読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クルマ一括査定サイトを利用するなら押さえてたいポイント

f:id:mukyoyo_na_k:20150423002951j:plain

誰しもがクルマの下取りや買取りは高額であってほしいと思うはずです。実際、車買取りは相見積もりが常識になっています。しかし、買取専門店が常に最高額を提示してくれるわけではありません。それは相見積もりをしたとしてもです。過去何台もクルマを乗り継いで下取りから買い取り個人売買の経験を元に、買取専門店で車を高く売るポイントを紹介します。

売ったクルマは3つの行き先がある

まずは、売ったクルマがどうなるの理解から始めましょう。

あなたの今乗っているクルマをもし売却したら、おおよそ3つの行き先があります。

  • 1つ目は直接店頭に並べられ、商品として販売されます。これは、主にディーラーや自動車屋さんによくある販売形態です。

  • 2つ目はエンドユーザーへ直接販売。個人売買がメインですが、お店がセッティングしてくれることも極稀にあります。これが一番車を高く売れる可能性がある売り方ですね。

  • 3つ目はカーオークションに出品。買取専門店がこの形態です。

例外を除き3>2>1の順に買取価格は下落する傾向にあります。

買取価格が上下する理由

クルマの買取見積もりをお願いすると、ディーラーや買取専門店ごとに価格が上下します。

ディーラーの下取りが低いワケ

多くの場合ディーラーは買取専門店にくらべて買取価格は低い傾向です。大手ディーラーだと、買取価格+3〜40万円の値札を付けて中古販売をしていますが、売れなかった時のリスクや保証を考えた値付けと考えれば致し方のないところです。とにかくお店はリスクを下げるために車両を安く下取りしなくてはいけません。基本ディーラーの下取りや買取は雀の涙と覚悟したほうがいいです。お店と顧客の利益が真っ向から相反するので、ここで高く下取りさせようとせず買取専門店に持ち込んだほうがいいと思います。

ユーザー間の売買は手間はかかるけど一番高く売れる

個人売買は色々と大変ですが、タイミングが合えば相場関係なしに高額で売却することも可能です。多くの場合、ヤフオクや個人売買仲介業者に依頼することになると思います。極稀に、ディーラーであなたの持っている車両を探しているお客さんがいたとしたら、ディーラーが仲介してくれたり相場より高く買取ってくれることもあります。お店としても、在庫リスクなしに購入意欲の高いお客に商品を提供できるから、常識を外れない程度の言い値なら二つ返事で買取ってくれます。

また、特定車両専門ショップなどでは委託販売という形で、仲介してくれる場合も。仲介料は取られますが、時間と余裕があるならこういう売り方もあります。

買取の相見積もりは高値安定だけど一部注意

今ではネットで買取の見積ができる時代です。ただ、常に一番高く買取ってくれるとは限りません。オークションには相場があり、季節ごとに価格が変動します。3月頃は新生活に合わせて軽自動車や小型車、春から夏頃はオープンカーが値上がりします。ウィンタースポーツシーズンには4駆が特に人気です。夏に冬服が売れないように、クルマも種類によって売れる時期と売れない時期があるのでそこを見極めて買取の見積もりをお願いしましょう。

買取専門店で高く売るためにするべきこと

f:id:mukyoyo_na_k:20150423003044j:plain

  • 相場を知る

まず相場を知らないと、提示された金額が高いのか安いのか判断ができません。中古車情報サイトで自車と同じ年式や走行距離、色などから幾らで販売されているのかを調べてください。そこから50万円ほど引いた金額がオークションでの落札価格です。

  • 下取りにする場合は1度はディーラーに見積りさせる

値引きのテクニックで、ディーラーが価格をごまかせないように下取りは最後にと言われています。しかし、そんなド素人でも分かるテクニックでプロのディーラーマンは出し抜けません。あなたの身なりや振る舞い、乗っているクルマと検討しているクルマ、様々な観点からどういう顧客であるかは見ぬかれています。出てくる見積書はあなたの戦略も織り込んだ上での見積書です。それなら初めからディーラーに見積もらせておいて、買取専門店にも持って行くと伝えましょう。下取り価格は買取査定の判断基準にもなるので相場を知るにもうってつけです。

  • 相見積もりは昼にやってもらう

仕事の都合で夜間になってしまいがちな買取査定。ですが、車の状態に自信があるなら昼に見積もりをとってもらいましょう。夜間だとクルマの細かいところが見えないので、査定に有利になるんじゃないかと思われるかもしれませんが、あまりおすすめは出来ません。クルマの全体が見えない分、ライトで照らされた小さなキズが目立ってしまいます。状態の良い車両なのに、不利な状況で査定するのはもったいないですよね。

それに、秋冬の夜間は寒さで消耗します。女性だとしたら暗い車内で査定員の二人きりで書類を買いたりすることにもなりかねません。そういう意味でも夜間は避けて昼に査定を依頼することをオススメします。

  • 欲をかきすぎない

買取で多いのが、「今引き取らせてくれれば◯◯万円」という殺し文句。その場で車両を持っていく代わりに、他所よりも高く買い取りますというアピールです。ただ、ここは判断の難しいところです。そういう場合は、初めにチェックした相場を目安に自分が納得できる価格であるかを確認しましょう。欲を出しすぎて、相場の上限を狙おうとすると良い結果にはなりません。

まとめ

クルマ買取の相見積もりを利用するのが簡単にクルマを高く得る方法で、たくさんの人が利用されています。

高値で売れる買取査定の相見積もりも、自己防衛とリサーチをしないと正当な値段で買取ってもらえないかもしれません。愛車を高く売るために、多少手間がかかったとしても、きちんと準備をして売却に望みましょう。備えのあるなしで、10万円以上変わるのがクルマ買取の世界なのです。