読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノート1冊書き潰して分かったジェットストリームボールペンの良さ

f:id:mukyoyo_na_k:20150415221223j:plain

筆記用具にこだわりはなくても、スラスラ書けるボールペンがほしい。100均の安ボールペンでも用は足せるんだけど、筆圧が強いから書いてて疲れてくる。ノートを取る機会も増えてきて、ペンの質の悪さがそのまま書き心地に影響しているのがはっきりと分かります。こうなったら100円超えても構わないから、スラスラかけてヒャッハーなボールペンを探してみることにしました。

スポンサーリンク

筆記用具にこだわりはない

筆圧が強くて、字を書いてると手が疲れる人ほど万年筆が良いとされています。ムリな力がかからず軽い力でスラスラかけるのがその理由とされています。反面メンテナンスはボールペンの比ではないので、誰もが気軽に利用できる手軽さはないですよね。

予算はできるだけ安く

やっぱり筆記用具は買ってきたらその場で使えて、なくしたり壊したりしても躊躇なく捨てられるくらいの気軽さが自分にはあっています。300円くらいで、同僚に借りパクされても笑って済ませられるくらいで探しました。

なめらかなかき心地のジェットストリーム

f:id:mukyoyo_na_k:20150415221251j:plain
字が下手とか言うなし

油性ボールペンの書き心地の悪さを一切感じさせない凄いボールペン。

このペンに変えてから、自分の筆圧の高さの原因の一つはボールペンそのものであることを知りました。

低筆圧でもスラスラ字がかけるので、力を入れる必要がありません。今までははっきりと筆記するために力を込めて書いていたようです。その気になれば万年筆で字を書くのと同じくらいの圧力とペン先の角度でも筆記できる。ってのは言いすぎかな?

インクも乾きやすいので、書いた傍から字をこすっても滲んだり手が汚れたりしません。

あまりの書き心地の良さに、勉強に使っていたノートをわずか4日で書き潰してしまいました。

ペン先が細いタイプほどノートをこすって紙面を傷つけるので、筆圧の高い人は0.7mmのタイプをおすすめです。よっぽど画数の多い漢字でなければ、0.7mmでも字が潰れることはありません。

これで価格が150円。

デメリット

安いのに書き心地抜群の素晴らしいボールペンですが個人的に注文を付けたいのが本体の太さ。

もう少しペンに太さと重みが加われば、万年筆みたいにペンの重量だけで筆記できて、書き心地が更に良くなると思います。自分の書き方が悪いのか、ペンが手の中で暴れているようでちょっと落ち着きません。握りに関してはもう一工夫ほしいですね。

それ以外の点ではほとんど不満はありません。

まとめ

uniジェットストリームをおすすめポイント

  • 低筆圧でもスラスラ字が書ける
  • インクの伸びがよく滑らかに字が書ける
  • インクがすぐに乾くから手やノートが汚れない
  • クッキリ濃い文字が書ける

基本文房具は100均ですが、このペンに関しては今後もリピートすると思います。

油性インクでスラスラ書けるボールペンを探しているあなたにピッタリです。