読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログランキングからの集客に要注意!アクセスを依存すると大変なことになるかも?

f:id:mukyoyo_na_k:20150330034642j:plain

ブログには色々な集客方法があります。個人的にその中でも一番手っ取り早い手法がブログランキングサービスです。特別なライティングスキルやSEO対策は不要なので、ブログ初心者にとっては心強い集客サービスであることに間違いありません。ですが、本当にブログランキングはブログ運営にメリットばかりのサービスなのでしょうか?

スポンサーリンク

ブログランキングの魔力

ブログランキングはGoogleのインデックス速度や順位を気にせずに即効的なアクセスを集められるので、駆け出しブログにとってはありがたいサービスです。ジャンルにもよりますが、ランキング上位に食い込めば月数万pvは稼げます。

特定ジャンルに興味のある読者をブログ村が玄関先まで連れてきてくれている安心感は検索エンジンやソーシャル拡散では得られません。記事もping送信すれば数分で反映されます。

他の集客手法にはない手軽さと安心感から、ブログ初心者がランキング集客に偏ってしまうのも仕方がないかもしれません。

ブログランキングのデメリット

いまさらランキングのメリットを語ってもしょうがないので、個人的に感じているデメリットを挙げます。

  • 更新し続けないとアクセスを維持できない
  • 本当にその記事を必要としている人に届きにくい
  • ユーザーを外に逃がす導線を自ら作る(読者の巡回が減る)
  • 一部ブログサービスはping送信を手動で行う必要アリ
  • ブログの表示速度が遅くなる

これはランキングに集客を依存していること前提ですが、とにかく書き続ける必要があります。ランキングで表示される記事には限界があるので、さかのぼって記事を探すのにも限界が。ランキングに頼った集客において、ブログ記事は書き捨て前提です。

アクセス欲しいなら別の手法も試してみて

ランキング参加者でアクセス気にしない人はほとんどいないはず。このエントリーもそれを前提に書いています。

俺はSEO信者なので、アクセス増やしたいなら検索エンジンにも考慮した記事を書くことをお勧めしてますが、TwitterのフォロアーやRSS購読者を増やすことも一つの戦略です。

個人的な見解として、記事下でバーナークリック依頼するよりRSSやTwitterフォローを依頼したほうがいいです。

まとめ

有名なブロガーさんたちが推奨する方法なので、何気なく登録した人も多いはず。アクセスの集まらないうちはヤル気維持に効果のあるサービスであることに間違いはありません。ただ、あくまでもアクセスアップの1手法に留めておいたほうがいいでしょうね。

毎日記事を書くことにも言えますが、結果を出している人の行動を真似るのではなく、彼らの考え方を真似ることを意識するべきです。