読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピザデブが30kg以上絶対に痩せるダイエット成功法は?

楽して痩せる方法ってありますか?

f:id:mukyoyo_na_k:20150820234529j:plain

世の中10kg痩せるサプリやダイエット法はたくさんありますが、30kg以上痩せるサプリやダイエット法はあまり見かけません。

日本人が欧米人と比べて、スリムな民族なのもあるので30kgもダイエットするマージンがないのかもしれませんが、それでも世の中には30kg以上体重を減らしたいと真剣に悩んでいる人だっているはずです。

そんな人が10kg痩せるダイエットとか、2ヶ月でマイナス7kgのサプリを紹介されても、「じゃあ、20kg痩せるの?3ヶ月で何kg?」と疑問に思う人も多いかもしれません。

じゃあ、どうしたら痩せるの?

それは、ご飯を食べない。断食・ファスティングです。

10kgなんてことを言わずに、30kgでも、40kgでも痩せられる究極のダイエット法ですよ。お金も食費も掛かりません。

痩せるならファスティンダイエット

最近流行りのファスティングダイエット。断食ダイエットなら痩せます。ごはん食べないんですからね。食事を継続的に抜くだけだから、痩せないわけがありません。燃料供給を止めるだけなんですから、こんなに簡単なダイエットはありません。

もし、これで痩せない人は、何かしらの疾患を抱えている可能性があるので、病院で診察を受けたほうがいいかもしれません。

ただし、抜きすぎて栄養失調や体調を壊さないように、健康管理だけには注意してください。

日本で取り入れられている断食は、1日1食抜きの緩やかな断食です。数日間何も口にしない断食では仕事や日々の生活に影響が出てしまいますから、個人的には推奨はしません。ファスティングダイエットは、1日を活動的に乗り切って体重を減らしている手段であって、修行ではありませんからね。

食べることが生きがいなの!

食欲は三大欲求の1つで、人に備わった本能です。その欲望に忠実であることを恥ずかしがる必要はありません。姿見に移る自分の姿と、食欲を天秤にかけた時に、食欲に傾くようであればあなたはどんなダイエットをやっても成功することはないでしょう。

巷に氾濫する、好きなだけ食べて簡単に痩せる、なんてダイエットが通用するなら、スポーツジムやダイエットインストラクターなんて人たちは必要ないですね。どんなダイエットでも適切な食事制限が、減量の条件です。運動や栄養バランスは、食事の土台の上に成り立つ要素になります。

食欲を克服して、乗り越えられる精神力がダイエットには必要なのです。

たくさん食べたい、でも痩せたいなんて考えている人のダイエット成功談はダイエット食品広告でしか見たことがありません。ダイエットを成功させた人とはは、食事制限や日々の運動にへこたれなかった人たちのことなのです。

痩せの大食い

いくら食べても太らない痩せの大食い、特にお茶の間をにぎわすフードファイター達の食事量は凄まじい物がありますよね。どうやら食べ物が数時間で排出される異常体質があの大食いを可能にしているといわれています。

たくさん食べてうらやましと思うかもしれませんが、彼らの食生活は悲惨で食費を少しでも下げるために水で堆積を増やしたお粥のようなご飯をたべて空腹を紛らわせたりしています。食べ放題バイキングで元を取れると思われていそうですが、食べ過ぎて出禁になっている人もいるようです。

そんなフードファイターのような痩せの大食いは体質の差によるものなので、いくらうやましがっても手に入れることはできません。自分は彼らの苦しい食生活事情を見ていると、痩せの大食いに憧れを感じることは出来ませんねー。食べ過ぎた翌日の体重で一喜一憂できることって、とても幸せなことだとおもいますよ。

基礎代謝の食事を心がける

ファスティングで痩せるにしても、最低限のやり方があります。

それは基礎代謝量に合わせて食べることを制限することです。

晩御飯抜いたのに、お昼で基礎代謝を超える食事を摂ってしまっては、痩せるペースが落ちてしまいます。ありがちですが、断食の空腹でついつい食べ過ぎてしまうのが原因なのです。

断食しているからと安心せず、他の食事の時間も基礎代謝に意識を向けて献立をチョイスしてください。

濃い味の誘惑

日本人成人の基礎代謝は

  • 女性が1200〜1400キロカロリー
  • 男性が1600〜1800キロカロリー

といわれています。

この基礎代謝は一日中寝ていても消費されるカロリーです。1キロカロリーは約4ジュールで、1ジュールは102グラムのリンゴを静止状態から1メートルの高さまで持ち上げるときの運動量に相当します。

あなたが1日じゅう布団でゴロゴロしてても、あなたの身体の中では7000回以上リンゴが1メートルの高さに持ち上げられているのです。(喩え話です)

こう見ると、人間って結構エネルギーを使っているのがわかりますね。

ですが困ったことに現代の食べ物は中々の高カロリー。例えば男のランチの定番「カツ丼+そば」定食は1100キロカロリーで、1日の必要カロリーの2/3以上、女性だったら1日分がお昼だけでまかなえてしまいます。

マクドナルドのハンバーガー+ポテトM+コーラMのセットは750キロカロリー。ビックマックセットなら1120キロカロリーと、太ってくださいと言ってるようなものです。

食べなければいいのかもしれませんが、あのジャンクな濃い味がたまらないんですよねー。たまに食べたくなりますもの。

で、p、痩せるためにはこの誘惑に打ち勝たなければいけないのです。

逆にこの誘惑が辛くて耐えられなさそうなら、ダイエットのことは諦めて今の自分を受け入れてあげてもいいのではないでしょうか?

好きなモノをお腹いっぱい食べて自分のお腹まわりについたお肉と仲良くしていたほうが、中途半端にダイエットとリバウンドを繰り返して、がっかりするよりずっと幸せでイキイキした生き方だとおもいます。

太っていても楽しそうに食べている人(汚くない程度に)のほうが、痩せたいでも食べたいって負のオーラを出してる人よりもよっぽど親しみやすい人です。