読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ収入の確定申告は早めに準備。主婦・ニートは要注意!税務署はあなたを見ています

f:id:mukyoyo_na_k:20150814170430j:plain

現代はインターネットを通じて、少なくない収入を得られる夢の時代。ブログ始めたらいつの間にか人気ブログになって、アドセンスやAmazonから毎月お小遣いゲットでウハウハなんて人もいるでしょう。ブログのPVと収益報告は月初の定番記事で、下手なバイトやパート並みに稼いでる人も少なく無いですよね。

好きなことで食べていく!って素晴らしいことですが、好きなことだから税金払わなくていいわけではないので、確定申告の準備はしっかり進めておきましょう!

夢のブログ飯!税金払ってる?

人気ブログになって、ブログ収入で生活を豊かにしたい。ブログをはじめる人が少なくとも1度は考えるライフスタイルでしょう。人の役に立つ記事を書き、人に感謝され、収入を得て、ぷちリッチな生活。家事や子育て外働きが制限される主婦にとっては夢の生活です。

働きたくないでござるが3割を超える今の若者も、「好きなことで稼いで、ソコソコに暮らす」を標榜するブログ飯に夢を見たくなる気持ちもわかります。

しかし、収益が増えて喜んでばかりもいられません。同然稼いだお金は税金が発生するので、納める義務も課されることに。会社勤めと違って、ブログ収入は自動的に税金が引き落とされないから、自分で動かなくてはいけません。

忘れてました!知らなかった!では済まされませんよ。

余計なお世話でしょうが、アドセンスやアソシエイトの規約を読んでなさそうなブロガーさんを見ると、お金を稼ぐことに対する意識の薄さ、しいては税金を納めること対する意識が希薄じゃないかと心配になります。ブログをマネタイズするなら、それ相応の義務と責任を負って取り組んで欲しいものです。キツイこといいますが、子どものお駄賃じゃないんですからねー。

どうして確定申告が必要なの?

国が国民一人ひとりの所得に応じて均等に税金を収めさせるための仕組みなので、諦めるしかありません。手間がかかる割にお金が取られる訳ですから、納得いかないかもしれませんが決まりですからね。あなた1人だけじゃない、みんな、同じ日本に住む者として、経済や福祉のために払っていると思って割りきりましょう。

大変だけど特典もいっぱい

ブログ収入はバイトやパートと違い、経費や控除による節税テクニックが多いので、実際の収益よりも所得をずっと少なくすることが可能なのが利点ですね。給与所得者が気の毒になるくらいです。

国としても、納税者が真面目に納めてくれやすいように気を使ってるのかも?(適当)

主婦やニートは控除にご用心

ブログ収入を得ている主婦で、配偶者の扶養に入っている人は特に注意してください。稼ぐ金額によっては、扶養控除を外れてしまい旦那さんが虚偽申告として税務署から叱られる立場になってしまうのです。

ニートの人も扶養から外れる程稼いでいるのに扶養者に黙ってると、虚偽申告として家族に迷惑が掛かります。

現在ニートはブログのコンテンツとして人気も高く、センスや才能によっては人気ブロガーになって一発逆転を目指せる可能性も十分あります。なのに、ブログ飯成功したとおもったら、虚偽申告で親が責められ、自分は脱税+利子(重加算税)の支払いでは目も当てられませんよね。

部屋から出ず、パソコンの前で作業できるなんてニートにとって最高の仕事なのですから、その環境を失わないようにしましょう。確定申告はネットにも対応してるので、ひきこもりニートでも安心です!

ネットで収入得てる時点でニートじゃないのかもしれませんが(笑

*ここでのニートはNEETではなく、無職パラサイトくらいのイメージです

税務署は見ている

f:id:mukyoyo_na_k:20150814170713j:plain

ネット上でのお金のやりとりだし、月数万円と少額だから大丈夫って思ってませんか?

税務署は馬鹿ではありません。ASPやGoogleからの情報で、あなたの得ている収入は把握されています。今後マイナンバー制により益々、所得隠しはできなくなることでしょう。今まで税務署に呼び出された事ないから大丈夫って思ってると、忘れた頃に重加算税と呼ばれる延滞金がつけられて7年さかのぼって請求される可能性も無きにしもあらず。

税務署の人的リソースは限られているので、対費用効果の高いところから催促していきます。少額の人は後回しされやすく未納期間が長くなると、重加算税で雪だるま方式で税が増えていくことも。未納は7年分までさかのぼりされるので、ブログ飯ヒャッハー!って喜んでたら、忘れた頃に100万円単位で請求が来る可能性もあります。

ブログ収益を得ることは同時に納税の義務も発生することです。それを面倒と感じるならブログに広告は貼らないほうがいいでしょうね。

白色申告と青色申告の違い

確定申告は白色申告と青色申告があり、青色申告は手続きに応じて2種類に分けられます。

白色 青色 青色
帳簿付け 必要 必要 必要
承認手続き なし あり あり
決算書 収支内訳書 青色申告決算書 青色申告決算書
税制優遇 なし あり あり
控除 なし 10万 65万
簿記 単式 単式 複式

確定申告の白色・青色の違いを簡易表にまとめてみました。

つい最近まで白色申告は帳簿付けの必要がなく、簡易だったのですが平成26年以降は青色申告と同様に必要になり、白色の手続きが簡易だというメリットが殆どなくなってしまいました。

税制面で一番恩恵を受けられるのが複式簿記による青色申告です。65万円の控除は魅力的ですね。単式の青色申告と55万円も違うので、自分の街の税務署では10万円控除の青色申告は誰一人出さないと言ってました。今では複式簿記も会計ソフトを利用すれば素人でも作れる時代ですからねー。

もちろん自分も複式簿記で確定申告しますよ。うちの嫁さんも、複式でやってますし、簿記2もってるから分からんかったら聞きますしおすし。

準備はコツコツと

確定申告は、年間の所得を税務署に申告して適切な税金を納める制度です。特にブロガーの確定申告でメインとなるであろう、青色申告は帳簿の付け方次第で大幅な控除を受けられます。そのためにも日頃からの準備しておかなくてはいけません。青色申告の準備は時間がかかりますが、毎月コツコツと作業して確定申告に備えてください。

ネット上には確定申告のやり方やハウツーが溢れていますが、情報が断片化していたりして調べにくいので、自分は個人事業主・フリーランス向けの本を購入して確定申告の準備をしています。利用ソフトは、教本に合わせてオンライン会計の「やよい」セルフプランを選択。

やよいのセルフプランは1年間無料なので、収入が少なくても負担が小さくて済みます。

税の法律は頻繁に改正されるので、毎年新しい書籍を購入したほうがいいですね。購入した本に合わせて会計サービスを導入すれば、後はマニュアル見ながら作業してくだけなので。

確定申告をするのに税金のエキスパートである必要はありません。作業しながら大体の仕組みがわかればいいですよ。

ブロガーの脱税、ダメぜったい!

f:id:mukyoyo_na_k:20150814170852j:plain