読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの生活が行き着く果てとは?

f:id:mukyoyo_na_k:20150428201007j:plain

厳選した少ないものに囲まれて生きているミニマリストが行き着く先は、自己投資です。

物を持ちたくない、少ないもので暮らしたい、そう願って最小の生き方に行き着くと何が余るかといえばお金と時間。

ノイズの少ない生き方を選んだのだから

今後の自分にプラスにならないと思ったものは、潔く捨てればいい。
捨てれば捨てるほど、視界と思考からノイズが取り除かれ、本当にやりたいことが明らかになるからだ。
人生は余計なものを削ることで、自分らしさを取り戻していく。
捨てれば捨てるほど、集中力が高まり、本当の能力が引き出される。

出典:20代で捨てるべき50のこと

多くのミニマリストがいつか陳腐化する物質とはかけ離れた生活をしており、世間をにぎわす流行品も自分にとってどうなのかが基準となるので、流行などの物欲からは程遠い人たちです。

自然と興味が自分自身に湧いてきて(ナルシズムとはちょっと違う)、じゃあ自分が今より良くなるためにはどうするべきか?と考え始めます。

自分のファッションの最適化やよりよいアイテムの選択、断食や自然派の食事にこだわったダイエットもその一つ。骨格診断やアルユヴェーダによる体質診断なんかも人気ですね。

とにかく物に金をかけなくなった分、自分に金をかけるというのはミニマリストの行き着く終着駅なのかもしれません。

今脳のスイッチはONになっている

f:id:mukyoyo_na_k:20150428200833j:plain

ミニマリストが行き着く先は自分に対する限りない熱意。それは、あらゆるもののスイッチをオフにした結果、本当にONになるべきスイッチが入ったからかもしれません。

スティーブ・ジョブズは生前に

あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。

という言葉を残しています。この後にパソコンは〜という下りが入るのですが、雑音を排して自分の脳のスイッチをONにした状態でいられる生き方を選択したのであれば、自分にとって有益なことを成し遂げてみたいですね。

まとめ

あなたの脳は今スイッチONですか?

▼本当のミニマリストとは?その疑問に真剣に向き合ってみました▼
ミニマリスト生活がもたらす5つの弊害