読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の高価下取りを引き出すための重要ポイントはこれ!

日本では新車購入時にそのまま今乗っている車を下取りしてもらうのが一般的です。

ディーラーへの下取りはすべての処理を担当者任せにできるので、手間のかからない便利な方法といえます。

しかし、実はこの下取りの査定は決して満足いくものではないのが実情です。

これはディーラーの査定力と中古車販売力が低いことが大きく影響しているからです。

一般的には査定力と中古車販売力の高い中古車買取業者の方が高い査定となるのが相場です。

高額査定を望むのならば中古車買取業者に買い取ってもらうのが一番というわけです。

それでは下取りは安いと諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

ディーラー担当者との交渉次第で高い下取り価格を引き出すことは可能です。

査定金額の一点だけで判断すれば中古車買取業者に分はありますが、ディーラ下取りにも中古車買取業者にないメリットははあります。

このメリットを望んでディーラー下取りを選ぶ方もいることでしょう。

ですから、できるだけ高い下取りを引き出す方法があるのならば、その方法を知っておいて損はないのです。

下取り価格を高く引き出すための交渉術

ディーラー下取り価格を高くするには、担当者との価格交渉は欠かせません。

そこで知っておいたほしいのが下取り価格を高く引き出すための交渉術です。

交渉時には、

  • できるだけディーラーへ多く来店しておく
    *無理な価格交渉は避ける
  • 交渉時の話し方や態度はあくまでも平静に
  • まずは下取りなしの見積もりから始める
  • 下取り査定する前に買取査定の見積もりを取る

の5つが重要なポイントとなってきます。

できるだけディーラーへ多く来店しておく

ディーラー来店後、即見積もりを取る方もいるようですがこれはあまりおすすめできません。

というのもこれだとディーラ担当者は「早く新車購入したがっている」と判断し、足元を見るので見積もり価格にも影響してきます。

しかし、理由はそれだけではないのです。

多く通うことで担当者との関係を深めることができます。

価格交渉を有利に進めるには担当者とどれくらい仲がいいのかも大きなポイントとなってくるのです。

仲が良ければ価格交渉もしやすくなりますし、要求が通る可能性も高くなります。

ディーラー担当者といえど人の子です。

普通のお客よりも気心の知れたお客の方に肩入れしたいと考えるのは当然の話です。

担当者との関係性が土壇場でものをいうことも無きにしも非ずということをよく肝に銘じておいてくださいね。

無理な価格交渉は避ける

昔ならば買い手方が強い立場だったこともあり、

「新車購入するのだから、ちょっとくらい無理を聞いてくれるのは当然」

と無理な価格交渉も通ったケースも多かったようですが今は違います。

ディーラー側は、良質なお客さんや気に入ったお客さんを大事にする傾向が強いため、高圧的で無理なことばかり言うお客を敬遠します。

ですから、無理な価格交渉はかえっていい結果とはなりません。

度を越えた価格交渉は絶対に避けるようにしましょう。

交渉時の話し方や態度はあくまでも平静に

中には交渉は強気で臨んだ方がいい結果になると思い込んでいる方もいるようですが、交渉時のスタンスはあくまで、平常心を保った状態でなければなりません。

あまり弱気な態度で臨むと足元を見られてしまうことになるのでNGですが、交渉をこじらせないためにも、相手から好感が持たれる態度を保つことが重要です。

感情的な状態で交渉を進めてもまともな話にはなりませんし、相手に悪い印象を持たせるだけです。

話し方や態度は普段と変わらないように心掛け、平常心を保って臨むようにしましょう。

まずは下取りなしの見積もりから始める

新車購入時の下取り価格は見積もりへ一緒に記入されるのですが、この見積もりには注意が必要です。

買取業者よりも高い下取り価格が提示されたという話を時折耳にしますが、下取り価格を含んたディーラー見積もりを鵜呑みにしてはいけません。

その理由はディーラーは「新車値引き価格を下げて、下取り価格を上げる」見積もりテクニックをよく利用するからです。

新車値引きと下取り査定を同時にすると、値引き額と下取り額がディーラー側に都合よく調整されてしまい、適正な数字なのかも測ることができなくなってしまいます。

実際の下取り価格を知るためにも、まず最初は新車購入だけに限った見積もりを取るようにしましょう。

「これ以上の新車値引きは無理」という段階になって初めて下取りを含めた見積もりを依頼うするようにしてくださいね。

下取り査定する前に買取査定の見積もりを取る

下取り価格を交渉しようにも、実際に車の適正価格が分からないでは交渉のしようがありません。

まず新車購入を決めた時点で中古車買取業者から見積もりを取って、いくらになるのかを確認しておきましょう。

見積もりは複数社からが基本です。

1社見積もりだけでは本当の相場を知ることができません。

一括査定サイトを利用すれば一度の申し込みで簡単に複数社から見積もりを取ることが可能です。

実際の査定価格を知るのは交渉時には欠かせない重要ポイントです。

できるだけ多くのところから見積もりを取るようにしてくださいね。

ディーラー下取りの流れ

ディーラで新車購入と同時に下取りを依頼すれば自分で面倒な下取り手続きをすることなく、必要書類に記入・捺印するだけで後の処理はすべてディーラー担当者が処理してくれます。

これはディーラー下取りの大きなメリットとも言われているのですが、その下取り時の流れはどのようになっているのでしょうか?

ディーラー下取りでトラブルとなったという事例はあまり聞かないのですが、全くないわけではありません。

もしもの時に備えて今回はその流れを簡単に説明していくことにしまょう。

一般的な下取りの流れは下記のとおりです。

  1. 購入する新車が決定した際に下取り車がある旨を申告する
  2. ディーラーで下取り車の査定が行われる
  3. 査定額が決まれば購入する新車の値引き交渉に入る
  4. 購入金額が決定すれば新車購入手続きとともに、下取り手続きが行われる

下取り金額に問題がなければ所有者のすることは新車購入時に必要書類へ記入・捺印するだけです。

それでは主な必要書類にはどのようなものがあるのでしょうか?

これは普通自動車と軽自動車とで若干の違いがあるので見比べてみることにしましょう。

普通自動車の場合

  • 印鑑登録証明書(発効後3か月以内のものを2枚)
  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書

軽自動車の場合

  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書

以上のように軽自動車の場合は印鑑登録証明書が必要ないという点が普通自動車と違ってきます。

よって、普通自動車を下取りする場合には実印が必要ですが、軽自動車の場合には認印でもOKというわけなのです。

また印鑑登録証明書は自分で用意することになりますが、ほかの書類についてはディーラー任せと考えていいでしょう。

不備があった場合にもディーラーが用意してくれるのが一般的です。

しかしこれら書類はトラブル時を想定して、必ずコピーを取っておくことをおすすめします。

最近はディーラーやメーカー販売店以外でも新車購入が可能です。

認知度の低い個人販売店での下取りは後々トラブルとなるケースも少なくありません。

面倒でも忘れずコピーするよう心がけましょう。

ディーラー下取りのメリット・デメリット

それでは下取りについての知識を更に深めてもらうためにも、下取りにはどのようなメリット・デメリットがあるのか詳しく説明していくことにしましょう。

下取りのメリット

下取りのメリットは下記の3つです。

  • 新車購入と下取りがスムースに行える
  • 下取りに必要な手続きをディーラーに一任できる
  • 同じところで下取りを続ければディーラーとの信頼関係が築ける

それでは各メリットについて詳しく説明していくことにしましょう。

新車購入と下取りがスムーズに行える

新車購入に合わせて車を中古車買取業者で買い取ってもらったとしましょう。

下取りよりも中古車買取業者へ買い取ってもらった方が高額査定となるため、今では買取を選ぶ方も増えてきました。

確かに得られる金額に関しては下取りよりも買取の方がメリットはあります。

しかし、新車購入先と乗っている車の処分先が違うと、

  • 複数の業者とのやり取りが必要なので面倒くさい
  • 買取の場合、複数社の査定を受けることとなるので割かれる時間が多くなる
  • 新車納入と買い取ってもらう車の引渡しがズレることもある

というデメリットが発生します。

有利な条件を探りながらじっくり慎重に交渉をすすめたいという方ならば問題ありませんが、仕事が忙しい人や面倒事が嫌いな人、時間的余裕がないという方には、すべての交渉を1つの窓口で済ませられる下取りの方がメリットが高くなってくるのです。

さらに車を通勤や通学に使っている場合、新車納入が遅れてしまい車が使えないという状況も想定しておかなければならないのです。

一定期間の代車無料サービスを行っているところもありますが、すべてが対応しているわけではありません。

後々困らないためにもじっくり派か、速攻派どちらのタイプなのかをよく考えた上で売却方法を選ぶようにしてくださいね。

下取りに必要な手続きをディーラーに一任できる

下取りにしても買取りにしても車を売却する点に違いはありません。

しかし、新車購入先と売却先が異なる場合、当然引渡し手続きを行う業者は異なってきます。

どちらに依頼したとしても必要な手続きは代行してくれますが、下取りから納車まで全てを一任できるディーラーへの下取りの方が面倒でないことは確かです。

またディーラであれば下取り後のトラブルの可能性は非常に低いのですが、中古車買取業者の場合はそうはいきません。

基本、一番いい査定価格を出してくれた所を選ぶこととなるのですが、その先がいい加減な個人の買取業者ということもあるのです。

買取業者の取引で名義変更が済まされていなかったなど、トラブルも報告されています。

ディーラーに一任することで、面倒がかからず、メーカーの看板を背負うディーラだからトラブルの確率が低い2点は実に大きなメリットと言えるでしょう。

同じところで下取りを続ければディーラーと関係が築ける

毎回新車購入するメーカーが違うという方もいるでしょうが、中には、

「私はトヨタ以外の車には乗らない!」

というように購入先メーカーにブレがない方も珍しくありません。

こういった方ならば同じディーラーでの新車購入と下取りがおすすめです。

先にも触れましましたが、商談時にはディーラーとの人間関係が大きく影響してくるのです。

長年続けて利用してくれるユーザーはディーラーにとっては大切にしたいお客となってきます。

ですからほかの一見のお客と扱いが違っても当然の話なのです。

また、担当者との人間関係も築けるわけですから、下取り価格だけでなく新車値引きの商談も有利な条件で進めることが可能になってきます。

一般的には買取りの方が査定額は高額になりますが、新車購入値引きにも影響があるのならば総合的なメリットは高くなってくるのです。

下取りのデメリット

それでは今度はデメリットを見ていくことにしましょう。

下取りのデメリット下記の3つです。

  • 買取よりも査定金額が安い
  • 市場価格が反映された適正な査定は期待できない
  • ドレスアップ車や追加パーツ仕様車の査定アップは望めない

買取よりも査定金額が安い

ディーラーは新車販売を目的とした販売業者です。

近年はトヨタのように中古車販売に力を入れているメーカーも出てきましたが、基本的には中古車販売には力を入れていないのが実情です。

よって、中古車査定のノウハウと販売網が脆弱というマイナス要因が影響して査定価格が安くなる傾向にあります。

査定は資格を持った中古車査定士によって行われるのが一般的ですがディーラーでは、営業担当者が行うことも少なくないようです。

その上、査定基準はディーラー独自のものであることが多く、過去の下取り金額がベースとなることもしばしばです。

また中古車販売網が脆弱なため、

  • 下取り車の転売が遅れ管理費ばかりがかさむ
  • 下取り車の価値が下がってしまう

という危険性があります。

よってディーラーはこれらを見据えた上で査定金額を算出しなければなりません。

これだけマイナス査定要因が揃ってしまえば、査定システムと中古車販売網が確立されている中古車買取業者との査定額に開きが出てしまうのうなずける話なのです。

市場価格が反映された適正な査定は期待できない

中古車買取業者はタイムリーに市場価格を反映できるシステム構築が構築されています。

ですから、適正な市場価格をもとにした査定が可能です。

しかし、ディーラーにはこのようなシステムは導入されていないため杓子定規な査定しかできません。

年式・走行距離・車の状態をディーラーの査定基準に照らし合わせた査定しかできないのです。

適正な市場価格は市場でどのような車種が人気で多くの購入者が集まるかで大きく変動してきます。

よって、ディーラーではこのプラス査定となる適正な市場価格が反映されず、市場価格とはかけ離れた低い査定となってしまうこともしばしばなのです。

ドレスアップ車や追加パーツ仕様車の査定アップは望めない

車の愛好者の中には標準仕様では物足らず、自分好みのパーツをパーツ専門会社に発注してメーカーパーツ以外を装着したり、ドレスアップするのに大金をかける方も少なくありません。

こういった嗜好性の高い車は一部の方たちには大きな人気があります。

しかし、こういった車の価値はディーラー査定ではまったく反映されることはありません。

かえってマイナス査定となるのが実情です。

大金をかけているのだから、高く買取ってもらえるだろうと期待して下取り査定を依頼したら、ノーマル車よりも安く見積もられた、なんてことが普通にあるのがディーラーの下取りです。

先程も申しましたがディーラーの中古車販売網は中古車買取業者と比べて脆弱です。

よって転売する可能性が極めて低いと判断するため、こういった車の査定評価は確実に低くなってきます。

これは嗜好性の強い車に限らず、外国車の場合も同様です。

中古外車を購入しに国内メーカーのディーラーへ訪れる方はほとんどいないでしょう。

この現状が示すとおり、外国車もディーラーにとっては自社販売網では売りにくい車となるわけです。

外国車ともなれば購入価格が高いものも多いので、販売価格も取り扱いメーカーの同セグメントより高くなってしまいます。

またディーラーとして販売する以上は、一定の保証も必要となりますので、部品費が割高な外国車が保証期間中に故障してしまったら販売利益を圧迫してしまいます。

ディーラーとしては大金をはたいて転売できない、売っても保証で赤字という結果は避けたいので、そのリスクを見越した買値を提示してきます。

改造車やインポートカーを高く売却したいならばディーラーではなく、専門に扱う中古車買取業者へ買取してもらうのが得策ですね。

一括買取査定で下取り価格の交渉材料を手にいれる

下取り価格をあげようと交渉するにしても「もうちょっと高くなりませんか?」だけでは満足な結果は勝ち取れません。

交渉に入る前には有益となる交渉材料を準備しておく必要があるのです。

その最たるものが車の適正価格です。

これがわからないでは一体どれくらいの値上が妥当なのか判断できませんし、裏付けもない交渉となってしまいます。

適正価格を知らずして有利な交渉を進めることはできないのです。

それではこの適正価格はどのようにして調べるのでしょうか?

今回はその方法について詳しく説明していくことにしましょう。

  • ステップ1

まず行ってほしいのが車の市場価格の把握です。

市場価格はインターネットで「中古車 市場価格 相場」で検索すれば専用の検索サイトがいくつも見つけられます。

その検索サイト内で車の条件を入力すれば2016年現在、こののような情報が数秒で出てきます。

  1. トヨタクラウン(2012年~販売中) 中古車価格帯227.6~488.5万円

  2. ダイハツムーブ(2014年~販売中) 中古車価格帯79.7~140.6万円

価格帯に幅はあるものの簡単に売却可能な最低額と最高額を把握することが可能です。

  • ステップ2

市場価格だけは金額幅が大きいために決定的な交渉材料とはなりません。

そこで次にやってもらいたいのがを実際に自分の車がいくらになるのかの調査です。

これには実際に中古車買取業者に査定してもらう必要があります。

近隣の中古車買取業者にもっていって査定してもらうのもいいですが、1社だけの査定見積もりでは正確な価格を判断することはできません。

見積もり金額は業者によって違ってきます。

できるだけ正確な価格を知るためにも必ず複数社へ査定見積もりを依頼するようにしましょう。

でも、忙しい社会人が複数社にいちいち連絡してる暇はありません。その為に今ではネット上で多くの車一括査定サイトが運営されています。

この一括査定サイトは1度の申し込みで複数社への見積もり依頼が可能です。

見積もりには現地での査定が必要となってくるので見積依頼件数は考えどころですが、最低でも3社からの見積もりは必要でしょう。

時間を割くことにはなりますが、大事な交渉材料を得るためです。

一括査定サイト利用の流れ

一度の入力で複数者への一括査定が可能だといっても初めて利用する方には心配になることも出てくるでしょう。

今回は一括査定サイトを安心して利用してもらうためにも、一括査定サイト利用の流れを詳しく説明していくことにしましょう。

一括査定サイトによって多少の差異はあるかもしれませんが、申し込みから引渡しまでの流れは下記のとおりです。

  1. 車一括査定サイトにアクセス
  2. 選択したサイト上で車情報と個人情報を入力
  3. 査定訪問の日程調整
  4. 訪問査定
  5. 査定金額が提示
  6. 売却手続きに入る
  7. 車の引渡し
  8. 売却金額の送金が行われる

買取店に売らない場合の断り方

一括査定サイトを利用すればそのサイトに登録している中古車買取業者は1社見積もりでないことは当然わかっています。

ですからどうにか自社で買い取ろうと様々な営業をかけてきます。

査定した車が人気車であればあるほど営業は必死になってきます。

そこで心得ておいて欲しいのが売らない場合の断り方です。

一括査定サイトを利用すれば複数社から1社を選択しなければなりませんから、そのほかには断りを入れなければなりません。

また直ぐに売る気はなく、自分の車の査定価格だけを知るために利用する方もいるでしょう。

まず重要なのは、値段に納得行かないなどの理由で売らないと決めたら、直ぐに断りを入れることです。

業者はどうにかして買い取ろうとしているので、曖昧な態度を取っているといつまでもしつこく営業をかけてきます。

しかし、相手が売らないと態度をはっきりさせれば無駄な営業はかけてきません。

売らない相手にいつまでも無駄な時間を割いている時間はないからです。

売らないと決めたら直ぐに断る。これでお互い無駄な時間に振り回されないためにも徹底するようにしましょう。

下取りと車一括査定のその比較 

ディーラー下取りと一括査定による買取とではどちらがお得なのでしょう?

車をできるだけ高く売却したいと考えられているならば、断然一括査定サイトを利用することで高い査定価格がすぐ提示されるでしょう。

しかし、売却は査定価格だけにこだわる方ばかりではありません。

高く売るなら車一括査定サイト

できるだけ高く売りたいとお考えならば断然、中古車買取業者に買い取ってもらう方がおすすめです。

しかし、中古車買取業者の査定金額が高いといってもすべての業者で同じ査定が出るわけではありません。

査定金額は各社違ってくるのです。

ですから中古車買取業者への買取を検討する際には複数社への見積依頼が必要となってくるのです。

一度の申し込みで複数社への見積依頼が可能な一括査定サイトを利用して、その中で一番条件のいい業者へ買い取ってもらえば一番いい条件での売却が可能になってきます。

一括査定サイトに登録している業者は相見積もりであることがわかっているので、商談を成功させようと自社の情報網を駆使するので、市場価格よりも頑張った見積となることだって少なくありません。

一括査定サイトならば下取りよりも確実に高い査定金額が出る中古車買取業者間で競争させることができるので、さらに高い金額での売却も期待できるというわけですね。

ディーラーで売ったほうが良いケース

中古車買取業者の買取は高い査定金額が期待できますが、新車購入と愛車の売却を別の業者で行うこととなります。

ディーラに全てを任せておけば何ら時間を割かれることのない、訪問査定、売却業者の選定、売却時の各種手続きのプロセスを別の業者とやり取りする必要があります。

下取りが10万少なくなっても時間の方が大事という方ならば、ディーラー下取りにメリットを見出だせることでしょう。

まとめ

ディーラーの下取りは手間が少ない分査定額にもう一声欲しい金額になってしまいがちです。手続きを簡略化する査定金額の指すさというコストを支払っているのです。

ですが、どうにか下取り金額を高くしたいと考えている方には、下取り金額の交渉材料を得るための利用をおすすめします。

一括見積もりサイトで出された見積もり金額を交渉材料として金額交渉に望めばいいのです。

ディーラーは中古車買取業者ほどの中古車販売力がありませんから同金額の提示は期待できませんが金額アップを引き出すことは可能です。

車の売却を検討している方には是非利用してもらいたいサービスの一つです。