読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムダ毛を「抜く」自己処理脱毛はNGなのか!?続けるとどうなるの?

f:id:mukyoyo_na_k:20160926013109j:plain

女性にとってムダ毛の自己処理脱毛は、とてもやっかいでめんどうくさいものですね。できればなるべく回数を減らしたいものです。

数ある方法のなかでも、毛抜きなどを使用した「抜く」自己処理脱毛をされる方は多いと思いますが、何回も続けるとどうなるのでしょうか?

元脱毛エステティシャンに聞いたので、脱毛施術者ならではの、自己処理のデメリットも聞くことができました。

間違った自己処理(抜く)を続けることによる問題点

ムダ毛を抜く自己処理は、比較的に簡単にできるので、多くの方が一度は試したことがあると思います。

しかし、毛を抜く時って思いのほか痛みがあったり、肌が荒れてしまったりしますよね?実は毛を引き抜くということは、かなりの力が必要なので、見た目以上に肌はダメージを受けるので要注意です。

毛穴の深さは、部位や毛の周期によってもちがいますが、成長期の毛であれば根元はワキであれば3ミリ〜5ミリほどの深さがあります。そのため簡単には抜くことができません。

無理に引き抜いてしまえば、毛穴周辺の組織に傷がつきますし、不衛生な状態で行っていればばい菌が入る可能性もあるので、毛穴に炎症を起こします。

また、何度も毛を抜くことで、傷ついた肌はなかなか修復することができず、色素沈着を起こし、黒ずんだ肌やとり肌のようにブツブツと盛り上がってしまうこともあるのです。

そのうえ、自然の毛周期をくずしてしまうますので、いざ本格的にプロによる脱毛をスタートする際に、毛がなかなか表面にでてこなくなり、通常よりも期間が長くかかってしまいます。

抜くことで起こる肌トラブルの具体例

毛穴周辺を損傷させてしまう

毛を抜くという行為は、肌へ負担がとても大きいので、毛穴周辺の組織を損傷させてしまいます。また何回も続けることでますます負担が大きくなり、損傷も深く大きくなってしまうので、皮ふがひきつれたり陥没(かんぼつ)する状態になることもあります。

もぐり毛になる(埋没毛)

毛を無理に引き抜くと、毛が途中で切れたりする原因になります。その抜けた毛が皮ふの下に残りますが、何度も繰り返すことで肌の表面が厚く固くなり、表面に出てこれなくなります。その状態をもぐり毛といいますが、黒い毛が皮ふの下に透けてみえているようになり見た目も悪くなります。

とり肌のようにブツブツになる

何度も毛を抜くことをくり返すことで、毛穴が飛び出したようになり、ブツブツとしたとり肌状態が戻らなくなります。

色素沈着の原因になる

肌へのダメージが強いので、毛穴周辺の肌が黒ずんでしまい、ひどい場合は広範囲に渡って、しみのような状態になる場合こともあります。

毛穴が炎症する(毛膿炎/もうのうえん)

不衛生な状態や皮ふの損傷などの影響で、汚れやばい菌が入り炎症を起こすと毛膿炎ができてしまいます。毛膿炎は赤く盛り上がり、その後進行すると、痛みや膿(うみ)を伴います。

脱毛を検討している場合 - 毛周期が狂う

プロによる脱毛がスムーズにできなくなる

いざ「脱毛をスタートとしよう」と思った時に困ること

毛を抜くという自己処理を続けていると、肌トラブルだけではなく、毛周期を狂わせてしまいます。

毛周期が狂うことで、一番困ることは、いざエステ脱毛や医療脱毛を行落とした際に、スムーズにいかなくなります。

その理由として・・・

脱毛は毛周期(毛の生え変わり)に合わせて、施術を行います。

しかし、抜いてしまうことで、毛周期が狂ってしまうと、次に生えてくる時期があいまいでわかりにくかったり、終了時期のメドが立ちにくかったりします。

そのため、1年半くらいで終わるはずなのに、それ以上の期間が長くかかってしまうこともでてくるのです。

また、肌がダメージを受けており、色素沈着や炎症をしている場合は、その状態がある程度落ち着かなくては、施術ができないケースも起こりえます。

このように、毛を抜くという自己処理は、手軽にできますがさまざまなリスクがありますので、できれば行わない方が無難です。

ただし、やむ得ない場合は肌の状態をしっかり確認したうえで、注意をして行うようにしましょう。

まとめ

女性にとって永遠の課題とも言える、ムダ毛の自己処理はやり方さえ間違えなければ深刻な問題には至らないと言われていますが、毎日神経質に処理するわけにもいきません。

昔のように1部位数十万かけて脱毛する必要はなくなり、今では数万円でスネや腕を脱毛できるようになっています。

価格は安くなりましたが、脱毛完了は数年がかりであることは変わっていません。

早目に取り組む人ほど効果を得られるため、ムダ毛の処理で肌が荒れて困っているのなら、脱毛に挑戦してみるといいでしょう。