読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMフリースマホVAIOPhoneBizはWindowsスマホの決定版となるか?

格安SIM 格安SIM-スマートフォン

VAIOPhoneリベンジ・マッチ

f:id:mukyoyo_na_k:20160213235154j:plain

過去に名義貸しによるお粗末な作りこみで、初のVAIOブランドにして最初の失敗作となったVAIOPhone。

価格は強気の5万円にもかかわらず、中身が3万円程度で販売されている格安スマホと変わらないと失敗作として、昔からVAIOを支持していた層にまで見放された駄作中の駄作です。

VAIOPhoneに関しては、VAIO首脳陣も安易な名義貸しによる戦略ミスを認めており、もはや黒歴史と化しています。

そんな大失敗を教訓にしたのか、今回発売されるVAIOPhoneBizはどうして中々VAIOの気合を感じる商品に仕上がっていました。

現時点でSIMフリーWindowsPhoneを探しているなら、Windows10モバイル目玉機能でもあるContinuum対応のVAIOPhoneBizという選択肢もありかもしれませんね。

スペック

カラー シルバー
OS Windows 10 Mobile
プロセッサー Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコア
1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア)
メモリー 内蔵 (ROM) 16 GB/内蔵 (RAM)3 GB
外部メモリ最大対応容量 64 GB (microSD)
画面サイズ 5.5 inch
解像度 1080 x 1920
3G WCDMA対応 (バンド 1,6,8,11,19)
4G/LTE LTE対応 (バンド 1,3,8,19,21)
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
Bluetooth® 4.0
カメラ (フロント) 有効画素数 約500万画素
カメラ (リア) 有効画素数 約1300万画素
外形寸法 約 幅77.0 mm x 高さ156.1 mm x 奥行8.3 mm
本体質量 約167 g
引用元:VAIO | 商品情報 | VAIO Phone Biz | 仕様

VAIOPhoneBizはお買い得?

実質上のライバル機である、トリニティのWindowsスマホ NEO と比較して1万円以上高い5万円台で販売されるだろうと予想されています。

画面が5インチのNEOと比較して、Bizは5.5インチと画面サイズがアップ。サイズアップととともに解像度も1080×1920のFHDと高性能機として恥ずかしくないディスプレイがおごられています。

スペックの要素として、ストレージ容量や駆動時間、処理速度は、タスクキルやマネジメントアプリである程度ごまかすことができます。

しかし、画面解像度だけは後付できない要素なので個人的には少し高いお金を出してでも妥協してはいけないポイントだと考えています。

筐体もアルミ削り出しによる堅牢性の確保と、滑り止めも兼ねたブラスト加工でビジネスユースにも対応する強度と使い勝手を確保しているようです。

本体に特徴的な意匠もなく、デザインに個性はあまり感じませんが、その分長く付きあるシンプルなデザインとして仕上げているあたり、VAIOの目指すプロダクトのなんたるかがはっきり現れていて好印象です。

5万円台という予想価格も同価格帯のAndroidスマホと比較してスペックが劣る部分もないので、国内企業が販売するスマホとしてはかなりお値段も頑張っているのでは?

とはいえ格安スマホと言える値段ではありませんが…。

今公開されている情報を見る限り、コストパフォーマンスは中々優れているのではないでしょうか?

当然Windows10mobileを搭載したライバル機が少ないため、比較には限界がありますが、もし自分がWindowsPhoneから選ぶのであれば、間違いなくVAIOPhoneBizにします。

現時点で価格と性能とブランドのバランスが取れていますからね。

当然テザリングも可能です。シムフリーですから当たり前ですが、やっぱり気になりますよね。

VAIOPhoneBizはWindows PhoneのSIMフリー端末の中では、最も高いスペックを持つので予算が許すのであればこれを選びましょう。

デュアルSIMスロットはおまけ程度に

デュアルSIMスロット搭載でSIM二枚差し!って言ってる人も結構いますが、正直デュアルSIMって日本にいる以上大したメリットはありません。

大体同時待ち受けができないのに、2枚SIMさして適宜切り替えて使いましょうってよく聞きますが、そういう人が本当にデュアルSIMスマホをメイン端末として使ったことあるのか甚だ疑問です。

実際使ってみるとわかりますが、データと音声を切り替えるというのはあまりスマートではありません。結局片方のSIMに接続しっぱなしで2枚目のスロットはSIMケース代わりになってしまいます。

そもそも、データ通信中は通話の発着信は不可能です。

ネットで電話番号を調べたとしても、通話するのにいちいち通話用SIMに切り替えないといけないのは、使ってみないとわからない面倒臭さですよ。

発信の手間は自分の都合ですけど、着信の場合そうはいきません。

データ通信中に電話がかかってきても着信できません。転送サービスを使って050IP電話アプリに転送する事も可能ですが、そこまでして1台のスマホに2枚のSIMをさすことに拘る理由があなたにはありますか?

仕事で使う人はデータ・音声の2枚差しはやってはいけません。データ通信中に電話がかかってこようものなら、先方にも迷惑がかかりますし、自分も大切なビジネスチャンスを失うことになるでしょう。

プライベートでも着信をダイレクトに受け取れないと、相手も自分も2度手間です。かけ放題が必須の人は電話への利用頻度が高い層ですから、タイムリーに発着信ができない2枚SIM差しの運用は絶対にオススメいたしません。

デュアルSIMはソネットの0SIMのような超低価格のデータSIMが余っている人が、お守りに入れるためのスペースです。

格安SIMでもかけ放題が必要なら楽天モバイルの 5分かけ放題オプション を利用したほうがスマートな運用が可能になります。

最低料金が低速データ通信+音声+オプションで2,100円。5分以内の通話なら月何回でも利用可能なので、プライベート利用の範囲なら十分なプランですよ。

ビジネスユースとなると、流石に5分では心もとないのでキャリア純正のカケホーダイを利用しましょう。その場合選ぶなら、やっぱりガラケーです。携帯性や電池の持ちはスマホ以上ですからね。

手ぶら派やミニマリストではない限り、ビジネス分野では今でも2台持ちが最適解です。

デュアルスマホにデータ・音声2枚挿しは、できるだけ避けるべき組み合わせです。

スマホがPCになるContinuum対応

f:id:mukyoyo_na_k:20160213235231j:plain

Windows10mobileの目玉機能として、専用機器を利用することでディスプレイと繋いでパソコンとして利用できるContinuumにVAIOPhoneBizは対応しています。

Continuum対応ディスプレイアダプターを使うことで、キーボード・マウスも利用可能のデスクトップ環境を作り出せます。

とはいっても、OSはWindows10mobileなので100%PC版Windowsと同じではありません。

フラッシュプレイヤーが利用できないので、一部のサイトやゲームの表示はできませんし、アプリも10mobile準拠になります。

あくまでもスマホを外部ディスプレイに出力し、キーボードやマウスが利用できる機能であって、Windows10がいつでもどこでも利用できることではありません。

PC版Windowsの環境を持ち歩きたいなら、スティックPCやWindowsタブレットのほうが満足度が高いでしょう。

特に人気の艦これや刀剣乱舞のようなブラウザーゲームはWindowsPhoneでは利用できません。ディスクトップのようになるから、といって期待をすると高い買い物になってしまいますので気をつけてくださいね。

Continuumはまだ私も利用したことのない機能なので、便利か否かの明言は避けますが、一部PCとは違い制限がかかるWindowsmobileですから利用範囲が限定された機能になると予想しています。

まとめ

Windows10mobile搭載のSIMフリースマホとして、現時点で最高位機種のVAIOPhoneBizは、2015年に発売されたVAIOPhoneと月とスッポンほど違う仕上がりです。

小売予想価格5万円台と決して安いスマホとは言えませんが、国内仕上げによる品質と海外スマホでは得られないジャパンメイドのブランド力を加味するなら、悪くない値付だと思います。