読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事や給料に不満があるなら、転職・副業どっちをするべき?

副業は安定の本業があるから成り立つ

f:id:mukyoyo_na_k:20151027002653j:plain

もし自分の今の職場の環境や給料に不満を抱いている時、あなたは転職を選びますか?それとも副業を選びますか?

答えは簡単ではありませんが、仕事の評価や給与が安定していない状態でサイドビジネスを選ぶのは会社にバレるリスクも考慮するとあまりオススメできる選択肢ではないです。

職場への不満はサイドビジネスをすることで満たされることは絶対にありません。くわえて副業で収入得るなら、過度な仕事のストレスや不満はモチベーションそのものを落としかねません。

多くの成功した副業サラリーマンは会社への不満をバネに副業を成功させていますが、彼らの多くは非凡な才能を持つ特別な人達です。

副業は成果を得るまで本業以上にエネルギーが必要になります。そしてストレスも。あなたが副業をいずれ本業として独立したいと考えているのであれば別ですが、サラリーマンの身分は確保しつつ副業で稼ごうと思うなら、副業に打ち込むよりも本業そのものを見なおさないとどちらも疎かになって共倒れしてしまいます。

本業では使いものにならないお荷物社員、サイドビジネスも稼げないダメ経営者。残るのはそれだけです。

職場からの評価や給与の不満を解消するのであれば、副業よりも先に見なおすべきなのはもっと別のものではないでしょうか?

本業の安定が副業の安定

最近良く見るサラリーマン雇用の否定や不安定性の指摘をあなたはどう思いますか?

近年インターネットビジネスの拡大で、大きなリスク無しにたくさんの若者がネットを利用したビジネスで成功しています。彼らの多くは、今のサラリーマンの雇用形態や就労状況を見て「社畜」といって、バカにする傾向もあります。

ですが定職を持ち収入が安定していることは、新しいビジネスを始めるときのセーフティーネットになり、副業で稼いだお金を100%ビジネスに投資できる強みはあまり語られません。

フリーランスで生活している人たちは、収入の全てをビジネスに投資することはできないので、同じ10万円でもその価値は副業組と大きく違います。

副業組はその10万円を全て再投資できるのに対し、専業組は10万円の何割かは自分が生きていくのに使わなくてはいけません。彼らにとって収入は生活費であり、安定した収益のある副業サラリーマンとはお金の重みが違います。

今、収入が0円になっても副業組は生活が成り立たなくなるリスクが限りなく低いのです。

本給が安定していれば+月5万でも満足度が高い

専業にとって月5万円程度の収入では生活が成り立ちません。

しかし本業の給与が月20万あるとしたら、+5万円増えるだけでその恩恵は計り知れません。

5万円あれば家賃やクルマのローンの支払いにあてられます。子どもの塾や習い事も好きなだけ通わせられますよね。

なにより残業を気にせず定時に退社しても生活は安泰です。このようにサラリーマンにとって副業が与えてくれる収入は額が少なくても、その満足度は大きくなるのです。

注意したいのは、これも本業が安定していることが条件です。サービス残業まみれ、職場環境が劣悪な会社では副業を始める前にあなたの身体が壊れてしまいます。

安定した収入も、プラスαの副収入も本業が健全であることが大切なのです。

労働環境の改善から取り組む

会社という組織を外れて稼ぐ仕事の多くは不安定だったり、軌道に乗るのに時間と労力が必要になります。1日8時間を20日勤めて月20万の給料でも、あなたの働きの成果に左右されずその収入が保証されているのは、サラリーマン最大のメリットです。

会社は入社1ヶ月目で仕事ができなくてもでも給料が保証してくれるセーフティーネットと見ることもできます。

バブル以降、企業もいつ潰れつか分からないから不安定だと、言われていますが資本金も潤沢でマンパワーもある企業が生き残れない時代に、個人が生き残る確率の低さは皆あまり語りません。

ホリエモンやジョブズのような天才的な人物の発言や思想を、ネットで簡単に見れるようになった現代。自分も彼らと同じようになれると錯覚してしまいがちですが、非凡な才能は凡人にはやどりません。

デキる人と一緒になっただけで、自分がやれると思い込むのは危険です。何をするにも初めは堅実にセーフティーネットを構築して、自分の思い描くビジネスを形にしていくことも選択肢の1つにできる余裕が必要だと思います。

そのためには本業を安定させて、サイドビジネスに取り組める環境を構築してください。安定してストレスのない会社や職場に身を置いて、収入アップを目指して行動してください。

環境の悪い職場は得てして収入も悪い傾向にあります。その悪さをモチベーションに変換できる人もいますが、本業と副業に板挟みになって潰れてしまうことも。

どちらの結果も残らないリスクを取るのであれば、今確実に環境を整えられる本業を改善してください。

本業副業は車の両輪

企業は営利団体であって、慈善事業ではありません。会社の利益を最大化してそれを株主に還元するのが仕事です。あなたが望む待遇向上や職場の改善が望めない以上、あなたが消耗する前にアクションを起こす必要もあるのです。

副業もその一つの選択肢でしょう。もちろん転職を考えるのも間違いではありません。

ハッキリと申し上げられるのは、副業は本業はクルマの両輪でどちらのバランスが崩れても成り立たないということ。土日も仕事で潰れる環境で副業を始めたらいずれ過労で体を壊すでしょう。副業をしてたら、副業を理由に労災を却下されることだってあります。本業のバランスが大きく崩れている中で副業に取り組んでも成果は上がりません。

本業は靴に似ています。マラソンを完走するためにビーチサンダルを履く人はいません。同じように、どんなに目標を掲げても足元がしっかりしていないとゴールにたどり着くのは困難となります。

おわりに

自己啓発や著名人の言葉で、私たちは自分がなにか凄い人物になれるような錯覚をしてしまいがちですが、多くの場合は地道で堅実な積み重ねができる人でないと何事も何遂げられません。

お金を生み出す副業はなおさらです。それを本業にしている人がいる世界で副業としてやり遂げるためには、サラリーマンが持っている強みを活かして勝負するのです。足元を固めて着実に取り組めるよう、サラリーマンとしての自分を見なおす機会を持ってください。