読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WiMAX各キャンペーンのメリット・デメリットを解説!キャッシュバック・月額割引・タブレットセットどれがお得?

f:id:mukyoyo_na_k:20161129230826j:plain

WiMAXのプロバイダでは、独自でキャンペーンを行っているところが多く、キャンペーン内容が異なるため、WiMAXを契約する際にどのプロバイダと契約した方がいいのか迷う人は多いのではないでしょうか。

そこで、各キャンペーン内容のメリットやデメリットについてまとめてみました。

キャッシュバックのメリット・デメリット

どのプロバイダでWiMAXを契約するか決める際に、特に比較したいキャンペーン内容の1つがキャッシュバックではないでしょうか。

月額料金は、WiMAX本家であるUQコミュニケーションズとあまり差はありませんが、UQコミュニケーションズの回線を借りてWiMAXのサービスを提供しているMVNOのプロバイダでは3万円程度のキャッシュバックを設けているところがあるため、かなりお得に契約することができます。

その中でも、一番キャッシュバック率が高いプロバイダがGMOとくとくBBです。

月額料金だけで比較すると他のプロバイダとあまり差はありませんが、契約期間である2年間に支払う総額を比較してみると金額に大きな差が出るため、なるべく料金を安く抑えたい人は2年間に支払う総額を比較するとお得に契約できるプロバイダを見つけやすいです。

注意点:キャッシュバックの手続きをお忘れなく!

GMOとくとくBBのキャッシュバックを例に取ると、受取可能期間になると、プロバイダから基本メールアドレスにキャッシュバックに関する案内のメールが届きます。

この基本メールアドレスは、契約の際にプロバイダから与えられるメールアドレスであり、契約後に登録住所へ郵送される「登録証」に記載されています。

連絡先として登録した普段使用しているメールアドレスではないため、案内メールを確認し忘れることがないように気をつけて下さい 。

案内メールを受け取ったら、キャッシュバックの振込先指定口座を登録する必要がありますが、プロバイダが指定する期限までに登録が行われなかった場合、キャッシュバックの対象外となり受け取ることができなくなるため注意が必要です。

メールの確認し忘れなどでキャッシュバック対象外にならないために、スケジュール帳にメモしておくなど対策をしておきましょう。

キャッシュバックを受け取れるのは約1年後

キャッシュバックは契約したらすぐに受け取れると思っている人が多いかもしれませんが、ほとんどのプロバイダでは約1年後にキャッシュバックを行うように定めています。

キャッシュバックを行っているプロバイダでは、契約期間である2年間WiMAXを利用してもらうことを前提としているため、キャッシュバックを受け取る前に解約をした場合は当然キャッシュバックを受け取ることができません。

また、キャッシュバックを受け取った後でも、2年未満に解約した場合は高額な契約解除料が発生するため注意しておきましょう。

タブレットプレゼントキャンペーンのメリット・デメリット

WiMAXの購入を考えている人の中には、キャンペーンを比較してタブレットを無料で貰えることに魅力を感じる人もいるかもしれません。

支払いが1年先のキャッシュバックや月額料金の安さよりも、現物が手元にすぐに届くセットキャンペーンのほうがビジュアル的にもわかりやすく、家電量販店の対面型の契約では積極的に取り扱っているキャンペーンです。

ネット契約型のBIGLOBEでは、WiMAX2+を2年間契約すると「NEC LAVIE Tab E 8型」タブレットが0円で貰えるキャンペーンを行っているます。

セットに選ばれるタブレットは実売価格2万円以下が相場ですので、お世辞にもハイスペックとは言えないものの実用面では十分な性能が担保されています。

一見魅力的ですがキャンペーンの中で還元率が最も低く、プロバイダや店舗によっては違約金の大幅な上乗せもあるため、本当に欲しい物でもない限りはキャッシュバックや月額割引の還元分でもっと良い端末を買ったほうが満足度は高くなるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンと比較するとお得感は少ない

BIGLOBEでWiMAX2+を契約すると「NEC LAVIE Tab E 8型」タブレットを無料で貰うことができますが、ネットショッピングでこれと同じタブレットの価格を調べてみると、Amazonでは17,000円、価格.comではさらに安い16,580円でした。

BIGLOBEのもう一つのキャンペーン内容である20,000円のキャッシュバック特典と比べると、キャッシュバックを受け取る方が約3,000円お得であることが分かります。

また、GMOとくとくBBは2016年のキャッシュバックが平均約30,000円ほど受け取れるため、現ナマキャンペーンはあまりお得とは言えません。

そのため、タブレットが欲しい場合はキャッシュバックを受け取って、1種類に限定されず自分の好きな機種を選んで購入することをオススメします。

プレゼント違約金が発生

先にも触れたようにセット系のキャンペーンは違約金を高く取る傾向にあります。

BIGLOBEのタブレットセットも例に漏れず、WiMAX2+を2年間利用してもらうことを前提としてタブレットを無料で提供しているため、2年後の契約更新月より前にWiMAX2+を解約した場合、契約解除料(1年目:19,000円/2年目:14,000円)とは別にキャンペーン特典の違約金12,000円を支払う必要があるのです。

この違約金の積み増しはキャッシュバック・月額割引にも10,000円程あるのでタブレットセットのみのデメリットではありませんが、不正解約して端末を持ち逃げされるリスクが高いことからタブレットセットは他の2つよりも違約金が高い傾向にあります。

2年未満で解約する可能性のある人は、よく検討してキャンペーンを選ぶようにしましょう。

タブレット・PC同時購入キャンペーンのメリット・デメリット

先ののタブレットセットとは違い、こちらはプレゼントキャンペーンではなく月賦払いによる購入サポートです。

UQコミュニケーションズやBroadWiMAXなどのプロバイダが対応しています。

UQコミュニケーションズでは、「Nexus9」または「ZenPad7.0」をWiMAXとセットで分割購入することができます。

Nexus9のような高額な端末をWiMAX料金にプラスして金利0%で入手できるメリットもありますが、ガジェットの安易な分割払いはオススメできかねる買い物のしかたなので推奨はしたくありません。

ガジェットが好きすぎてガジェット貧乏になっている人を実際に知っているため、安易な分割購入は金利が1であろうと0であろうと避けるべきというのが私の持論です。

買うなら現金かカード一括払い、最高でも金利0%2回払までだと思います。

堪え性がない人が分割払いの魔力を知ると自分の身の丈以上の買い物をしてしまうため、当サイトでは絶対におすすめしないキャンペーンです。

商品券を同時にもらえる

UQコミュニケーションズのタブレット・PC同時購入キャンペーンを希望する人には、さらに最大10,000円の商品券を同時にもらうことができます。

ただし、商品券の金額はセットで選ぶWiMAX端末などによって5,000円または10,000円と異なります。

端末はネットでもっと安く購入できる

タブレット・PC同時購入キャンペーンは、WiMAXの月額料金に端末代を分割した金額を上乗せして支払うことができますが、同じタブレット・PCでもUQコミュニケーションズとネットショップでの金額を比較してみると、ネットショップで購入した方が安く購入することができるのです。

UQコミュニケーションズで「Nexus9」をセット購入する場合の端末価格は45,900円ですが、Amazonでは41,800円と大きく金額が変わります。

結果、ネットショップの金額を調べずに購入すると損する可能性が高く、後で気づいた時に後悔することになるかもしれないのです。

それならキャッシュバックや月額料金割引でお金をためて、ネットショップで同じ端末を価格を安く購入したほうが結果的には安くWiMAXとPCタブレットをを手に入れることができますよ。

月額料金割引キャンペーンのメリット・デメリット

本家であるUQコミュニケーションズのWiMAXの月額料金は、最初の3ヵ月目までは3,696円、それ以降は4,380円と設定しています。

しかし、MVNOのプロバイダではUQコミュニケーションズよりも安い月額料金を設定しているところがあり、中でもBroadWiMAXでは初月無料2ヵ月目までは2,856円、それ以降は3,541円とUQコミュニケーションズよりも1,000円程安くWiMAXを使用することができるのです。

これはキャッシュバック金額にして24,000円相当になります。キャッシュバックは受取金額は大きいものの受取に手間と受け取り忘れにより損失のリスクが高いため、私は月額割引のプロバイダをおすすめしています。

月々に支払う料金を確実に抑えたい人は月額料金の割引額が多いプロバイダを比較して契約すると、より節約効果が期待できます。

キャッシュバックのような手続きなしに利用できる

月額料金割引キャンペーンでは、契約する際すでに月額料金が設定されているため、キャッシュバックのような手続きをする必要がありません。

キャッシュバックは受取ミスをした場合でも自己責任で全てを諦めることのできる人が選ぶべきものであって、初心者やネットが不得意な人におすすめできる値引き策ではありません。

受け取れなければ+30,000円のコスト値上がりを受け入れるだけの覚悟とリスクが必要なのです。

それでも2年間総額はキャッシュバックがお得

月額料金の割引は月々に支払う料金を抑えることができるメリットがありますが、2年間に支払う総額で比べるとキャッシュバックを受け取る方がお得です。

例えば、GMOとくとくBB内のキャンペーンを比較してみると、月額料金が割引されるキャンペーンでの2年間に支払う総額は80,628円ですが、キャッシュバックキャンペーンでの総額は68,004円と約12,000円安くなる計算になります。

月々に支払う料金を安いよりも、月額料金が少し高くても2年間に支払う総額が安い方が良い場合はリスクを取ってでもキャッシュバックキャンペーンを選択するといいでしょう。

どのキャンペーンが一番お得に契約できるか

キャンペーン内容の金額を比較して一番お得な特典はキャッシュバックです。

ただし、前述したようにキャッシュバックを受け取るためにはプロバイダのルールに沿って振込先指定口座をする必要があります。

結果、キャッシュバックを受け取ることができなかった人の声がネット上には多く溢れています。

たとえ受取り逃したとしても全ては自己責任です。誰も責めることはできません。

一方、月額料金割引であれば面倒な手続きがないため確実に毎月割引された金額が請求されます。

そのため、キャッシュバックの受取手続きをする時期を覚えておく自信がない人には、月額料金割引のキャンペーンがオススメです。

まとめ

WiMAXのプロバイダでは様々なキャンペーンを行っており、中でもキャッシュバック特典が一番お得と言えます。

しかし、キャッシュバックを受け取るためには条件や注意点があります。

受取手続きをし忘れると対象外となるため気をつける必要があるため、キャッシュバック受取手続きに不安がある人は、手続き不要な月額料金割引のキャンペーンを選ぶことをオススメします。

※この記事は2016年11月の各社キャンペーン情報を元に執筆しています。