お名前.comデスクトップクラウドをMacで利用したのでレビュー 利用方法や使用感について

f:id:mukyoyo_na_k:20150111020804j:plain

macでwindowsを利用する今最もアツイサービス、デスクトップクラウド。
リモートデスクトップのクラウド版です。
お名前.comのデスクトップクラウドは自前でWinPCを用意しなくても利用できるのが強み。

今回はお名前.comデスクトップクラウドを利用してみたので、簡単な導入方法と使用感のレポートをしたいと思います。

まずは利用登録

お名前.com Windowsデスクトップへアクセスしてください。

f:id:mukyoyo_na_k:20150110231939p:plain

お申し込みに進み、利用したいサービスを選択します。最低プランは「メモリ1GB/HDD50GB」プランから。

f:id:mukyoyo_na_k:20150110232009j:plain

お名前.comの非会員なら登録をしてください。

それ以外の特別な登録は必要ありません。
利用規約にチェックして申し込めば登録アドレスに仮登録メールが届きます。

仮登録メール受信後、10分〜2時間後IDとパスワードが記載されたメールが届けば利用開始です。

f:id:mukyoyo_na_k:20150110232120p:plain

メールが届いたらサーバーNaviにログインして左サイドバーの「ご利用サービス確認」>デスクトップクラウドforWindows>リモートデスクトップ接続情報の内容をメモしておく。

Microsoft Remote Desktopのダウンロード

Macでデスクトップクラウドを利用するためには「Microsoft Remote Desktop」が必要なのでダウンロードしてください。

Microsoft Remote Desktop を Mac App Store で

アプリを起動。

f:id:mukyoyo_na_k:20150110232445j:plain

アプリを起動してNEWのアイコンをクリック。

f:id:mukyoyo_na_k:20150110232532p:plain

- -
Connection name 名前を入れてねっミ☆
PC name 接続情報の「接続先」
User name 接続情報の「ユーザー名」
Password 接続情報の「パスワード」

ウィンドウを閉じる

My Desktopに追加されるので、クリックして起動。

証明書を検証とポップアップしたら「Continue」を押す。

しばらく画面が暗転したままですがすぐにwindowsの画面に切り替わります。

以上で設定完了!Mac上でwindowsが利用できるようになりました。

f:id:mukyoyo_na_k:20150110232840j:plain

レビュー

タイプのラグもほとんどありません。応答性も良好で、アプリ起動のイライラもありませんでした。
ウィンドウも自由にサイズが変えられるのでぱっと見、仮想化との違いはほとんど見られません。

また、仮想化と違いMac側のリソースを使わない・独立したPCなので動作不具合も起きにくい。
反面回線速度に環境が依存するので通信環境の整備が必須。特に出先では注意が必要です。

リモートデスクトップの注意点としてデータがコピペでMacに移動できません。
仮想化と違い画面は表示されているものの、起動しているPCは違う場所にあるのですから当たり前ですね。
ですので、外部ストレージも使えません。
データの受け渡しはクラウドサービスかメールを利用するしかなさそうですね。

Macとのシームレスな連携というよりも、お互い独立した目的での利用に向いています。

メリット:デメリット

- - - -
メリット PC環境に依存しない安定した動作 別筐体へのデータ保存なので物理的破損のリスクが低い アップデートやセキュリティは運営側で行ってくれている
デメリット 回線速度に依存 データの受け渡しに一手間かかる 月額利用料が発生する

まとめ

以上お名前.comデスクトップクラウドの導入とレビューです。

感想としては非常に面白いサービスですね。短期間だけWindowsが使いたい人、windowsをお試しで使ってみたい人、別PCはおろかインストールディスクすら持ちたくないわ!っていう人はいかがですか?

お名前Windowsデスクトップ