読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macbook proRetinaは購入するべきPCなのか?ライバルとちょっとだけ比較

 

f:id:mukyoyo_na_k:20160407165822j:plain

MacBookProといえばAppleきってのハイパワーノートPCであり、デスクトップ代わりに持つ人も少なくないPCの最右翼です。

 

価格もライバルと比べても手頃で、たいていのパソコン比較では最後まで残り続ける一台でもあります。

 

そんなMacBook ProRetinaシリーズはライバルのウィンドウズPCと比較してどれだけの違いがあるのでしょうか?

 

 

買い求めやすい価格

 

MacBook ProRetina13インチを見るとわかるのですが、MacBookProシリーズは高級感のあるハイエンドデバイスに地位付けられているにもかかわらず、なかなかお買い得なお値段であることがわかります。

 

ほぼ同性能のライバルたちと比べても、1~2万円ほど安く、MacOSXに最適化された設計のおかげで動作の快適性は段違いだといえます。

 

価格やデザイン面でライバルとなりうるVAIOZと同じスペック同士で価格を比べると

 

VAIOZ Retina相当のディスプレイ メモリ8GB SSD256 CPU core-i5 20万4,300円 

に対し

MacBook Pro13Retina メモリ8GB SSD256 CPUcore-i5 18万4,800円

と約2万円安くなります。

 

vaioZは積んでいるCPUが28Wの大電力仕様なので、単純な比較はできませんが、ノートPCとしてMacBookProは決して割高なパソコンではないことがわかるはずです。

 

これでも円安150円台の頃に改定された価格で、円高基調のころのMacBookのコスパの高さは国内外のハイエンドデバイスでも群を抜いていました。

 

16GBメモリ選択可能

 

13インチのモバイル向けノートでメモリ16GBを選択できる数少ないノートPCです。

 

デスクトップ代わりに使う人だと8GBでは心もとないので、このオプションはありがたいですね。

 

通常でも8GB積んでますから、4GBが主流、8GB以上はオプション扱いのライバルを考えるとProRetinaのスペックの盛り方はお買い得でもあります。

 

SSD256GB標準搭載

 

メモリ以上にありがたいのは標準で256GBのSSDが搭載されていること。

 

メモリ8GBは標準装備のPCでもはじめから256GBのSSDを積んでいるノートPCはそうそうありません。

 

反面それ以上のストレージが欲しい場合、1グレード上を買わなくてはいけないのでお財布に痛いという諸刃の剣でもあります。

 

AppleはLevonoやVAIOのような細かいカスタマイズには対応していないので、ラインアップにドンピシャのモデルがないと逆に高くつくこともあるのが残念な部分です。

 

重量は重いがデザイン性は抜群

 

デザインとして完成された、ノートPCの理想形と言えます。

 

今後MacBookシリーズのデザインを踏襲したProモデルが出ると噂されていますが、このProシリーズのデザインはラップトップの完成形としての今後も存在価値は失われないと思います。

 

ライバルがカーボンや強化樹脂を採用して軽量化に普請する一方今なおアルミにこだわっているため、重量1.56kgと重さが目立ちます。

 

同サイズのNEC Lavieは700g台の超軽量ですから、もち比べるとその重さが更に感じられました。

 

ですがバッテリーの持ちや性能のバランスを考えると、この重さでも我慢できるあたりにAppleのバランスの妙があるのだと思います。

 

バッテリーはカタログ値通り

 

MacBookの素晴らしいところは、メーカー公称のバッテリー時間とほぼ同等の駆動時間が約束されていること。

 

ウィンドウズPCだと10時間と言っても半分の5時間程度しか稼働しないこともよくあるのですが、MacBookに限ってはそのような事はほとんどありません。

 

ソフトとハードの一貫生産だからこそできるバッテリーマネジメントです。

 

ちなみにWindowsをブートキャンプやバーチャルデスクトップで利用すると、バッテリー消費は激しくなります。WindowsPCも設計やバッテリ性能が悪いのが分かります。

 

まとめ

 

自分で使うための1台を買うなら迷わずMacBookProまたはMacBook Airシリーズです。