読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱毛サロンが潰れる!?倒産や私的整理で契約はどうなるの?お金は返ってくる?

f:id:mukyoyo_na_k:20150824210544j:plain

せっかく契約した脱毛サロンが赤字で倒産してしまった。

脱毛を受けていて一番ショックな出来事ですよね。高いお金を払って契約したのに、最後まで脱毛する前にサービスが受けられなくなるなんて納得いかないはず。できれば払ったお金を返してもらいたい、そうでなければ別のサロンに引き継いで欲しい。

サロンが倒産・事業整理をしてしまった時、別サロンの紹介や払い戻しがあるのでしょうか?

大手も個人もダメなときはダメ

エステサロンの倒産なんて、個人サロンだけの話で大手は関係ないと思っていませんか?個人や小規模経営のサロンのほうが、廃業リスクは高いのは事実ですが大手サロンも決して安泰ではありません。むしろ顧客の規模が大きいぶん、経営悪化の影響はとても大きくなります。

そこで安全なサロンの探すことと同時に、何かあった時にどう対処するのかも知っておきましょう。

サロンが倒産した場合の注意点

契約者であるあなたは、残り回数分の料金を債権者としてサロンに請求することが出来ます。

しかし、その全てが保証されるわけでありません。サロンの財産を全ての債権者が、その債務の割合に応じて分け合うことになります。多くの場合、あなたが払った料金の殆どは返ってくることはありません。

また夜逃げや雲隠れをされると、債権者が債権を回収するために経営者を見つけ出差なくてはいけなくなるなど、その手間は計り知れなくなることに。

残念なことですが、会社が倒産した時点で個人で払った脱毛料金が回収できる見込みはほぼ0と言っていいです。倒産する前に事態を察知して、契約を解除して料金を回収するだけの嗅覚を身につけておきたいですね。

潰れたら契約者はどうなる?

こればかりは経営者の判断によりますが他のお店に乗り換えを勧められたり、別の会社が脱毛を引き継ぐことになるかもしれません。多くの場合、倒産したらそれまでなので、何か対応をしてくれるだけでもマシなのかも知れません。

私的整理・事業再生した場合

サロンが経営再建に向けて、債務の整理を始めている段階です。この段階では倒産することはありませんが、再建が軌道に乗らなかった場合、遅から早かれ潰れてしまうでしょう。

沈みかかった船を応急処置して、沈没を食い止めるか否かは経営者やそれに携わる人々の手腕にかかっています。が、契約者にとっては何も関係のない話です。

途中解約はできるの?

私的整理の時点で解約を申し出て、費用を回収するという手段もあります。当然お店も渋るでしょうが、脱毛サロンは受けていない施術費用は申し出があった場合、解約返金に応じなくてはいけないことになっています。

契約書の中に明確な記述があったとしても、法律で定めた以上の免責事項や違約金は無効として消費者の権利は認められます。 過去消費者トラブルの相次いだエステサロンは、現在契約に関する法律は契約者側に有利になるように整備されているので、諦めずに権利を主張してきましょう。

ただし、かなりの労力と法律的な知識が必要になります。「美容医療・エステ被害110番」を利用して美容トラブルに強い弁護士に相談に乗ってもらいましょう。

リスク回避のために

脱毛サロンは脱毛の効果が出るのに時間がかるため、長期間通わなくてはいけません。当然期間が3年4年と延びるにしたがって、景気や流行の変化でサロンの経営が傾くかもしれないのです。

高いお金を払っても、効果を感じることなくお店がなくなってしまうなんて、考えたくもありませんよね。短期間で速く効果の出る脱毛を契約しないと、安心して施術が受けられません。

1年から2年で完了する脱毛方法を選んで、安心してスピーディに施術を受けてしまいましょう。