読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚したい!非モテで非リアな男にとって最高のパートナーとは?

最強ヒーロー・ヒロイン 幼なじみ

f:id:mukyoyo_na_k:20150730232317j:plain

幼なじみと結婚しよう!(ここでいう幼なじみは異性を指します。同性は専門外です)

冗談じゃありません、本気で言ってます。

自分のことを知っている、ネガティブな所も「こんなものだろう」と達観している、何より一緒にいて気楽。長年の付き合いがあるから、互いの本性を隠して付き合う必要がない。

ロマンチックな恋愛や甘々の新婚生活は望めないけど、結婚生活の悩みの種でもある互いの価値観のすり合わせがスムーズなのもあります。パズルのピースが重なるような一体感がそこにはあります。

見てきたようなことを言っていると思われそうですが、実際経験してるのだから仕方がありません。

非モテの非リアが恋愛結婚するなら幼なじみ一択です。

親以外に自分を理解してくれる唯一の異性

異性の幼なじみは小さい頃から一緒に過ごしているので、ありのままを理解してくれやすい環境にいると言えます。

幼児の頃からの付き合いなら、それこそツーカーの仲になることも。自分のパートナー以外に別の幼なじみもいますが、数年ぶりにあっても「おう」の挨拶で全てが済みます。言葉では言い表せない信頼関係がそこにあるんですよね。

幼なじみ同士は、夫婦生活に必要な相互理解が初めから強固であることも強みでしょう。

異性と積極的に付き合えない男性は、自分が異性に比較されること下に見られることを極端に忌避する傾向にあるといわれています。傷つくくらいなら初めから恋愛なんて必要ないと考えるのは当然かもしれませんね。守りに入ることそのものは自分も悪いこととは思いません。

そういう弱い僕ちゃんを無条件で理解してくれるのは、親以外だと長年の知り合いでもある幼なじみ位なものです。付き合いの長さと、家族にはない程よい距離感が、あなたを不当に軽蔑することなくひとりの人格者として認めやすいのでしょう。親密は軽蔑を生むといわれるくらいですからね。程よい距離感と先入観なしに第三者視点で自分を冷静に評価してくれる異性なんて他にいるでしょうか?

選ばれる時のスタートラインが違う

恋愛ゲームみたいに無条件で好いてくれてるシチュエーションは期待できませんが、女性が男性を選ぶにあたって重要な容姿・性格・共通価値観は赤の他人と比較しても評価項目に手心を加えてくれます。

人は未知のものを選ぶ時、失敗しないよう慎重にリサーチしてから判断を下します。「3高や3C、3底」と呼ばれるような評価基準を高く設定することで、ひとつ失敗してもその損失を他で取り戻せるように保険をかけるのです。

現代社会の性質上、女性の結婚は多くの場合男性の経済力や影響力に「依存せざるを得ない」状況です。自分のキャリアを捨てて、見栄を捨ててパートナーとその子どもの生活をお世話する生き方が今なお大勢の世の中。パートナーとなる相手を厳しく審査するのはしかたのないことだと思います。冗談抜きで人生かかってますからね。

経済力に関しては手心を加えてくれるかわかりませんが、初めから人間性や容姿のことも受け入れてくれている幼なじみに、この人と一緒にいてもいいかな?と思わせる何かがあれば一気に傾いてくれる、かも?

自意識の強い非モテの非リアが合コンで女の子引っ掛けるよりは現実的だと思いますけどねー。ソースは私です(笑)

恋愛ゲームみたいな幼なじみはいないけど

甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるほど、世の中の幼なじみは優しくありません。

結局振り向いてもらうには自分からアプローチしないといけないのです。

ただ、そのアプローチを「きもーいwww」と無下にしないのが幼なじみのいいところ。

恋愛に積極的になれない人ほど、自分を意味もなく否定しない唯一の異性に一縷の望みをつなぎましょう。うざがられない程度に。自意識過剰な人ほど、調子に乗ってエスカレートしやすいですからね。向こうが嫌がらないのをみて、自己満でウザったいアプローチを続けたら逃げられるから気をつけてください。

幼なじみだからって、恋愛駆け引きが不要ってわけではありませんからね。

まとめ

最強のパートナー候補、幼なじみ。

外見がちょっとくらいワケありだったとしても、これだけあなたを理解してくれる異性は簡単には現れません。容姿も性格もひっくるめて人生の長い時間を一緒に過ごしてきたのですから、それがあと何十年延びてもいいじゃないですか。