お昼抜き断食ダイエットを6ヶ月続けてわかった、体を壊さない断食とは?

f:id:mukyoyo_na_k:20150525020613j:plain

お昼抜きダイエットを6ヶ月欠かさず続けてわかった、断食のコツ。

高負荷の運動や献立を考えなくても、単純にカロリー制限をする減量法なのでお昼を食べないだけで確実に痩せます。

気をつけるべきことは、栄養の偏りを起こさないように朝食と夕食のバランス。

ビタミンや食物繊維が不足しがちになるので、意識的に食べるよう注意してください。もともと昼食で過剰摂取気味だった炭水化物や脂質は、朝夕でも摂りすぎないようにしてカロリー調整を心がけましょう。

基礎代謝を基準にする

成人男性の基礎代謝は1500kcal

成人女性の基礎代謝は1100kcal

まずはこの数値を基準にして食事を摂るようにしてください。

なお、男性の基礎代謝は吉牛特盛+豚汁+生卵+ポテトサラダくらい。
女性の1100kcalはカツ丼1杯でほぼ賄われる数値。

男性は、お昼にカツ丼とそばを一緒に食べる人も多いのですが、これも1日分のカロリーに匹敵します。

こうしてみると、普段何気なく食べてる食事のカロリーの凄さがわかりますね。太るわけです。

減らすのはカロリーだけ

カロリーをカットするのはよくても、各種栄養素まで断食しないようにしてください。

野菜類はカロリーも少ないので積極的に摂るようにしましょう。お腹が空いてると、野菜もおいしく感じられます。ノンオイルの和風のしそドレッシングはカロリーも少なめなので、味付けにも最適です。ゴマやシーザードレッシングは高カロリーなのでかけすぎないようにしてください。

結構ドレッシングやマヨネーズのカロリーもバカにできないので、マヨラーなんかは断食ダイエットに苦労するかもしれません。

ですが、食事だけで取れる野菜は限度があります。どうしても不足する栄養は補助食品やサプリメントで補ってください。女性は栄養不足による美容や周期の不順が起きないよう、専用のマルチビタミンなどでしっかりとサポートを。

大切なのは健康的に痩せることです。痩せるとやつれるは別物。カロリーと無駄な体重だけを削ることを意識してください。

食べたい時は食べる

f:id:mukyoyo_na_k:20150525020627j:plain

断食していても時には食事が食べたくなる時も。そういう時に限って無性に好物が食べたくなるのですが、その時には欲望に従って好物を食べちゃいましょう。

ストレスが断食、というよりダイエットの一番の敵なので辛くなったら欲望に負けてもいいと思います。毎日勝ち続ける戦いなんて不可能です。数ヶ月後1kgでも減量できればそれでダイエットは成功です。あとは-1kgを積み重ねていけばいいだけ。

体内環境を整える

断食は手軽なダイエット方法ですが、1食抜くことで栄養や腸内環境のバランスが崩れやすくなります。便秘になりやすい体質の人は特に気をつけないといけません。

また、内蔵周りにつく中性脂肪は断食では減りにくいので、中性脂肪の燃焼をたすける食品をしっかり摂取しておきたいところです。

そこで中性脂肪を燃やす成分で有名なのは、乳製品に含まれるラクトフェリン。厚生労働省がその効果を認めていている成分で、主に免疫力の向上やアレルギー、がん予防にも効果があるとされています。

ラクトフェリンは本来、母乳に含まれる成分で、赤ちゃんはこのラクトフェリンから免疫をもらって成長します。また、生物由来の天然栄養成分なので、副作用や害が殆どありません。そのため、医療現場や美容業界でも積極的に使われています。

ラクトフェリンは腸内に届いてその効果を発揮します。成分そのものは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品に含まれているので特別珍しくはないのですが、食べたラクトフェリンの99.5%が胃のペプチドに破壊されて効果を発揮する腸まで届くことはありません。

ちなみに、厚労省が定める1日の最低摂取量は150mg。これは50g中ラクトフェリン150mg入りのヨーグルトを、10kgも食べなくてはいけない計算になります。

そのためラクトフェリンを効率よく摂取するためには、腸で溶けるタイプのサプリがおすすめされています。これはラクトフェリンを研究する医学学会でも推奨されており、カプセルタイプや腸内に届く錠剤が良いとされているのです。

アンチエイジングや便秘解消などを目的とする、断食ダイエットはとくに腸内環境に気を使う必要があります。

さらに、断食だけでは燃えにくい中性脂肪の燃焼を助けるたすけるラクトフェリンは、断食ダイエットに積極的に取り入れることで、無理をしないアンチエイジングを可能にしてくれるのです。

カロリーをサポートしてくれるサプリを使う

断食中はどんなに我慢しても、好物が無性に食べたくなるときがあります。

ですがみんなの大好物のカツ丼やカレーは一皿でも1000kcalくらいあっという間なのが困りモノ。

そこでカロリーの燃焼や吸収を抑えてくれるサプリを利用することで、そのガマンの度合いを下げてあげると、断食への挑戦も楽になることでしょう。

ファンケルのカロリミットなんかは、お試し14日分で980円から始められるお手軽なサプリメントなので、断食と平行して利用してみるといいかもしれませんね。

食事前に飲むことでブラックジンジャーの効果でダイエットをサポートしてくれるサプリメント。

みんなが知ってるファンケルが作るサプリとして、テレビや雑誌でも注目されています。

先にも説明したように、ちょっとした気の緩みで1日の代謝量は簡単に摂取できてしまいます。

でも食べたい!って気持ちはなかなか抑えられないのも現実。そんな悩みを解決してくれるサポートサプリメントとして是非利用してください。

毎日使うサプリだからこそきちんとした会社のモノを選びたいですよね。