新型iPodtouch6の容量選びと、100%活用するためのポケットWifi選び

f:id:mukyoyo_na_k:20170430192851p:plain

3年間の沈黙を経て発売された新型iPodtouch第6世代。

毎年Appleからモデルチェンジのアナウンスがなく、ヤキモキしていたファンも多かったと思います。来年のApple初売り福袋のハズレもこれで少しはマシになるのではないでしょうか?性能もiPhone6並なので、型遅れを掴まされたという怒りも少なくなるでしょう。なんせ、iPad mini3よりも性能が高いのですからねー。

画面サイズさえ気にならないのであれば、最安で買えるiOS端末として使い勝手の良いサブ端末や、iPhoneを欲しがる子どもに与える代表品としても十分に機能してくれることでしょう。

まさに正統進化です。

iPodtouchの簡単なおさらい

iPodtouchの性能については詳しく説明しているサイトが多数ありますので、ここでは簡単なスペックと容量の違いだけを紹介します。詳しいことはApple公式で確認するのが安心です。

iPod touch 第6世代

第6世代iPodは画面サイズ4インチと第5世代iPodと同じ大きさ。一見何も変わっていないように見えるので新鮮味はありませんが、中身は性能の底上げがなされた正常進化といえる仕上がりになっています。

第5世代と比較して大きく変化したのは、iPodの頭脳でもあるCPUがiPhone6と同じA8プロセッサを搭載していること。また、メインカメラが800メガピクセルに引き上げられフォト性能が大幅に引き上げられました。調べてみるとiPadAir2のメインカメラと同性能となっていました。

iPadAir2を所有している者として、カメラの性能をレビューすると夜間撮影に不満が出るものの自然光や明るい部屋での撮影なら実用的なカメラですね。なにせAppleは世界一カメラ(iPhone,iPad)を売ってる会社でもありますからねー。

価格は下の表にまとめておきました。

容量 価格 備考
16GB ¥24,800
32GB ¥29,800
64GB ¥36,800
128GB ¥48,800 Apple Storeのみ

プロダクト・レッドと128GBモデルのみApple Store限定の商品となります。

容量から見るiPodtouch選び

iPod touchを購入するときに一番気になるのはやっぱり容量です。

現在スマートフォン向けアプリケーションの容量は増加の一途をたどっています。ゲームによっては、2GB以上の容量が必要なものまであるくらいです。

しかも、第6世代のCPUはiPhone6と同等の性能。3Dゲームのプレイだって難なくこなしてしまうのですから、容量選択を間違えると折角買ったのに我慢をしないといけないことに。

そんなことがないように、自分の今持っているデータや入れたい音楽の容量をきちんと把握して+αの容量をきちんと選択したいですね。

音楽もゲームも入れない:16GB

16GBを選ぶ人はデータもアプリも、整理整頓できる片付け好き。iPodtouchはOSをインストールするために4GBほどストレージを必要とします。16GBモデルを勝っても実際に利用できるのは11〜12GBほど。

音楽は入れない、ゲームはやらない、こまめにアプリを消すなど自分なりの使い方がわかっている人には十分ですが、それ以外の人には最も向かないモデルです。

じゃあ、具体的にこの16GB何がいいの?という疑問が湧くでしょう。写真も残せない、ゲームや動画も入らない。そんな16GBのその最大のメリットは安いことです。

iPhone6sが8万円、iPadシリーズも4万円を超える中で3万円以下で買えるメリットは非常に大きい。そして、この16GBモデルこそポケットWifiとの相性がバツグンなモデルとなるのです。

音楽やゲームも楽しみたい:32GB

iTunesで音楽を管理している人にとって、32GBは最低限必要な容量ですね。16GBだと音楽を入れたらあっという間にストレージが一杯になってしまいます。

iPhone6と同じスペックですから、ゲームやアプリも利用したいはず。音楽の容量次第ですが、32GBあればスグにストレージが満杯になって困る!って事態だけは避けられます。ただ、最近のアプリのデータ量を考えると決して余裕があるとも言えません。

特に音楽データは知らない間に増え続けるので、余裕を持った容量選択が必要といえます。もし16GB以上音楽データをお持ちであれば32GBより上のモデルを検討をオススメします。

余裕のある容量:64GB以上

カメラ性能アップし連射機能のバーストモードで写真が楽しくなること間違いなしのiPod。このバーストモードが厄介で、一瞬で何十枚もの写真が撮影するため瞬く間に写真データが膨れ上がることに。

何の気なしにとってたら写真だけで2GB・3GBだって当たり前にあることです。バックアップを取りましょうと言えば簡単ですが、折角とった写真をいつでも見れる状態にしておきたい人だって多いはず。

面倒なバックアップ無しに、たくさんのデータを手元においておきたいなら64GB以上のモデルを選択したほうが色々と楽になりますね。また、第5世代からの買い替えユーザーも64GBが今後のことも考えると安心。

増えるデータを抱きとめてあげられるだけの器として、大容量のモデルを選ぶことは決して間違った選択ではないといえます。予算が許す限り一番よいものを買うのはお買い物の鉄則です。

サブや子どもに渡す端末として

iPodは別名電話のできないiPhone。モバイル通信機能とGPSを持たない以外、そのほとんどの機能がiPhoneと同じです。

今回の第6世代はtouchIDが搭載されなかったので、その部分でiPhoneとの差別化が図られていますが、目には見えない性能部分では現行スマートフォンと同等の性能を持っています。スマホの代名詞iPhone6と性能的に大差がないという点は、他の音楽プレーヤーには無い特徴で、その辺も含めてiPodtouchは無二の存在といえるかもしれません。

特にスマホを持ちたがる子どもに持たせる端末としてのiPodtouchは鉄板アイテム。自分の周りの、中学生くらいまでの子でiPhone代わりにiPod持たされているお子さんは複数人居ました。

子どもたちも親に高額なスマホ料金を払ってもらってiPhoneを持たなくても、iPodtouchとポケットWifiや格安SIM+SIMフリーWifiを組み合わせてLINEやメールアプリで友達との交流を楽しんでいましたね。

お年玉や誕生日プレゼントで手に入る現実的な金額なのも、iPodtouchがiPhone代わりとして人気がある理由だからでしょう。

ポケットWifiと組み合わせる

f:id:mukyoyo_na_k:20150803160427j:plain

最近の中高生、特に高校生は友達同士の交流や会話にスマホを利用する頻度が増えてきています。ケータイ電話で通話するよりLINEで会話するほうが重要なのです。

iPodtouchはスマホのように単独で通信はできないものの、モバイルWifiを利用することでスマホのようにメールやネットを利用できるようになります。

iPodtouchとポケットWifiを一緒に使う人が今でもたくさんいるのは、それだけお互い相性が良いと言う人が多い証拠でしょう。

では具体的に、iPodtouchにマッチするポケットWifiサービスは何なのでしょうか?

その前に公衆Wifiはどう?

スーパーやコンビニ、カフェなどで利用できる公衆Wifiを利用すれば接続料はタダです。セブンやスタバが有名ですね。

一番オトクな利用方法ですが、接続場所が限られるのがネック。ネットしたいときにキョロキョロWifiスポットを探しまわるのもたへんですよね。

月300円程の有料Wifiサービスだと、利用できる場所が増えるものの、そこから離れてしまえば繋がらなくなるのに変わりはありません。

急ぎでメールをチェックしたい調べ物をしたい時に使うもので、毎日の通信に利用するには不向きといえます。

やっぱりiPodにはWiMAXか?

16GBのところでも書きましたが、Wifi+iPodtouch運用は通信量の制限や速度と切り離せない問題です。

最近のスマホゲームもマシンパワーを必要とする物が増えてきており、新型iPodはそれを満たすハイスペックマシンに仕上がっています。それなのに通信機能がないせいで、携帯端末なのに外でプレイできないのがネックなのです。

だからこそのモバイルWifiなのですが、通信量の制限や速度制限で使いものにならないポケットwifiでは、クラウドや動画サービスを利用してiPodを楽しむことは出来ません。だからこそWiMAX2+なのです。

ビジネスシーンであれば、他のWifiでも十分なのですが、エンターテイメントを楽しむためには7GB制限や128kbpsの通信制限はご法度。速度制限後も5Mbpsで利用できるWiMAX2+だからこそ、エンタメマシンのiPodtouchとの相性がいいといえるのです。

ビジネスで扱うデータの大きさはせいぜい数メガバイトですが、エンタメで使うデータは数百メガ〜数ギガです。Wifiの性能は高いものを選んでくださいね。

iPodのWi-Fiルーター選びで抑えたいポイント!

iPodtouch6は、Apple商品の中でも性能に対して破格のコストパフォーマンスを発揮する端末です。しかし、iPodtouchもWi-Fiがなければその利便性が半減してしまいます。

だからこそiPodtouchの性能を使い切れるポケットWiFiの契約が必要となります。

連続通信を必要とするスマホゲームや、動画・クラウドミュージックの利用はiPodtouchで一番利用したいサービスのはずです。iPodtouchでリッチコンテンツを使いこなすには、相応の容量とスピードを提供してくれるWiMAXが最も適切な選択肢なのです。

WiMAXは通信量無制限で低料金!

WiMAXは通信量無制限と高速通信を提供するモバイルサービスであるため、月額料金が割高というレッテルを張られることがあります。

確かに近年は格安SIMの月3GB1,000円未満などの、激安なサービスが登場してきているので割高に映るのは消費者心理として当たり前でしょう。

しかし格安SIMサービスはWi-Fi端末を自分で用意する必要があること。そして通信量が増えるほどWiMAXのほうが割安になってくることを忘れてはいけません。

格安SIMの強みは自分の月の利用データ量に応じて自由に契約を変更できることですが、反面利用データ増えるとWiMAXと料金逆転が用意に起こってしまうデメリットも潜んでいます。

特にiPodtouchの用に、電話機能のない実質スマートフォンのような端末にとって外出先のデータ利用に制限が発生するのは何かと不便なものです。

動画一つ見るにも格安SIMの上限に注意するストレスがつきまといます。Youtubeのように端末にダウンロードできないサービスを利用する人ほど、月のデータ上限に悩まされるでしょう。

私は過去にdアニメで3日で7GB使いきってしまった経験から、データ量に縛られる格安SIMよりも通信の自由度が高いWiMAXをおすすめしています。

せっかくのお金を払ってリッチコンテンツを利用するのですから、制限に縛られず使いたいですからね。

まとめ

iPodtouch6は中途半端なタブレットよりも高性能で、使い勝手もよく、パズドラなどの人気スマホゲームも軽快に動く最安のiOS搭載端末です。

毎年モデルチェンジするiPhoneが高額であることを考えると、iPodtouch6の割安感が際立ちますね。

モバイルルーターと組み合わせて、そのポテンシャルを最大限に引き出してください。

▼WiMAXをはじめ、ポケットWiFiを詳しく知りたい人は▼

ポケットWiFiは無制限で使える?最安値おすすめTOP3を徹底比較!