読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭用脱毛という選択は結構メリットが多い!サロンよりもオススメ?

最近有名な家電量販店でも販売されるようになった家庭用脱毛器。自宅で脱毛できる点から、人気の広がりを見せています。

価格面で見ると6万円後半~10万円台前半がボリュームゾーンで、脱毛に通うよりも安価に脱毛に取り組めるのが特徴です。

お買い得な反面、性能で見ると流石にサロン用の脱毛器には負けてしまうのは仕方がないところでしょう。あちらは1台数百万円台後半ですので、1台10万円の家庭用脱毛器と比較して性能が落ちるとあればそれはそれで大問題です。

とは言いますが、サロン用の脱毛器は最新式の技術を利用している点もありますが、それ以上に連続使用や故障に強い余裕を持った設計を施されているのが高額化の理由の一つです。

家庭用脱毛器は1日30分程度動作すれば十分ですが、サロンの場合は毎日何十人ものお客さんに照射しないといけません。連続使用が数時間程度で動作不良を起こされてはサロンの人は商売上がったりです。

性能面もさることながら、長時間の安定動作する信頼性もサロン用の本格的な脱毛器には必要とされます。家庭用脱毛器と性能面で比べた際に、価格差は100倍ほどですが性能が100倍ということではないのです。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリットの一つが、自宅で自分が好きな時間に気になる部位を脱毛できることですね。

当然家庭用電源を利用し、素人が施術しても火傷しないレベルの出力まで絞られていますから、クリニックのレーザーやサロンの光脱毛機と同じ効果は期待できません。

ですが、サロンと違い予約の心配をしたり照射漏れがあった場合の再来店の調整など脱毛にありがちな煩わしい手間は一切ありません。

クリニックの脱毛に通っていても、3回中2回再照射していますから、照射漏れによる打ち直しというのはよくあることです。 そのたびにお店に連絡をとって事情を説明する必要があります。高いお金を払っているので、失敗したくありませんから施術後2週間ほどはいつも脱毛箇所を気にしていなくてはいけません。これは結構ストレスです。

脱毛の効果が低くても、家庭用脱毛器なら好きなタイミングで再照射ができますから、日々のスキンケアの延長線でムダ毛の処理が可能になりますね。

ストレス0の脱毛

脱毛をしたくてもサロンに通うのが恥ずかしいかったり、地方や田舎在住で脱毛サロンに通うのが大変だと美容に悪いストレスの原因となります。

特に近所づきあいが濃密な田舎になるほど、脱毛サロンに通っている事が知られたら奇異や妬みの目で見られたりすることも。パートナーが働いているのに、自分だけいい思いをしていると思われたりするかもしれません。

人に見せたくない、見られることがストレスになる人は、自宅でできる家庭用脱毛器と相性が抜群といえます。

またサロンやクリニックの脱毛は決して安くはありません。施術額が大きくなりすぎて、支払いが負担になることだってあります。

美容のために通っているのに、ストレスだらけになってしまったら、ムダ毛は処理できても肌や髪にはマイナスです。

なにより通販でも購入できるので、自分のへそくりでこっそり購入できてしまうところが大きいですね。主婦で数十万円のサロンをパートナーに無断で契約しようものなら、家族会議ものです。契約は隠せても、定期的に外出していると、別の方向で疑われる事になりかねません。

そういった別の意味で余計なストレスや問題を抱え込まないという点でも、家庭用脱毛器の手軽さは魅力的ですね。

パートナーの脱毛もしてあげられる

せっかく高いお金を出して家庭用脱毛器を購入するのですから、パートナーにも脱毛をおすすめして脱毛の世界に引きずり込むのも一つの手段です。

濃いヒゲやスネ毛がコンプレックスになっている男性も少なくありません。普段はプライドもあるので、自分のコンプレックを表には出しませんが、自宅に解消できるアイテムが有るのなら使ってみたくなるのが人情というものです。

それにヒゲソリを億劫に思ってる男性は少なくありません。家庭用脱毛器でひげ脱毛ができる等パートナーが想像しやすい理由をつければ、購入費用の半分くらいは負担してくれるかもしれませんよ。

それに男性はハマり症が多いので、一度脱毛の味を知ると女性以上にハマる可能性がありますから、あなた以上に脱毛に詳しくなるかもしれません。

まとめ

家庭用脱毛器は大きく分けて買いきりタイプと購入後専用ジェルの定期購入の2種類があります。

ここでおすすめするのは買いきりタイプの家庭用脱毛器です。専用ジェルなどを利用する脱毛器は、購入費用が安くても毎月購入するジェルがかなりの負担になります。

買いきりタイプなら1度購入してしまえば、後はカートリッジの交換くらいで、そのカートリッジも10万回以上照射可能なものばかりですのでランニングコストも割安です。

毎日コツコツ家庭で脱毛に取り組みたい人は、無理にサロンに通わなくても、性能の高い脱毛器を手に入れて自分の納得行く肌を目指して下さい。