海外旅行の通信対策!レンタルポケットWi-Fiも選択肢の一つ

f:id:mukyoyo_na_k:20170819225313j:plain

生活するうえで切り離すことのできないインターネットですが、旅行や出張などで海外に行く場合にも、もはや欠かすことはできません。

グルメ情報や地図アプリ、翻訳にメールなど、スマートフォンやタブレットがインターネットにつながれば、旅行を楽しむ幅がぐっと広がります。

しかし、大手携帯会社の提供する海外定額プランでは一日に約3,000円もかかってしまいます。

そんなときに活躍するのが海外Wi-Fiレンタルサービスです。

どのようなサービスなのか、詳しくご説明します。

海外でもネットをするならポケットWi-Fiのレンタルがおすすめ

海外へ行ったときにインターネット環境があると、大変便利です。

地図アプリや翻訳アプリなどの欠かすことのできない情報はもちろんのこと、旅先のグルメや観光地の情報、SNSなど、ネットを使用するシーンは様々あります。

海外でスマートフォンなどの携帯電話やタブレット端末をインターネットに接続する方法には以下の3つの選択肢があります。

1.携帯会社の国際ローミングを使う

詳細は後述しますが、国際ローミングとは、いつもスマートフォンで使用しているDoCoMoやau、ソフトバンクなどの電波が飛んでいない地域に行った場合に各キャリアの提携するその地域の携帯会社などの電波を受信しネットワークに接続できるようにすることを言います。

大手キャリアには海外用の定額プランなどもありますが、2,980円/日最大など、とても高い料金がかかってしまう場合があります。

2.フリーWi-Fiを利用する

フリーWi-Fiは、無料でインターネットに接続することができます。ですが、フリーWi-Fiには不便な点が多く存在します。

まず、接続できる範囲が決まっている点です。せっかく海外へ旅行に行ったのに、フリーWi-Fiが接続できる範囲を探して回るのは非常に効率が悪く、時間の無駄です。

翻訳が必要になるシーンや地図を使用したい時など、とっさの事態にも対応することができません。

そして、セキュリティの問題もあります。

ルーターがしっかりとしたセキュリティ設定をされている保証はありません。通信情報をのぞき見されるなどのリスクが非常に高いです。

3.レンタルした海外ポケットWi-Fiを使用する

ストレスなく安全に、かつ、安く海外でインターネットに接続したい場合は、やはりポケットWi-Fiのレンタルが断然おすすめです。

フリーWi-Fiでネックだった、利用範囲が限られてしまうこともありません。持ち歩くだけでいつでもどこでもインターネットに接続できますし、セキュリティに関しても適切な設定が施されています。

携帯会社の海外ローミングを利用する際のデメリットである割高な料金も、レンタルポケットWi-Fiでは心配ありません。1日利用料金は680円~(イモトのWi-Fi)など、大変安い価格設定がされています。

他にもポケットWi-Fiのレンタルには以下のようなメリットがあります。

ネットでのやり取りや日本の空港で手続きが完了

レンタルWi-Fiの手続き方法はとても簡単です。

旅行前にネットで申し込みをして、自宅受け取りか空港での受け取りを選択します。

出発前に空港でさっと受け取るか、自宅に配送をしてもらい事前に準備を完璧にしておくか、自由に選択することができます。

日本語でのサポートが得られる

渡航中にWi-Fi機器が利用できなくなった場合や、使い方がわからなくなったときも問題ありません。 ポケットWi-Fi会社は24時間365日、機器のトラブルに日本語で電話対応をしています。

現地でレンタルしたりSIMを販売する場所を探したりしないですむ

渡航先の慣れない地での手間は不要です。すべてが日本で完結しますので、余計な不安を抱える必要がありません。

スマートフォンの国際ローミングは高い!

3大キャリアの国際ローミングの定額料金例

メーカー プラン名 料金
docomo 海外パケホーダイ 2,980円/日
au 海外ダブル定額 2,980円/日
SoftBank 海外パケットし放題 2,980円/日

表のような定額プランを契約すると、レンタルポケットWi-Fi会社の提供するサービス料より割高になってしまうケースがあります。

海外旅行用レンタルWi-Fi業者比較

レンタルモバイルWi-Fi事情

数ある海外旅行用レンタルWi-Fi業者の中で特に人気が高いのは『イモトのWiFi』と『GLOBAL WiFi』の2社です。

以下はそんな2社を比較した表です。

イモトのWiFi GLOBAL WiFi
手数料 空港受取・宅配受取 500円/台 空港受取・宅配受取 500円/台
データ量 500MB/日 500MB/日
レンタル料金(24時間) 韓国 680円 サイパン、韓国、香港、カンボジア、マレーシア、等 970円
中国・タイ・台湾・香港・フィリピン・インド 1,280円 グアム、台湾、中国、マカオ、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、等 1,170円
シンガポール、カンボジア、アメリカ、ハワイ、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、スペイン、オーストラリア(豪州) 1,580円 アメリカ本土、アラスカ、ハワイ、インド、等 1,270円
- ブラジル、フランス、イタリア、イギリス、スペイン、アイスランド、アイルランド、アルバニア、エストニア、ドイツ、アラブ首長国連邦、オーストラリア(豪州)、タヒチ、オーストリア(欧州)、クロアチア、スイス、スウェーデン、スロバキア、スロベニア、チェコ共和国、デンマーク、ノルウェー、オランダ、ギリシャ、ロシア等 1,470円
有料オプション 盗難紛失補償・モバイルバッテリーレンタル 盗難紛失補償・モバイルバッテリーレンタル
利用可能国・地域 200カ国以上 200カ国以上

『グローバルWiFi』と『イモトのWiFi』ともに、インターネット上で申し込みをし、予約をする必要があります。

受取方法は空港カウンターでの受取と宅配受取の2つがあり、申込時に選択する必要があります。空港受取手数料は2社ともに500円です。(2017年8月現在) 受取可能空港は羽田や成田などの主要な空港はもちろんのこと、中部国際空港などの多くの地方の空港でもできます。

返却方法も受取と同じように空港返却と宅配返却の2つの方法があります。

空港に到着してすぐにカウンターで返却できるのでとても便利です。もし、カウンターで返却するのを忘れてしまっても、宅配返却があるので安心です。

まとめ

海外でのインターネット環境に悩んだときは、安さや便利さの観点から海外旅行用レンタルWi-Fiがおすすめです。

手ごろな値段と便利さはもちろんのこと、セキュリティも万全で、受取と返却は空港でさっと行うことができます。

予約から返却までの流れは下記の通りです。

1.申し込み・予約・クレジットカード支払い

空港カウンターでレンタルセットを受け取る場合、成田空港なら前日の17時までの申し込みで予約ができます。

2.受取

空港、もしくは宅配にてWi-Fiルーターを受取ります。

3.旅行先で使用する

渡航先に到着したら、パスワードを入れてスマホやタブレットをインターネットへ接続しましょう。 万が一取り扱い方法がわからなくなった場合も、24時間365日の電話サポートがあるので安心です。ストレスなく旅行を楽しみましょう。

4.返却

帰国をしたら、レンタルセットを空港で返却しましょう。返却をし忘れた場合には、宅配での返却が可能ですが、宅配料金は自費になってしまいます。