読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてハゲるの?ストレスと遺伝に振り回される30代の苦悩

f:id:mukyoyo_na_k:20150821232002j:plain

ネットの発達娯楽の多様化で買い物も暇つぶしもイージーなのに、何故か髪の毛に厳しい現代社会。

子どもの進学のため、先行きが暗い老後のため、日々毛根をすり減らして戦い続けるお父さん。

出産育児、家事に加えて、女性の社会進出の旗印のもと労働にまで駆りだされて毛根を捧げるお母さん。

幸せで豊かな生活を夢見て、就職や結婚をしたのにどうして髪の毛を気にしながら生きていかないといけないのか?理不尽なストレスや、避けようのない先祖の遺伝に枕を濡らす夜を過ごす人も多いでしょう。

そのような中、自分は安心とタカをくくっている、フサフサの皆さんも注意してください。一億総ハゲの時代は、もうすぐそこまで近づいてきているのです(言い過ぎ)。

あらゆることに余裕のない時代

交通網の発達で、東海道新幹線は名古屋-東京間を2時間以下で行き来し、LCCの台頭で東京-沖縄間も日帰り感覚で遊びに行ける時代になりました。

スマートフォンの普及によって、手元でいつでもニュースを手に入れ、スキマ時間もゲームやアプリのお陰で暇を持て余すこともありません。僅かなスキマ時間もみんなこぞって、何かをすることで、1秒もムダにしない生活が「デキる大人」の生き方になっています。

僕たちはマグロ、燃料は髪の毛

最近では、睡眠を削って活動時間を増やして、自己啓発に励みましょうなんて恐ろしいことを勧める人もいます。

寝る間も惜しんで、自己啓発や学習して高みを目指し、更に勉強してもっと上を目指すことは勧めても、その行き着く先が何かはどの自己啓発書にも載っていません。ただ、マグロのように泳ぎ続けよと急き立ててくるのです。皆が頑張って仕事や経済を回すことはとても良いことですが、それと同じくらい自分を大切にすることをわすれています。

お金は稼げますが、髪の毛は稼げません。自己啓発や暇つぶしのスマホも大事ですが、それと同時にあらゆることから離れてストレスから逃れる時間も大切。時は毛なり、です。

時間がないのは皆同じ

こういうことを言うと、誰もが自分の自由な時間を作れるほど暇人じゃない、というお叱りを受けそうですが時間をマネジメントできる能力がある人こそ、成功する人であって、あらゆることを精力的に楽しめる人です。忙しいのはみんな一緒。その中で時間を作って、ストレスや疲労がのしかかる自分をいたわるからこそ、仕事や自己啓発、家事のパフォーマンスをあげることができるのではないのでしょうか。

たまには読書や勉強の時間を、自分の身体のために使ってあげるのも、立派な自己啓発の時間だとおもいます。

悲鳴を上げるあなたの身体と毛根を、もっと大切にしてあげてください。

ハゲないためには?

とはいえ、時間を作れストレスから休め離れろでは、日々休みなく働いている人への配慮にかけているのも事実。できたら苦労しないよ、とお怒りの声が聞こえてきそうです。

そこで、時間がない人が少しでもハゲない、ハゲの進行を遅らせるためにできるアクションを提案します。

湯シャン

最近、自然は健康志向の有名人を中心に人気の湯シャン。

古くからの実践者として作家の五木寛之さんがいましたが、近年はタレントのタモリさんが実践していたことがネットを中心にひろまり、タモリ式入浴法とともに一気に知名度が上がった頭皮ケアです。

実践方法は単純、40℃のシャワーで3分間頭をマッサージして皮脂を洗い流すだけ。余計な皮脂を洗い流さずシャンプーの成分で頭皮を傷つけないため、毛が強くなり抜け毛に効果があるという触れ込みから、薄毛に悩む人だけでなく、髪の毛を綺麗に保とうとする女性の間でも実践者が増えてきています。

反面臭いやテカリは発生しますし、入浴後のさっぱり感には欠けるので、湿気の高い梅雨〜夏にかけて不快感が増したり、臭いで周りに不快な思いをさせる可能性もあります。

実践者の体験談を見る限り定期的にシャンプーや石鹸で洗うなど、自分なりにアレンジしている人が多いですね。

自分は、3ヶ月ほど続けていましたが、妻に臭いを指摘されてからやめました。

確かに髪の毛は強くなり頭皮の状態も良くなったのですが、周りに不快感を与えるようではいけませんからね。

湯シャンに挑戦する人は、見た目や臭いには注意しましょう。ハゲより、くさいほうがよっぽど嫌われます。

食生活の改善

20代から30代の独身は食生活の乱れと偏食による、頭髪のダメージに注意してください。吉野家やコンビニ弁当、マクドナルドは安くて手軽。高カロリーの食事は味も濃く食べごたえも満点です。ですが、余り脂っこいものばかり食べているとドロドロ血液になって、毛細血管の血の巡りが悪くなり毛根に栄養が届かなくなってしまいます。

外食をするとしても和食メニューや揚げてない鶏肉を選んで、肥満やドロドロ血液から遠ざかる食生活を心がけることが重要です。

髪の毛は天から降ってくるものではありません。あなたの毛根から生えてくるものです。毎日は無理でも、週に1,2食は和食を心がけてください。

タバコはほどほどに

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があります。これは毛根の血管を細くし髪の毛の栄養状態を悪化させます。ビタミンCも壊されて髪の毛に必要な栄養素が不足し、髪の毛が文字通り枯れてしまうなどハゲにとってタバコは忌避娯楽なのです。

タバコぐらい自由に吸いたい人にまで禁煙は勧めませんが、やめておくべき習慣の1つであることだけは覚えておいてください。

ありのままのハゲと付き合う

f:id:mukyoyo_na_k:20150821232235j:plain

今はボウズもオシャレの1つとして受け入れられている時代ですから、ハゲが気になったら、オシャレなボウスを選択するのもひとつの手段です。ハゲは男性ホルモンが影響していると言われているので、その分髭がしっかりしている人も少なくありません。

ボウズにして頭の毛が寂しくなった分、ヒゲをデザインしてオシャレを演出するのも楽しみ方の1つです。

そのばいい周りの人が少しでも早くボウズの自分に慣れてくれるように、早めにボウスに踏み切ってください。オシャレでボウズをしているって思わせてハゲを隠しておくのことは、少しも恥ずかしいことではありません。

場合によってはカミングアウトしてしまい、ハゲキャラ化するという手も。しかし、周りからバカにされていじられるデメリットもあります。

若ハゲは食い止めて

ハゲの中でも、20代前半から進行する若ハゲだけは、なんとしても食い止めておきたいものです。

若くしてハゲてしまうのは、恋愛や結婚に大きな影響を与えますから、育毛剤や育毛プログラムなどを受けて改善したほうがいいです。意中の相手に思い切って告白したのに「性格はいいけど、ハゲは無理なの、ごめんなさい」ではあまりに可愛そう。

遺伝的に食い止められなくても、育毛剤で進行を遅くさせることは可能なので、遺伝だからと諦めて放置することだけはやめてください。中身を知ってもらうためには、外見で弾かれないようにしておかないと、あなたがどんなに中身が素晴らしい人物でも選択肢に入れないのが現実なのです。

中身を見ない相手なんか、お断りだ!と思うかもしれませんが、初めは外見で興味を持ってくれた相手も、交際を重ねるごとにあなたの内面を好きになり、関係が深まるころにはハゲなんて気にしなくなる人も少なくありませんからねー。

ケアしても進行が食い止められないときは、おしゃれボウズかありのままの自分でぶつかりましょう。

女性のハゲ・薄毛はちょっと深刻

男のハゲはボウズやネタキャラに逃げられますが、女性は逃げ道がないので深刻な問題になります。

男性にはないホルモンバランスの崩れや、妊娠出産、頻繁なヘアスタイリングによるダメージの蓄積など、生活に密接した原因が多いため男性以上にケアも大変です。

髪の毛のケアは男性以上に気を使っている人が多いので、ここでの言及はさけますが

  • ドライヤーの当てすぎ
  • タバコの吸い過ぎ
  • 睡眠不足

以上の3つに当てはまる人は特に注意してください。

ストレスを感じないようにするのが一番ですが、家事育児に加えて仕事によるストレスを抱える女性に、ストレスを溜めないと言うのは無茶な要求です。ストレスの緩和のための時間も持ちつつ、今できるストレス源や薄毛リスクの緩和をしていくほうが、女性にとってはプレッシャーのかからないハゲ対策であると考えます。

加えて、育毛に良い食事や育毛剤を男性以上に積極的に取り入れてあげてください。

もちろん1人で悩まず旦那さんと相談して、薄毛対策のプログラムや栄養相談を利用してみるのも1つの方法ですよ。旦那としても、妻が薄毛に悩む姿はみたくないですからね。

まとめ

髪の毛を燃料に効率を追い求める現代社会。その中で自分たちの毛を守るためにできることを今からやりましょう。

生活習慣の改善やサプリで解決できる薄毛もあります。

自分の髪の毛がなくなってから慌てて行動しては手遅れです。ちょっとおかしいと思ったらスグに対応できるように、毎日鏡の前でチェックしてあげてください。