読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オススメ!iPhone6Plusのケース選び/ポイントは落下防止と保護性能

スマホのケース選び。各社が色々なモデルを発売していて、何を選べばいいのかわかりませんよね。新しいスマホに変えたことで気が大きくなって、店員の言われるままに高額なケースを買ってしまい後悔したことある人も少なくないでしょう。

今回はiPhone6PlusのおすすめケースであるOmaker:iPhone6Plus保護ケースのレビューも交えてスマホのケース選びで抑えておきたいポイントをおさらいしていきましょう。

スマホはいつ落とすか分からない

普段何気なく触っているスマートフォン。サイズも大きく薄型化し、片手では握りにくくなってきています。使用中や取り出した時の不注意による落下は、常につきまとうリスクです。iPhone6Plusを高いお金を出して買ったのに、不注意で画面が蜘蛛の巣状に割れてしまったら。その精神的ダメージは計り知れません。

落とさないよう注意するに越した事はありませんが、いつも集中してスマホをいじっているわけでもないですよね。むしろスマホを利用する時ほどリラックスしていたり、逆に焦っていたりと落としやすい精神状態や環境のはず。

ケース選びも、高価な日用品であるスマホを確実に保護してあげられるモノを選びたいですよね。

iPhone6Plusのケース選びのポイント

iPhone6Plusはアップル初のファブレットとして、いつもカバンを持ち歩く女性や老眼が気になり始めたシニア層から高い人気を得ています。4インチ画面による表示文字の小ささがiPhoneシリーズの最大の不満点でした。それを解決してくれるiPhone6Plusが、人気を博すのも当然と言えば当然ですよね。

しかし、端末の大型化による落下ダメージの深刻化と薄型化によってホールド感が損なわれる落下リスクの上昇を招くことに。

以上のポイントから、スマホの特にiPhone6Plusに代表されるファブレット端末のケース選びで抑えたい項目は

  1. 手になじむ形状と滑りにくいグリップ機能
  2. 落下時にダメージを受けやすい側面を全周ガードする形状
  3. 落下ダメージを軽減する構造・素材

1台8万円はくだらないiPhone6Plusを完璧に保護するための条件を満たしつつ、日本人の品質に対するニーズを満たして、なおかつ安いケースはかなり少ないのが現状です。

iPhone6Plusのケース要件を全て満たしたケースはこれ!

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161006j:plain

OmakerのiPhone6Plusケースは、Amazonにて格安で簡単に手に入れられるケースでありながら、使いやすさと保護性能を満たすオススメのソフトケースです。

外箱・商品

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161325j:plain

ビビットなイエローの外箱ですが、商品は透明のソフトケースで透明度もかなりのもの。高品質なアルマイト処理で美しいiPhone6Plusのカラーを損なわない気遣いが感じられます。

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161025j:plain

ケース自体はPTUと呼ばれる軟質素材で非常に柔らかく、軽い力でぐにゃっと折り曲がりますが、形状記憶なのですぐに元の形に戻ります。Amazonの安いケースは取り付けると、ケースの中で本体がガタガタ動くような粗悪品も多い中、これはiPhone6Plusにフィットしてびくりとも動きません。

ケースを握って振り回しても本体が飛び出すことはありませんでした。ケースとして当たり前と思われるかもしれませんが、Amazonで買えるケースはその当たり前の品質さえ満たしていない商品も少なくないんですよね。

取り付け

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161006j:plain

モデルはiPhone6Plusのゴールド。中央に向かって緩やかにくびれていくラウンド加工のおかげで、握りやすさは非常に良好。軟質素材による手に吸い付くようなグリップ感も手伝い、ファブレット特有の持ちにくさは感じられません。

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161101j:plain

シボ加工は本体との接触面に施されているので、背面の手触りはつるっとしています。透明感も高いので、ご覧のようにiPhoneのシルエットを崩さず保護できます。高額なバンパーケースはスマホの原型をとどめないようなゴテゴテしたモデルも少なくないので、シンプルさを求める人にもオススメです。

スイッチ類の操作感

スイッチ類の操作感はかなり気になるポイントのはず。軟質素材が原因で、iPhoneの高級なクリック感が損なわれる懸念がありました。あの、カチカチっと小気味のいい操作感こそiPhoneの真骨頂ですから、そこがダメだとケースの保護性能が高くても使いたくなくなってしまいます。

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161150j:plain

OmakerのiPhone6Plusケースはボタン操作を邪魔しない加工により、ケースを装着していてもクリックの手応えがしっかり感じられました。

ただマナーモードスイッチがケースの厚みで奥まってしまって、操作がしにくいのが唯一の不満点でした。

角に厚みで保護力を向上

スマホの落下時に一番ダメージを受けやすいのは、端末の角。

妻も以前スマホを角から地面に落としてしまい、画面全体が蜘蛛の巣状に割れてしまいました。このように角をしっかり保護してあげる事がスマホの破損を防ぐ大切なポイントです。iPhone6Plusが高級なスマホでも、地面は容赦してくれません。

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161218j:plain

この保護ケースは傷つきやすい角をボリュームのある軟質素材がしっかりガードする事で、落下時の衝撃から本体を保護してくれます。最大で5mm程の肉厚なフォルムは、握りやすいラウンド形状のデザインと上手に調和しているので野暮ったさを感じさせません。

アクセスしやすいポート周り

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161240j:plain

イヤホンジャック周りの開口部を大きく取る事で、大抵のイヤホンが接続できるようになっていました。高価なケースでもイヤホン周りのデザインによっては使えない事があったりするので、こういう心配りは嬉しい限りですね。

ガラスフィルムとも相性のいいケース縁の段差

f:id:mukyoyo_na_k:20150502161252j:plain

ケースの縁が液晶面より2mmほど高く作られているので、画面から地面に落下してもダメージを受けにくい構造になっています。また、縁の厚みのおかげでフィルムの段差も気になりません。厚みがあるガラスフィルムとの相性も抜群です。

耐衝撃性の高いガラスフィルムで画面を保護しつつ、Omakerのケースで全周を保護すればあらゆる方向のダメージからiPhone6Plusを守る事が可能になります。

これで値段が700円!

Appleサポートに画面割れ修理を依頼したら、14,800円の修理費用がかかります。

OmakerのiPhone6Plusケースで100%画面や本体が傷つかない保証はできませんが、たった700円で修理費用を払うリスクを最小限にできるなら、それは無駄な出費と言えるでしょうか?

安さを追求するならいくらでも安いケースはありますが、落下時に外れやすかったり、衝撃を吸収できずに本体が破損するものも少なくありません。値段と性能のバランスから、Omakerのコストパフォーマンスは群を抜いて高いと言えます。

OmakerのiPhone6Plus保護ケースはこんな人にオススメ

  • iPhoneを手に持って出歩く人
  • ポケットやカバンからよく出し入れする人
  • スマホを落として角を傷つけたり、画面を破ったことがある人
  • AppleCare+に加入していない人
  • AppleCare+に入ってるけど画面割れに14,800円も払いたくない人

iPhone6Plusケース選びのまとめ

大切なiPhone6Plusを守るためのケース選び

  1. 握りやすく滑りにくいデザインと素材
  2. どの方向のダメージからも本体を守る全面保護タイプ
  3. 本体4角の保護は最重要
  4. iPhoneの高級な操作感を損なわないこと
  5. イヤホンやケーブル類の接続がしやすいデザイン
  6. やっぱり価格が大事

OMAKERのiPhone6plus保護ケースで大切なiPhone6Plusに傷がつかないように保護してあげましょう。ガラスフィルムとの相性もいいので、興味のある人は一緒に検討してみたらいかがでしょうか?

交通事故と同じで、自分は大丈夫と思っているとやってくるスマホの落下破損。自分のスマホは自分で守らなくてはいけません。壊してからケースを買っていては遅いのです。