お札1枚で満足するお金の使い方

f:id:mukyoyo_na_k:20150407131342j:plain

消費税10%や厚生年金保険料の値上がりも続き、一層の節約が叫ばれる時代になりつつあります。とはいえ、節約に一生懸命になりすぎて、自分らしくお金を遣うことをためらってしまうのはストレスになりかねません。

世の中は賢く利用すれば1000円でも十分に人生を豊かにできるモノやサービスがたくさん存在しています。ただのプチ贅沢ではなく、自己投資や自分磨きなど、お金を使う価値があると思えるものとは何でしょうか?

贅沢を浪費ではなく投資にする

日々の暮らしから1000円も節約することは決して容易ではありません。特に家計をやりくりする主婦の人ほどその苦労は身にしみているはず。だから、たとえ1,000円であったとしても、浪費するわけにはいきませんね。

しかし、その贅沢があなたを豊かにするための投資であったとしたらどうでしょうか?ストレス解消、健康や時短。これらが1,000円で実現できれば、1,000円以上の投資となるはずです。

自分が楽しむことが第一ですが、贅沢している後ろめたさを感じなくてもすむくらいメリットのあるお金の使い方をしてみましょう。

鉄板の食べ物系贅沢ってどう?

1000円以内の贅沢だと、美味しいランチやスイーツなどがおすすめされることが多いです。「贅沢=美味しいもの」は定番の贅沢ですし、自分も1,000円札を握ってまっさきに思い浮かぶのは「寿司やラーメンを食べに行く」ことですね。

大食いしたいなら1,000円でも十分ですが、プチ贅沢としては予算が少し足りないかもしれません。やはり食材の質や料理人の腕は値段に跳ね返りますから、サービスや情報に比べて値段が割高になってしまいますね。

個人的に予算1,000円で食べ物系贅沢したいなら果物、特に南国系のフルーツを楽しむことをおすすめします。ビタミンを始めとする栄養素豊富に含み、ケーキやアイスにはない芳醇な甘みはダイエットや健康に気を使う人も気軽に楽しめる食べ物系贅沢です。

ストレス発散ならやっぱりカラオケ

おすすめは「カラオケ」です。平日ならフリータイム・ドリンク飲み放題で500円〜1000円で楽しめるカラオケボックスばかりです。楽器演奏可能なレンタルスペースとして利用できる店舗も増えてきてるので、歌う以外にも気軽に利用できるようになっています。

歌うことでストレスに発散にもなりますし、フリードリンクならのどが渇いても飲み放題。注意点としては、歌うとお腹が空いてくるので、スナックやランチを頼んでしまいがち。カラオケのフードは割高なので、注意しないとあっという間に1,000円超えてしまいます。

健康のための贅沢品

たとえ1,000円以内でもものを買うのであれば、健康や美容など自分に投資ができるものを選びたいところです。僅かな金額でも努力次第で大きなリターンが見込めるという意味では有意義なお金の使い方になります。

例えばヨガなら、やり方やYoutubeや専門のサイトを見れば挑戦できるので、後は専用のマットを購入するだけです。ヨガマットはネット通販なら1,000円程で手にはいりますね。

男性で言えば筋トレ用のダンベルでも2kg程度なら1,000円です。シュワちゃんを目指すなら別ですが、トレーニング目的なら2kgでも効果は十分です。

訳の分からない健康グッズは別にしても、ヨガマットやダンベルなどフィットネス・トレーニングアイテムは持つことでやる気もあげられるアイテムでもありますね。

好きな本を買って読む

やっぱり本は最高の自己投資だと思います。ただ、贅沢として読むなら自己啓発本より小説ですね。ラノベでも大丈夫。自己啓発本の内容も素晴らしけど、想像力を育みにくいんですよね。それこそ、「特定の考え方」有りきで理論が展開されますから、読者の思考もそこで固まってしまう危険性がある。

小説なら柔軟な考えが身につく、とは思いません。しかし、エンタメとしての面白さや登場人物の姿や声の想像から生まれる思考力、様々な思惑や信念を俯瞰する大局的な視野のトレーニング。こういった観点から見れば、小説やラノベはバカに出来ない書物だと思います。