読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今更見たアナと雪の女王「ハンス王子」の人々を魅了するテクニック

今更だけどようやく見ました、【アナと雪の女王】

見てない人はネタバレになるから注意してね。

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
アナと雪の女王

為政者として完璧な素質を備えてたハンス王子

テーマソングの「ありのままの〜」ってフレーズしか知らない情弱な俺が重い腰を上げて視聴したこのディズニー映画。

すごいですねー、3Dなのに一目でディズニーキャラクターってわかるデザイン。とにかく表情が豊かでその顔にミッキーやその仲間たちの面影があるんですよ。日本のアニメも悪くはないですけど、映像演出やストーリーの密度の高さはさすがの一言。

色々と感想はありますが、今回はとにかく印象深かった「ハンス王子」のアナや家臣、国民さえも魅了した人心掌握術。 作品の完成度もさることながら、とにかく彼のキャラクタの完成度に衝撃を受けてしまいました。

悪党としての役割さえなければ間違いなく素晴らしい王様になっていたでしょうね。っていうか為政者として完璧な人材だと俺は思う。

アナを1日で口説き落とすテクニック

この作品の何がすごいって、ハンス王子が終盤まで悪役だと誰にも思わせないほど徹底した善人を演じていたことですね。

初対面の「運命の人」を予感させるやり取りから、お城の舞踏会でのアナとの邂逅、同社の作品「シンデレラ」のシンデレラと王子様の出会いを想起させる(とは言ってもアナの方は賑やか)やりとり。そこには「アナ」だけじゃなく、視聴者のほぼ全てに「ハンス王子」が運命の人と思わせるテクニックが詰まっています。

世間知らずで落ち着きないアナの全てに理解を示し共感

ハンス王子はとにかくアナの言うこと全てに肯定的な言葉を投げかけ、彼女の境遇(姉エルサが自分から距離を取っている)に自分も同じような境遇であることを伝えて共感をしていた。

アナのサンドイッチが好きっていうセリフに、僕もだ!と爽やかに答える彼のどこに悪意があるのだろうか?そう思わせるほど彼は清廉な人物を演じきりアナを魅了して、たった1日で結婚してもいいと思わせるまでに至った。

アナの精神的な未熟さや世間知らず(これは家庭の要因)も手伝ったが、それでもこの時点でハンス王子が悪党などとアナどころか視聴者でも思うまい。

冬に閉ざされた国の指導者として精神的な支柱に

魔法を暴走させ行方をくらませたエルサを説得すべくアナは姉を追うことを決意し、ハンス王子に国を任せて旅立った。大抵の小悪党ならこの辺で尻尾を見せるが、彼は寒さに震える国民に衣類や食事を提供し、その救済事業にケチをつけてくる隣国の大使に「国を任された責務」を宣言してはねのける。

どこから見ても正義感の塊のような王子でした。

ついに彼は王家の家臣たちにも信頼され、アナの捜索に自ら進み出る王子に「あなたにもしものことがあったら、この国の指導者を失う」と言い寄られるまでになる。

彼は徹底して民衆や家臣たちの信頼を勝ち取るよう、常に人が何を求めているのか欲しているのかを理解して行動していた。 愚直にニーズ(指導者を求めているという渇望)と共感(国難に苦しむ国民に対する慈悲)を満たしていたのです。

女王よりも信頼の厚い人物となる

最終局面では女王であるエルサよりも家臣たちに指導者として認められており、アナが亡くなったと嘘の報告を受けた家臣がハンス王子を国王として迎え入れようとします。ついにはハンス王子がエルサを除くよう命じると家臣たちは躊躇なく彼女に凶刃を向けたのです。

エルサの魔法よりも強力なハンス王子の魔法

エルサは魔法で自分の国を氷で閉ざしましたが、ハンス王子は信頼で国に魔法をかけました。エルサとアナの姉妹愛にストーリーはクローズアップされていますが、俺はハンス王子の方がよっぽど強力な魔法使いじゃないかという印象さえ受けました。

彼のニーズを満たす行動力と、心の隙間を埋める共感力は、人間誰しももち合わせる強力な魔法ですね。実際彼ほどスケールがでかい魔法が使えたら歴史に名が残せるでしょうが。

まとめ

かなり今更感のある「アナと雪の女王」のハンス王子考察。多分同じこと言ってる人が他にもたくさんいるかもしれないけど、どうしても書きたかったから書いちゃいました。

ディズニーらしからぬ悪役キャラとして名を残すであろうハンス王子。人間性はともかく、その立ち回りは見習うべきところは多くあるでしょうね。もちろん根底に悪意を持った人心掌握は最低の行為だからやっちゃいけないぜ?

アナ雪の最後のシーンであるように、真実の愛の前には上っ面の信頼なんて歯が立たないんだからね。