ポケットWi-Fiが充電できなくなった!充電トラブルの対処方法

f:id:mukyoyo_na_k:20170521202509j:plain

ポケットWi-Fiが充電できないと、大変です。もしかしたらこの記事を読んでいるあなたは今まさに充電できなくて困っているかもしれません。

というわけで、前置きなしに想定されるトラブルの原因と解決策をサクッと紹介しちゃいます!

ポケットwifiルーターが充電できなくなる原因

ポケットWi-Fiルーターが充電できなくなく原因は

  • USBケーブル・電源アダプタ
  • 本体
  • バッテリー

の3つです。

トラブルによっては、自力で直すことは難しいので素直に契約プロバイダのサポートへ連絡してください。

電源アダプタ・USBケーブルの故障

f:id:mukyoyo_na_k:20170521202808j:plain

ポケットWi-Fiルーターが充電できなくなったら、真っ先にUSBケーブルの故障を疑ってください。

毎日充電に使うアダプタやケーブルは頻繁に触れる部分なので、ストレスの掛かりやすいアクセサリです。

長く使っていると、接触不要や断線も起こります。

アダプタやUSBケーブルの断線や皮膜の劣化は火災や感電の原因につながるため、直ちに交換しましょう。

100均やAmazonで安売りされているUSBケーブルの中には粗悪品も紛れてるので、該当するなら新しいケーブルに交換してください。

故障の確認は別の端末にケーブルをつなぐのが手っ取り早い方法です。これで充電がされないのであればコードが原因だと考えられます。

チェックポイント
* 端子の汚れやサビ
* コード皮膜の変色やひび割れ
* プラ部分の変色やひび割れ

端子もチェック

ポケットWi-Fiルーターの充電端子はホコリやゴミが詰まりやすい構造になっています。

抜き差しを繰り返すとホコリやチリが端子の奥に押し込まれ、その汚れが積もりに積もって電極の接触が悪くなり、通電しなくなるのです。

電流が低いので電源タップのような火災は起こりにくいのですが

爪楊枝だとUSB端子を壊してしまうかもしれないので、掃除はエアダスターがおすすめです。

バッテリーの消耗

ポケットWi-Fiルーターを充電してもすぐにバッテリーがなくなってしまうなら、バッテリーパックが劣化しています。

バッテリーが取り外せる機種なら新品交換で解決しますが、バッテリー取り外しができない機種も存在します。取り外し不可の端末は、メーカに送って交換してもらうか、機種の買換えです。

リチウムイオン電池は劣化すると膨張して危険なので、不要になったら放置せず必ずリサイクルに出ししましょう。

本体の故障・劣化

一通りチェックしても問題が解決しない場合、劣化や目に見えない故障によるポケットWi-Fiルーターの寿命かもしれません。

落下の衝撃やゲリラ豪雨による水分の侵入で基盤の劣化が進行し、ある日突然充電できなくなることも。

もし落下や水没してない端末が短期間で故障したのであれば、初期不良の可能性が高いのでメーカーへ交換・修理の依頼をしましょう。

落下や水没の事実を伏せ、端末不具合として修理を依頼してもバレるので、嘘は厳禁です。

通常ポケットWi-Fiルーター製造メーカーは本体1年間、付属品3~6ヶ月間の修理保証期間を設定しているので、積極的に活用してください。

端末保証に入っておくべき?

スマホやパソコンのような高額機器であるなら、端末の保証を手厚くしておくのもありですが、ポケットWi-Fiルーターはあまり得策とはいえません。

なぜならこれは中古ポケットWi-Fiルーターの需要は低くく、中古市場で安くなるけいこうにあるからです。

2017年2月に発売されたWiMAX2+のW04の価格は20,000円ですが、3ヶ月後には既にAmazonで8,000~10,000円の未使用中古が出回っていました。3ヶ月も待てば最新端末でも新品同然の端末が半額で買えてしまうのがポケットWi-Fiルーターを取り巻く中古市場の実態です。

ヤフオクを利用すればもっと安く手にれることも難しくありません。

スマートフォンと違い値落ちの激しいポケットWi-Fiルーターは、保険を満額掛けたつもりで手元に資金を残し、破損や故障に合わせて中古の最新端末を購入するのが結果的に安上がりになると考えています。

故障時の修理手続きのためショップや電話口で時間を奪われることもなく、端末が届き次第スムーズに利用再開することができるので、わざわざ端末保証オプションのような掛け捨て保険を契約する必要はないと考えています。

最後の手段!修理窓口

過失による破損や原因不明の故障が起こったら新古品を購入することをおすすめしていますが、中古品が嫌な人、買うお店が分からない人にはあまり取りたくない選択肢であることもわかります。

その場合キャリアやメーカーのサービス窓口に修理をお願いしましょう。購入キャリアのショップに持ち込めば修理相談に応じてくれます。

ただし故障箇所が見つからなかったときでも、送料や検査費用やメーカーによって対応が異なることを覚悟しておかないといけません。

まとめ

ポケットWi-Fiルーターが充電されなくなったら、まずはケーブル類とUSB端子周りの破損を確認してください。

ケーブルが原因による充電不具合もあるため、予備のケーブルを用意しておくとトラブル検証に役立ちます。

バッテリー劣化は寿命を感じたら、純正バッテリーパックに交換してください。取り外し出来ないモデルは、メーカーにバッテリー交換を依頼するか機種を買換えるしかありません。

端末も古い、修理依頼は面倒くさい!と思ったら、ネット通販で新古品を購入してSIMカードを挿し直すのが一番確実です。