がん治療で荒れて乾燥した肌にも使える保湿クリームはこれ!

f:id:mukyoyo_na_k:20150922094350j:plain

病気の治療の中でも長く辛い戦いになるのが、ガン治療。

今では小さな負担で手術をしたり、薬や放射線で治療をすることもできる凄い時代になりました。

でも、医学が急速に進歩しても人間の体が進化したわけではありません。健康な身体が受けることのないダメージを身体に受けたり、薬の副作用に悩まされる人もいます。

そんな病気による肌荒れ、特にガン治療の抗ガン剤による肌荒れにも使える、保湿クリームをロベクチンを紹介します。

根拠の無い天然信仰に惑わされない

私たちの国日本の歴史、特に芸術は、自然とともにありました。

古くから木造建築を通して、風土にあった建物を作り、それを1000年以上大切にする民族は他にありません。

それぞれの季節に美しさを俳句や絵画に多く残してきました。

あらゆるものに神が宿る八百万信仰も自然を尊敬する日本人の感性が生み出した文化と言えるでしょう。

しかし、その自然への畏怖が、無条件に自然から与えられる天然にむとんちゃくになってしまっているのが現代の私たちです。

自然から抽出された成分は、人に悪影響のない良い物だと無条件に信じる天然信仰が横行し、肌に合わず悪化した状態を人工物の毒素が抜けてきている「好転反応」と称して利用させ続ける悪質な思想まで生まれてきました。

私たちは、自然を大切にするべきですが、自然が全て私たちに良い影響を与えるものではないことを覚えておかなくてはいけません。

医学は科学

がん治療は科学です。

その医学は常に研究と治療の研究によって、私たちの生活を支えてくれています。

飲み薬や塗り薬も、たくさんの医者や研究者があつまって研究して生まれたものです。

ほんとうに良いものなのか、人に使えるものなのかを、実験を繰り返して作らなくてはいけません。医療現場で使われるものですから、厳しい研究を通過しないといけないのです。

いまあなたが使っているスキンケア用品は、病院でも使われているモノでしょうか?

ひどい肌荒れにも使える保湿クリーム

抗がん剤治療による乾燥肌、肌荒れに使う保湿クリームは医療の現場でも使われているモノを選ぶのが一番安心です。

皮膚の専門家が研究を重ねて安全が実証されたものがいいですね。

病院で実際にがん治療で使われているものであれば、同じ悩みを持つ人も安心して使えます。

アメリカの医療現場で認められたロベクチン

f:id:mukyoyo_na_k:20150922095448j:plain

抗がん剤治療による肌荒れにも使える低刺激の保湿クリーム、ロベクチン。

殆どの人が聞いたことが無い名前だと思います。実際、日本で販売され始めたのはつい最近のことです。

しかし、アメリカでは病院で医者が肌荒れに悩む患者に塗ってあげる保湿クリームとして使われている超低刺激保湿クリーム。

赤ちゃんにも安心して使えるくらいまで、人の肌にダメージを与える成分を含まないロベクチンは、アメリカの皮膚科学研究チームが医療用に安心して使える保湿クリームとして開発した正真正銘のドクターコスメ。

香りもファンケルの無添加コスメのように、リラックスとは程遠い匂いです。それはどんな肌質の人でも使えるように、余計な刺激物は入れないからこその香り。

医学の国アメリカの天然信仰によらない科学的な無添加コスメ。どんな保湿クリームをつけても、しみたり痛む肌にお悩みの方にオススメです。

■ロベクチン公式ページはこちら■

次の記事ではロベクチンを製造している会社や、アメリカの健康やコスメに対する意識を調べてまとめてあります。名前も知らないし…ロベクチンって大丈夫?って思う人はこちらもぜひ御覧ください。
■ひどい肌荒れでも使える保湿クリーム・ロベクチン。肌が荒れやすい生理期にも。■

*当サイトの画像は使用許可をとって掲載しております。無断使用・無断転載は厳禁です。
画像引用元:ロベクチン公式ページ