読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男がしておきたい脱毛部位は、ヒゲとケツ毛!Oラインだけでもやっておくべき理由

f:id:mukyoyo_na_k:20160912230436j:plain

男が脱毛するなら、ヒゲとケツ毛を抑えておけば後はご自由に。

ですがヒゲを完全に脱毛してしまうと、将来髭でオシャレをしたくてもできなくなってしまうため、効果が永久ではないサロンの光脱毛のほうが良いこともあります。

反対にケツ毛とも呼ばれる肛門周りの毛は、将来、介護や生活介助を受けるときに衛生面から永久脱毛しておくべき箇所です。

自分の将来の姿を想像して、永久脱毛や光脱毛を適切に取り入れいくといいでしょう。

男性ヒゲ脱毛 - 男ならではの悩み

女性の脱毛に比べると盛り上りに欠けるというか、脱毛すること自体がナルシスト的に見られてしまいがちな男性脱毛。

以前サロンで聞いた話では、男性で脱毛をする人は20、30代は異性を意識して、40、50代はお金に余裕ができてから身分相応の身なりになりたくて、受けるのだそうです。

どちらにしても脱毛を受ける人の多くは、自分自身の身なりに意識を向けていて、コンプレックスあるなしに関係なく、周りからカッコよく清潔に見られたい意識が高い人です。

とは言え男らしさのシンボルとも言えるヒゲを、脱毛してしまうことに抵抗感がある人もいるでしょう。

女性とは違い男性の体毛は単純にムダとは言い切れない複雑な存在ですので、自分の目的にあった正しい脱毛法を選択肢ないと後悔する事になります。

レーザーを利用するか、光にするのか?形を整えることを目的に美容電気脱毛を選ぶのか?10年以上先の自分のヒゲの姿をイメージして脱毛方法を選ぶことが重要です。

尻毛・ケツ毛 – 絶対に脱毛するべき箇所

肛門周りのムダ毛、Oラインは将来介護で下の世話を介助者にしてもらう際、汚れが拭き取りにくく、清潔を保ちにくい箇所となるためお金と時間に余裕があるなら積極的に受けるべきポイントだといえます。

男性向けのVIOを施術してくれるクリニックが増えてきたので、まとめて脱毛しても良いのですが、クリニックによっては竿や袋を施術対象外にしています。

人によってはビキニラインはキレイに整っているのに、竿や袋に縮れ毛が残ってしまうためムダ毛が目立つことになるかもしれません。

メンズリゼクリニックは男性器(竿袋とその周り)も脱毛可能部位と明確にサイトに表記している数少ないクリニックです。

どこのお店もVIOの3部位セットでお得なコースを提供していますが、袋や竿までまとめて施術してもらいたいなら、カウンセリングを受ける前に質問しておきましょう。

ただ最低限OとIが処理できていれば、普段の生活からその恩恵が受けられますので、あまり神経質になりすぎるのもよくありません。

男性脱毛で注意すること

男性脱毛で最も注意しなくてはいけないポイントは、日焼けです。

サマーシーズンの脱毛サロンで施術を断る理由で最も多いのが、日焼けによる照射不可。特に男性は野外で活動する機会も多く、女性とくらべて紫外線対策に無頓着なため知らないうちに照射不可の状態になるまで日焼けをしてしまうこともあります。

お尻やOラインを日焼けする人はいなくても、顔は日焼けしやすい箇所ですので注意してくださいね。

通院中は外出時に日焼け防止を意識付けるようにしておきたいです。

次いで注意したいのはニキビや吹き出物。

男性ホルモンの影響で皮脂が分泌されやすく、ニキビや吹き出物が出やすいため、その周りだけ施術してもらえない可能性もあります。

とくに口周りが荒れやすい人は要注意ですね。

施術の刺激で炎症が悪化するなど、思わぬ肌トラブルも起こることもあるため、ニキビの出来やすい体質の人は、医師が常駐するクリニックがおすすめです。

事前の医師の診察や、トラブル発生時の薬の処方など、病院として対応してくれます。

結局男性脱毛はどこへ通えばいいの?

男性が脱毛を受けようと思い立つ理由の一つに、女性からよく見られたいという気持ちが存在します。

しかし脱毛サロンは女性に大きく需要が偏り、男性向け脱毛をしているサロンやクリニックも多くの場合、女性脱毛と併設しているのは良くある話です。

スタッフや施術スタッフにも女性が多く、コンプレックスがあって女性の目が気になる男性にとっては入るにも通うにも抵抗感があるのもわかります。

最近はそこに商機を見いだし、RINKX(リンクス)のように施術から受付スタッフまですべて男性の脱毛サロンも登場してきています。

残念なことにレーザー脱毛を受けたい場合、スタッフ全員男のクリニックは存在しません。男性専門院を展開している美容クリニックはありますが、スタッフは男女混合が多く担当医・施術スタッフの性別を選ぶこともできません。

VIOラインのように、異性に見せるには抵抗感の強い施術ほど男性スタッフが施術してくれるとありがたいのですが、脱毛効果の高い美容クリニックではそれが叶わないのがもったいないと思います。

特にVIOラインこそクリニックで受けるべき箇所ですから、なおさらです。

歳をとった時に女医さんや女性看護師にお尻を見せる予行練習だと思って、脱毛に臨んで下さい。

ヒゲ脱毛オススメ

ヒゲの存在が許せない、ヒゲ剃りから開放されたい人はクリニックのレーザー脱毛を受けましょう。対費用効果の最も高い脱毛で、コース料金は一見高額ですがサロン脱毛の4分の1の施術回数で完了するため、結果的には同額や安上がりです。

湘南美容外科クリニックのように、鼻下・あご・あご下のヒゲ脱毛基本3部位を4年間回数無制限の通い放題で税込み69,800円など、定額制を用意している病院もあります。

人間の最も頑丈な毛でもある、ヒゲは施術完了までに2年半~3年はかかるので、4年間回数無制限で通えるのは、仕事が忙しい人でも安心して通える仕組みといえますね。

永久的なヒゲの除去であればクリニックのレーザーが最もおすすめですが、今はヒゲ不要、でもまたヒゲを生やしたいっていう欲張りな人もいるでしょう。

それならサロン脱毛で永久ではない脱毛を選ぶというのも一つの手です。サロン脱毛ならリンクスのようなオール男性スタッフで経営するサロンなど、選択肢もクリニックより多くプランも豊富です。

またサロンは特別な時間を体験していただくサービス業という点で、その質の高さもクリックのそれとは違います。

クリニックは担当する施術者やスタッフの多くは医療従事者である看護師なので、サービス面ではその道のプロではありません。そもそも看護師さんに接待を要求するのはお門違いですので、そこはサロンと違って当然でしょう。

効果を求めるなら美容クリニック一択ですが、払うお金で特別な時間を買うことにステータスを感じたい人はサロンを検討するのも良いかもしれません。

ただ、男性は合理性や効率が最優先ですから、ヒゲを恒久的に脱毛したいか否かでクリニックかサロンを選ぶことになるかと思いますが。

ケツ毛バーガー脱毛のすすめ

レーザー脱毛で色素ギリギリまで施術して、絶縁針脱毛で残りの毛を脱毛するのが理想的です。

しかし絶縁針脱毛を施術してくれるクリニックが少なく、加えて料金も高額になるため、予算が限られているのなら少しの照射漏れには目をつぶる余裕が必要となります。

レーザー・光に関係なく脱毛をしているだけで生活の質が向上する部位ですので、臨時収入が入ったらぜひ挑戦してもらいたいですね。