意外な一曲に出会えるPrimeMusic!でも邦楽好きはお呼びでない?

f:id:mukyoyo_na_k:20151217162607j:plain

Amazonプライム会員特典Primeミュージック。

Primeビデオとセットで年間3,900円の激安定額音楽サービスとして、大きな話題になったのは記憶に新しいところ。

実際にサービスを体験してみると、なかなかいいじゃない!というのが私の感想ですが、巷では楽曲数が少ないという不満の声が多数。

個人の印象として十分すぎるほどの楽曲数なのに、なんで少ないって文句が出るんだろう?むしろ月300円台で映画も音楽も聴き放題でこの作品数は考えられないんですが…。

そんな自分と世間の意識の乖離をちょっと調べてみました。

楽曲数が少ない=邦楽が少ない

Primeミュージックが曲数が少ないと言われる多くは、どうやら邦楽のラインアップが少ないことからきているようです。

ちょっと調べてみると、エイベックスやソニー・ミュージック所属のアーティストは権利関係で聞けない様子。

洋楽好きの妻にも触ってもらうと、好きなバンドは殆どカバーされていないので楽曲数が少ないとの乾燥を頂きました。

月額1,000円のAppleミュージックやGoogle Playミュージックはそれぞれ3,000万曲、3,500万曲に対して100万曲しかカバーしていないPrimeミュージックは曲数が極端に少ないと言っても差し支え無いでしょうね。

Amazonプライム会員の特典要素として割りきってくれというメッセージなのかもしれません。

特定のアーティス目的には向かない

自分は贔屓にしている特定のアーティストもなく、クラシックとジャズを中心に雑食で聞いているので、PrimeMusicの100万曲でも聞ききる自身がないくらいです。

特にクラシックは名手や名指揮の唸るような演奏もあり、マイナーな楽曲もカバーされているので聴いていて新しい発見があって楽しいです。

クラシックもジャズも演奏者が変わると表現も変わるので、普段聞かない演奏を聴くことで自分の音楽表現を広げることもできます。有名な盤しか聞かない食わず嫌いの人や、リサーチが苦手な人は月325円で十分元がとれる内容になっています。

この325円には当日お届け便・ビデオも含まれているので、月108円と割りきってしまえば100万曲でも十分すぎるくらいでしょう。物足りなくなったら月額1,000円の音楽配信サービスを検討してください。

登録数100万曲は少ないといわれますが、1曲3分としてぶっ通しで聴いても5年半以上必要です。5年分の音楽から見知らぬ名演を見つけ出すのはとても骨が折れる作業。たった100万曲でもまだまだ楽しるはず。

まとめ

特定の何かを求めず、日常のBGMと割りきって利用するなら缶コーヒー1本で新しい音楽に会える楽しさが体験できます。適当に流し聞きするだけでも、意外な一曲に出会えるのがいいですね~。