格安SIM+白ロムでテザリングをする方法は?抜け道はあるの?

f:id:mukyoyo_na_k:20150907195555j:plain

格安SIMを契約したのに、もしテザリングが出来なかったら?

そんなことにならないように、このページに必ず目を通してください。

白ロム使いは大変

格安SIMを検討する時、手持ちのスマホをそのまま利用したいと思う人は少なくありません。

月々の利用料金が安くても、スマホに数万円も出したくない気持は良くわかります。年間数万円安くなると言われても、先立つものがないとスマホなんて簡単には買えませんよね。

最新機種の性能に慣れた人は、性能に劣る格安スマホを使いたくない気持ちもあるでしょう。

だけど白ロムを利用するときに立ちはだかるテザリングの問題は、誰もが頭を悩ませます。月の料金は安くなっても、同じように使いたいと思うのは人として当然ですからねー。

白ロムは基本テザリングできない

docomo版iPhoneがiOS8以上でテザリングが可能など少ない例外をのぞいて、白ロムスマホはテザリングが出来ません。

これはテザリングAPNが強制的にdocomoやauに切り替わるのが原因。APNの自動切り替えはキャリアがかけた第2のSIMロックといわれて問題視されています。お金を払って買った端末なのにその機能の全てを利用させない機能なのです。

これを突破するにはRootとよばれるOSの改造を必要するので、スマホに関する高い専門知識が要求されます。格安SIM+白ロムのテザリングは多くのユーザーにとってハードルが高いことだったのです。

テザリングを可能にするアプリEasy Tether

しかし、白ロムはテザリングできない、以上!で終わっては芸がありません。

Androidスマホの最大のメリットは、世界中に凄腕のプログラマやマニアいて、日々新しいソフトを開発していること。昨日できなかったことが今日にはできるようになっている。Easy Tetherもまさにそんなアプリ。

f:id:mukyoyo_na_k:20150907195952j:plain

Easy Tether Lite (No root) - Google Play の Android アプリ

事実、このEasy Tetherのお陰で今まで不可能か一部の人にしかできなかった白ロムテザリングが、数ステップで可能となりました。

デメリットは、有料(1,300円)、表記が英語、設定にちょっとだけ手間がかかること。

無料版もありますが制限が多いので、テスト用と割り切った方がいいですね。

有料版は買い切り1,300円。格安スマホを買うことを考えれば、その値段は格安といえます。

SIMロック解除は義務化したけれど…

2015年5月からシムロック解除が義務化されました。ですが、先程も書いたようにテザリングロックは解除してくれないのが実態。

そしてEasy Tetherもあくまで抜け道の1つです。今後OSのアップデートや開発者都合による開発中止でいつアプリが利用できなくなるかはわかりません。過去にあったテザリングアプリも開発中止や削除に見舞われてきたので、EasyTetherも安心という保証はないのです。

Easy Tehterで今手持ちの白ロムを利用してスマホ代を節約しつつ、買い替えの時に縛りや制限のないSIMフリー端末の購入も検討してください。頼り過ぎは禁物です。

まとめ

iPhoneなど一部のスマホを除く、白ロムのテザリングは、アプリの利用やスマホの改造が必要なので、ちょっと敷居が高い。

実際EasyTetherも使ってみると、スマホや英語が苦手な人にはとっつきにくいと思います。それだけの手間をかけてテザリングができるのが白ロム。

抜け道や裏ワザには色々と制約がつきものという話でした。

格安SIM+白ロムでテザリングができない!抜け道は?方法はある?あります、ひと手間必要ですが。