読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しないWiMAX機種の選び方!今月のおすすめ端末はこれ!

データ通信量が使い放題のWiMAXを契約しようと考えているけど、どの機種を選んだ方が良いのかと迷っているのではないでしょうか。

中でも下り最大速度440Mbsで高速通信が行える「W04」と「W03」は魅力的ですが、特におすすめなのはLTEオプションに対応している「W04」です。

ただしLTEオプションが利用できるといってもメリットばかりではなく、もちろんデメリットもあるので、契約する前にそれらを理解しておくと役立ちます。

そこで今回はLTEオプションの詳細やW04をおすすめする理由を紹介します。

WiMAXの機種選び、ここを抑えれば迷わない!

自宅でだけ使うか、外でも使えるモバイルルーターか

WiMAX機器は、持ち運び可能なモバイルWiFiルーターから特定の場所に設置するホームルーターまで豊富に取り揃えられています。

もちろん自宅や事務所などで固定回線と同じように使用するのであればホームルーターを選ぶのもいいでしょう。

しかしモバイルルーターであってもWiMAX機器専用スタンドのクレードルに設置すればホームルーターと同じ役割を果たしてくれます。

また外出する際はWiMAX機器本体のみを持っていくだけでとこでもインターネット通信が可能になるので室内でも外出先でも場所を問わずに使用できるのは非常に便利です。

ただしモバイルルーターを外に持ち出してしまうと自宅に居る家族が使用できなくなるデメリットがあります。

あなたのライフスタイルによってWiMAXの使い方も変わりますが、使用場所を限定されず使い勝手が良いのはモバイルWi-Fiルーターでしょう。

LTE回線が使えるハイスピードプラスエリアモードは必要か

WiMAX端末にはLTEオプションに対応している機種とそうでない機種があります。

LTEオプションとはau 4G LTE回線を利用してデータ通信を行えるオプションのことです。

通常WiMAXはハイスピードモードのWiMAX/WiMAX2+回線にてデータ通信を行っていますが、通信モードをハイスピードプラスエリアモードに切り替えることでWiMAX2+回線に加えてau 4G LTE回線も利用することができるのです。

WiMAXの電波の特徴からau 4G LTE回線を使用できることは大きなメリットではありますが、オプション料金や通信制限があるというデメリットもあります。

そこでハイスピードプラスエリアモードを使用する際のメリットやデメリットについて紹介します。

ハイスピードプラスエリアモードのメリット

WiMAX2+のエリア外や地下街など通信状況が悪いところでも使える

WiMAX2+は、対応エリアにおいて人口カバー率99%を達成しているにも関わらず、2.5MHzの高い周波数帯を利用していることから場所によってつながりにくいという弱点があります。

高い周波数帯を利用している電波は直進性が強く障害物を回り込む力が弱い特徴があるので、WiMAX2+は窓の少ない閉鎖的な室内や建物の奥まった場所での通信を苦手としているのです。

しかしau 4G LTEはプラチナバンドと呼ばれる低い周波数帯を利用しているので、WiMAX2+よりも遠くまで電波が届きやすいメリットがあります。

そのためLTEオプション対応機種を使用していれば、地下街などハイスピードモードのWiMAX2+回線ではつながりにくい場所でもハイスピードプラスエリアモードのau 4G LTE回線を利用することで引き続き快適にインターネット通信を行うことができるのです。

ハイスピードプラスエリアモードのデメリット

LTEオプション料が発生

au 4G LTE通信が行えるLTEオプションですが、このオプションは有料となっているのでハイスピードプラスエリアモードに切り替えると月額1,005円のオプション料金が発生します。

また日割り計算はされず月に1度でも利用した際には全額負担しなければならないので注意しておく必要があります。

なおハイスピードプラスエリアモードに切り替えることなく、ハイスピードのままデータ通信を行う分には料金が発生することはないので、料金が高いと感じる人は利用しないようにしておくといいでしょう。

ただ場合によっては通信が必要なのにつながらないということもあるかもしれないので、普段はLTEオプションを利用しなくても、いざという時に備えてLTEオプション対応機種を選んでおくと安心です。

通信制限が発生

WiMAX2+のギガ放題で契約した人の中には、何の制限もなくデータ通信を行えると思っている人はいるのではないでしょうか。

実はハイスピードプラスエリアモードでの通信においてはギガ放題プランで契約していたとしても月に7GBまでと決まっているので完全に無制限というわけではありません。

もしハイスピードプラスエリアモードにて合計7GBのデータ通信量を消費すれば速度制限の対象となり、今まで高速だった通信速度が当月末まで128kbpsへと低下します。 さらに速度制限が適用された場合はハイスピードモードのWiMAX2+通信も制限の対象となるので注意が必要です。

ただしハイスピードプラスエリアモードのデータ使用量が7GB未満であれば、ハイスピードモードのWiMAX2+通信に戻すことで今まで通り無制限に使用することができます。

そのためハイスピードプラスエリアモードを使用する場合は、消費した通信量を確認しながら上手に通信モードを切り替えてWiMAX2+を使用することで速度制限にかかることなく引き続き快適なインターネット通信を行えるでしょう。

W04とWX03徹底比較!

これまでは下り最高440Mbpsで高速通信が行えるWX03が人気でしたが、最新機種のW04が登場したことで、この2つにどのような違いがあるのか気になっているのではないでしょうか。

そこでW04とWX03それぞれのメリットについてまとめました。

W04を選ぶメリット

W04はWiMAX最高速度である440Mbpsに対応した最新のWiMAX2+端末ですが、何と言っても最大のメリットはハイスピードプラスエリアモードのauの4G LTE回線を利用してデータ通信を行えることです。

LTEオプションに対応していないWX03よりもつながりやすさに優れているので、「電波の届きにくい場所での通信が必要」という人に向いている機種となっています。

WX03を選ぶメリット

WX03も最新機種のW04と同じく下り最高440Mbpsで通信を行えますが、他にも使用するにあたって2つのメリットがあります。

一つはバッテリー使用時間、もう一つは専用クレードルの仕様です。

バッテリー使用時間においては、連続通信時間が最大約10時間のW04に比べてWX03では最大約12時間と長く、特に旅行や出張などで長時間充電ができない場合に有利です。

またWX03の専用クレードルの仕様においてはクレードル本体に拡張アンテナが付いているので、自宅や職場などでWiMAX2+を固定回線として使用する際に、他のクレードルよりも電波が安定してつながりやすい特徴があります。

そのためWX03は「固定回線としても利用したい」「バッテリー使用時間が長い方がいい」という人に向いている機種です。

当サイトおすすめはW04

ここまでW04とWX03のメリットを紹介してきて、どちらも捨てがたいメリットはありますが、当サイトでおすすめするのは「W04」です。

www.mukyoyo.com

W04はバッテリーの持ち時間が短いという欠点はありますが、実際使用することをかんがえると常にWiMAX2+を起動させておくことは滅多にありません。

連続通信時間が最大10時間もあれば十分なので正直そこまで重要視する必要ないでしょう。

また専用クレードルにおいても拡張アンテナが付いてなくてもコンセントを繋ぐ場所さえ移動すればつながりやすいスポットを見つけることはできます。

このようにW04はWX03に比べて劣る部分はありますが解決できないわけではありません。

またWX03はもともとLTEオプションに対応していないので、弱点をカバーすることができないのは大きなデメリットだといえるでしょう。

そのため、LTEオプションが利用できることはW04の最大のおすすめポイントです。

これを含めて、もう一度W04をおすすめするポイント3つを整理してみました。

下り最大440Mbpsの通信に対応

W04は下り最大440Mbpsと他のWiMAX機器と比較しても最速でインターネット通信を行うことができます。

WiMAX2+の最大通信速度は未だ光回線には劣るものの体感速度自体はあまり変わらないので、実際に行う通信においても光回線並といえます。

また上り速度においてもWシリーズの前端末では最大10Mbpsまでしか対応していませんでしたが、W04では3倍の30Mbpsまで向上しています。

下りと上りの両方において最高速度に対応しているW04は、高速通信を行いたい人にとって魅力的なモバイルルーターでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードが使える

W04の最大のメリットと言えるのが、ハイスピードプラスエリアモードでauの4G LTEが利用できるということではないでしょうか。

それほどLTE通信が行えることはWiMAX端末において強みといえます。

ただ中にはハイスピードプラスエリアモードを使用するとLTEオプション料金が発生するから必要ないという人もいるかもしれませんが、それなら通信モードを切り替えなければいいだけです。

またWiMAX2+の契約期間は2年間と長いため、LTEオプションがどうしても必要という場面に遭遇しないとも限りません。

LTEオプション対応の機種であれば、WiMAX回線が利用できない場所での通信が必要という場合に非常に助かるので、ハイスピードプラスエリアモードを使えるに越したことはないでしょう。

縦長・薄型でスマートフォンに似た操作性

従来のモバイルWiMAXルーターは横型ばかりでしたが、最新機種のW04では縦型で持ちやすいスティックタイプへとデザインが大きく変更されました。

またスマホのように薄型で片手でも簡単に操作ができるようになったので、操作性においても横型の前端末よりも向上しています。

サイズ的にもポケットに入りやすくコンパクトなので、外出する際にも持ち運びやすいですね。

クレードルを買う必要はある?

WiMAXを契約する際、充電スタンドや拡張器として使用できるクレードルを購入するか迷うことがあると思います。

クレードルには3つのメリットがあり、普段あなたがWiMAXをどのように使用するかによって必要性は変わります。

有線LAN接続が可能

クレードルがあれば無線LAN非対応の古いタイプのパソコンを使用することができます。

WiMAX機器本体のみだと無線でしかデータ通信が行えませんが、クレードルにはLANケーブル挿入口が付いているので、WiMAXをクレードルに設置し、クレードルとパソコンをLANケーブルで接続することで古いパソコンでもインターネットに接続することができるのです。

Wi-Fiルーターとして活用できる

WiMAXをクレードに設置して LANケーブルを使用して固定回線と接続することで、クレードルをWi-Fiルーターとして利用することができ、その場所一帯をWi-Fiスポット化することができます。

例えば出張先のホテルがWi-Fi非対応で固定回線しか使用できない場合、クレードルを利用してWi-Fi環境にすることでノートパソコンやタブレットでのインターネット通信が行えるのです。

充電スタンドの役割がある

クレードルは充電スタンドとしても活躍できるので、自宅へ帰ってWiMAXをクレードルに挿しておけば勝手に充電してくれますし、WiMAX機器を置いた場所を忘れることもありません。 クレードルに挿しておけば常に充電している状態なので自宅で使用する時もわざわざ電池残量を確認する必要がなく、急な外出でも電池残量が足りないということを防ぐことができます。

WiMAX機器本体だけでも場所を問わずインターネットに接続することができるので、クレードルがなくてもそこまで困ることはありません。 しかし自宅や職場などでの通信がメインという人やWi-Fi環境がまだ整っていない地方などへの出張が多い人は1台クレードルを持っていると便利かもしれませんね。

まとめ

WiMAX契約の際、プロバイダや料金プランを選ぶときと同じように機種選びにも悩みますよね。

特に、WiMAX最高速度に対応しているW04とWX03のどちらにするかで迷う人は多いでしょう。

ただ、当サイトではLTEオプションに対応しているW04をおすすめします。

WX03はW04に比べてバッテリーの持ち時間や専用クレードルの使用において優れていますが、LTEオプションに対応していないため、いざという時にデータ通信が行えません。

またW04はバッテリーの持ち時間がWX03少ないといっても連続して約10時間も使用できるので使用するには十分な時間といえます。

さらにWiMAX2+通信は地下街などでの通信を苦手としており、つながりにくさを感じることがあるので、そのような場合にauの4G LTEモードを利用して引き続きデータ通信を行えるのはWiMAX2+を使用するうえで大きなメリットです。

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えるとオプション料金が発生するデメリットはありますが、使用しなければ請求されることはないので、どうしても通信が必要という場合に備えてW04はおすすめです。