読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Y!モバイルとWiMAX両方不安で迷ってる人は、解約金無料の乗換えサービスを利用しよう!

失敗しても大丈夫なモバイルWifi選び

f:id:mukyoyo_na_k:20150920024427j:plain

日本のモバイルWifiは主に2種類、Y!モバイルとWiMAX2+ですね。どちらもそれぞれ特徴があって、長所短所が違います。

エリアや速度も全く違う両者は単純な比較では比べられません。

モバイルWifiを検討している人にとって、これはとても悩ましい問題です。

どちらかのサービスを先に契約して、利用してみて不満があったら乗換えることができれば…。でも最低10,000円の違約金がネックになります。しかし、この違約金問題さえクリアできれば、モバイルWifi選びはもっと幅が広がるのではないでしょうか?

実はそんなユーザーのあったらいいな、に応えるユニークなサービスがBroadLTEにありました。

その名もご満足保証

ありきたりなネーミングの保証サービスですが、解約金無しで同社が提供するBroadWiMAXに乗り換えられるスグレモノ。もちろん料金無料。BroadLTEの公式ページから申し込んだ人なら誰でも受けられる保証なのです。

モバイルWifiへの不安

WiMAXとY!モバイル。

エリア、電波の入り、速度。雑誌やネットで調べても、あなたに最適な答えは出てきません。

あなたにとってどちらが正解なのか?使ってみないとわかりません。

でも、失敗したら違約金のせいで使えないサービスのお金を支払い続けなくてはいけない。その心配がポケットWifiの選びを不安にします。本当ならウキウキしながら選びたいはずなのに、つきまとうのは心配ばかり。

だからこそ、失敗しても安心の保証が欲しいはず。

BroadLTEのご満足保証を使ってその不安を解消してみてはどうでしょうか。

それぞれのメリットデメリット

まずは、簡単にY!モバイルとWiMAXの長所と短所をまとめておきます。

どちらのメリット・デメリットも調べ尽くして、悩んでいる人は読み飛ばしてもらっても構いません。

Y!モバイル

SoftBankと同じエリアを利用しているので、WiMAXと比較して電波の届く範囲が広く、また建物の中でも繋がりやすいメリットがあります。

ビルの中や、カフェの奥まったスペースでも繋がりやすいので、ノマドワーカーや外出の多いビジネスマンに重宝されています。

また、大手SoftBankと同じエリア・速度で利用できるので、スマホのパケホーダイを解約してY!モバイルに1本化してスマホ料金を節約することも可能。エリアがSoftBankと同じなので、スマホの通信も違和感なく一本化できるのがY!モバイルの強みです。

デメリットはデータ制限。選ぶ端末によりますが月最大10GBの制限があります。PCでネットをするくらいなら問題ない容量ですが、動画をよく見るならデータ量が足りなくなるかもしれません。

速度も20MbpsとWiMAXの40Mbps(管理人の環境)と倍ほどの差があります。ですが、速度は気にするほどの差はありません。20Mgpsを超える速度は動画や数GBになるデータをダウンロードしないかぎり、体感速度に大きな差は感じませんよ。

利用者の意見として、Y!モバイルとWiMAXの速度差によるユーザー体験は変わらないですね。

WiMAX2+

auを取り扱うKDDI系列のWiMAX2+。

メリットはデータ通信量の縛りがとても緩いこと。速度制限も緩く3日3GBの速度制限後も6Mbpsくらいで通信できるので、動画視聴や大容量データ通信を最も得意としています。下手な固定回線より速いこともあるので侮れません。

速度も40MbpsとY!モバイルの2倍なので、HuluやAmazonプライムの映画見放題サービスを外出先でも利用するならその速度差を体感できるでしょう。

デメリットは室内利用に弱く、ちょっとしたビルの影や室内の奥まった場所でも圏外になってしまうこと。ハイパワーモデムが登場したおかげで一昔に比べたら室内でも使えるようになりましたが、プラチナバンドが使えるY!モバイルには敵いません。

一応au自慢の800MHzのプラチナバンドも利用できますが、毎月1,005円のオプション料金が発生します。普通、4,000円を超えるギガ放題プランに加えて1,000円も払えません。これを使うとギガ放題でも7GBの制限がかかる罠も潜んでいるので、非常に使いにくいオプションとなっています。制限がゆるいのが最大のメリットなのに、これではWiMAXの良さが完全になくなります。

主要都市はいいのですが、郊外に出ると圏外な場所が少なくありませんねー。でも頑張っている方だと思いますよ。かたやSoftBankのエリアのY!モバイル。かたや独自でアンテナを建設しているWiMAX。比べると可哀想かもしれません。

しかし電波が心配ならY!モバイルを選んだほうが安心です。

引っ越しや転勤でも安心

f:id:mukyoyo_na_k:20150920024734j:plain

BroadLTE・BroadWiMAXのご満足保証は、自分に合わなかったら乗換えるだけのサービスではありません。

モバイルWifiは2年間の契約が前提です。その期間中に引っ越しや転勤で住んでいる場所が変わってしまう可能性は0ではありません。

引越し先でモバイルWifiが繋がらなくなり、やむなく解約金はらって解約することだってあるかも。

引っ越しや転勤がなくても、今住んでる家の前にビルが建ったりすると電波状況は大きく変化します。

BroadLTEのご満足保証は、環境変化による理由の乗り換えも、解約金0円で受け付けてくれるところがポイント。もちろん、契約の長短にかかわらずいつでも対応してくれます。

モバイルWifi選びにとって一番の不安である、つながりやすさと速度。このふたつをきちんと試して、ダメなら乗り換えも保証してくれるサービスは他にはありません。

どっちから選ぶ?

このご満足保証、注意点が1つあります。一度解約したサービスに再加入する場合は、違約金無料が受けられないことです。

一度解約したサービスにもう一度戻ることは少ないと思いますが、そこはデメリットとして覚えておいたほうがいいですね。

すると、最初に選ぶサービスが重要になってきます。

エリアとつながりやすさのY!モバイルか、速度と大容量のWiMAXか。

どちらも経験しているユーザーの意見としては、先にY!モバイルを選ぶことをオススメします。

エリアとつながりやすさは、速度や容量より大切

モバイルWifiで一番大切なのは、エリアを気にせず使いたい時にネットに繋がること。

あなたがよく利用するカフェのお気に入りの席。いつも歩く歩道。駅の構内。立体駐車場の中。

自分の生活圏で本当につながるの?その疑問が、モバイルWifiを検討する中で一番不安な要素です。

月のデータ量は上手なやりくりで節約できます(Y!モバイルの10GBなら動画をソコソコ見ても使いきれませんが…)。しかし、エリアはあなたが努力しても改善されることはありません。

最初に安定した通信ができるY!モバイルを選択して、データ量や速度に不満が出てきたらWiMAXを検討しても遅くはありません。

数ヶ月使ってポケットWifiに慣れれば、Y!モバイルを続けるかWiMAXに乗換えるかの判断をつけるのも容易になっているはずです。

電波が悪いとスグ乗り換えになってしまい、1回の乗り換えをムダにしてしまいかねません。

引っ越しや転勤などで環境が変わる可能性も0ではありません。解約金無料で乗り換えできる権利行使は大切にしてくださいね。

おすすめのプランは?

BroadLTEオススメのプランは、ベーシックプラン

7GB/10GBの2種類のプランがありますが、10GBプランは端末が古い代わりにデータ量が3GB増量。

7GBプランはタッチパネル対応や高速起動など使いやすさの向上した最新端末が使えます。

オススメは、起動が速くタッチパネルで操作しやすい最新端末ですが、WiMAXと悩んでいる人は10GBプランを契約してもいいでしょうね。10GBで様子を見て、どうしても足りなくなったらWiMAXに乗換えるという手段もあります。

最後に注意点が2つ。

月額最安プランは一見安いのですが、初期費用に18,857円必要になります。この初期費用はご満足保証では返金されないお金です。

将来ご満足保証のお世話になる可能性があるなら、ベーシックプランを迷わず選択してくださいね。

もう一つは、10GBプランのタブレットセットのみご満足保証の対象外なので要注意ですよ。

ご満足保証はWebページ申し込みのみ

モバイルWifi選びの心配を解消してくれる、BroadLTEのご満足保証。

保証を受けるためには公式Webのフォームからの申し込みが必須です。

▼BroadLTE公式ページはこちらから▼
激安&高速のモバイル回線なら【BroadLTE】