読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIMで使えるiPhone6白ロムがお買い得?6万円台で買えるのは今の内!

docomo版 iPhone 6 16GB ゴールド 白ロム Apple 4.7インチ

iPhone6のSIMフリーが円高でさらなる値上げがされた中、地味に値を下げてきているのがdocomo版iPhone6。最近MNP一括0円が増えてきて流通量が増えてきたようです。例年3月末が終わると一括案件が激減して、白ロム価格が上昇するので買うなら今の内ですよ。

ついにAmazonで白ロムが6万円台!

何気なくiPhone6の白ロム相場をチェックしていたら、amazonで7万円を下回るiPhone6を発見しました。

はじめは、使用済中古品だと思って覗いてみたら未使用新古品とあったので一瞬我が目を疑いましたね。

以前格安SIMと相性がいいとオススメしていたiPhone5cが値上がりしているiOS端末事情を見ると、6万円台後半で購入できるiPhone6のお買い得感が高まってきます

最新機種と、1年以上前の端末の価格差をどう見るかですが、個人的に今買うとしたら「6」を迷わず選びます。

iPhoneのSIMフリー価格は?

3月現在AppleストアでiPhone6SIMフリーは購入できません。なのに値上げだけはちゃっかりやっています。

グレード 定価 購入
iPhone5s 72,800
iPhone6 86,800 不可
iPhone6Plus 98,800 不可

半年前の発売時と比べて約2万円の値上げ。発売と同時に買った人はマジ勝ち組です。

SIMフリーとdocomo白ロムの違い

docomo版とSIMフリーの性能差ですが、iOS8であれば海外で使う以外日本国内の使用に影響はありません。強いて言えばY!mobile持ち込み新規とau系格安SIM「mineo」「UQ mobile」が利用できないくらいですね。

海外旅行で利用しない人はdocomo版でも十分です。俺はdocomo版iPhone5sを利用していますが、格安SIMで問題なく運用できています。テザリングも異常なく作動しますし、不便はまったく感じていません。

白ロムはいつまでも安くない

流通量が減れば価格は上昇します。特に白ロムは値動きが激しく1週間で価格が数千円変動することもしばしば。以前オススメしたiPhone5cなんて3万円前半が今では4万円後半になってます。

さらに今後の値動きの推測ですが

  • 三月末でキャリアMNP施作終了による流通量減少
  • Appleの再値上げによる白ロムの価格調整
  • 売却価格低下による携帯乞食のiPhoneホールド

と、値上がり圧力は十分です。

白ロムiPhone5sの値下がりの緩さを見ると、経験上これ以上待っても安く買える気がしません。1年待てば5万円台後半で買えるかもしれませんが、それまで待つかは個人の判断に委ねられます。

人気の6Plusも7万円台前半で販売されています。新品の価格差考えたらこっちも良い…。

まとめ

新型が出ても底値が硬いiPhoneシリーズですが、白ロムで買うならauモデルがおすすめです。

SIMロック解除もできるので、白ロムで書いながらSIMフリーとして利用できますよ!