ポケットWi-Fiをテレビに接続して得られるメリット

f:id:mukyoyo_na_k:20170928063233j:plain

スマホやタブレットの通信機器をインターネット接続する目的でポケットWi-Fiを利用している場合は多いと思いますが、テレビでも同様にネット利用が出来るのです。テレビにWi-Fiを接続すると今までの視聴方法とはまた違う楽しみ方が増えることでしょう。

テレビにポケットWi-Fiを接続するメリット、接続方法を解説します。

テレビにポケットWi-Fiを接続するとできること

最近のテレビはインターネット対応している製品がほとんどですが、Wi-Fiを接続するといままでのテレビよりももっと楽しめて便利なサービスが利用出来ます。

双方向番組に参加できる

主に番組側が質問を用意し、視聴者が答えて番組内で結果を取り上げるという視聴者参加型のものが双方向番組です。ただ観るだけではなくクイズやアンケート式の番組への参加が可能なので番組との一体感を得られるでしょう。

オンデマンド配信も楽しめる

オンデマンド配信とは視聴者が観たいときにいつでも映像、動画を視聴できる配信方式のこと。観たいと思ったときにレンタルビデオ店に出向く必要がなく映画やドラマなどを楽しめますし、観たかったテレビ番組を録画する必要もなく見逃してしまった場合でも便利な配信方法ですね。

動画配信サービスを楽しむことができる

テレビでYouTubeなど無料動画配信サービスを視聴できます。視聴できる専用サービスはテレビの機種やメーカーにもよりますが、AmazonプライムやHulu、DAZNなど有料のサービスも見ることが出来ますし、いままでスマートフォンの小さい画面で動画視聴していたものが、テレビで見られるようになると家族でも楽しめますね。

テレビとポケットWi-Fiを接続する方法

Wi-Fiとの接続方法は利用中のテレビにより異なりますので、機器の特徴別にご説明します。

無線LAN搭載のテレビの場合

無線LAN対応のテレビからリモコンで無線LAN接続を選択し指示に沿って設定していきます。家中のどこでも電波の届く範囲であればネット接続が可能なので、配線に悩むこともないでしょう。テレビ以外の無線LAN対応のネットワーク機器ともつなぐことが出来るのも便利ですね。

無線接続は回線状態や通信速度が不安定になることがありますが、その弱点はチャンネルスキャンのアプリを利用してチャンネルを変更することで改善できる場合もあります。

有線LAN搭載のテレビの場合

テレビとWi-Fi端末を接続するために有線LANケーブルとクレードルが必要です。クレードルはモバイルルーターの置き型充電器ですが、LANケーブルのコネクターがついているのでルーターを設置した状態で使うと有線LAN接続が可能となります。

インターネット対応テレビには側面または背面にLANポートがあり、そこにLANケーブルを差し込み、ケーブルのもう一端をクレードルのLANポートに接続し、画面の指示に従いリモコンを使い設定を行います。

有線接続は無線接続よりもインターネット接続が安定し、速度が速いメリットがあります。

ネットを利用するのに接続が途切れてしまうのはストレスが溜まりますし、動画視聴ならなおさらではないでしょうか。

USB端子のあるテレビの場合

無線LANを内蔵していない、LANポートがないテレビでもUSBポートというUSBケーブルの差込口があればインターネット接続が可能です。

USB型の変換アダプタを使う

USBに差し込む変換アダプタを利用することで無線LAN、有線LAN接続が可能です。

USB無線LANアダプタで接続する場合、USBポートにUSB無線LANアダプタを差し込むことで無線LAN子機(モバイルルーター)の役割を果たします。設定方法は無線LAN内蔵テレビと同じです。

USB有線LAN変換アダプタで接続する場合は、USBポートにUSB有線LANアダプタを差し込むことでLANポートの増設が可能で、LANケーブルを接続することが出来るようになります。

この場合は有線LAN搭載テレビ同様、ルーターのクレードルを用意してLANケーブルを接続しなければなりません。

USBケーブルでルーターと接続する

テレビとルーターのUSBポートにケーブルを差し込み接続することでインターネット通信が可能となります。

テレビや動画を楽しむなら、データ量上限なしのWiMAXがおすすめ

動画を視聴する際はインターネットサイトの閲覧などと比べてもかなりデータ消費量が多いです。そのため、データ量に上限がある場合すぐに達してしまうことになります。

外出時でもタブレットやスマホで思う存分観られる

モバイルルーターを外出時に持ち運べば、外でもタブレットやスマホで高速通信が楽しめます。WiMAX端末はWiMAX2+、au 4G LTEを併用することにより、ビル街や室内の窓から離れた部屋でもネット通信が利用できるのが便利です。

WiMAXのギガ放題プランを契約するのがポイント

WiMAXの料金プランは通常プランとギガ放題プランがあり、ギガ放題プランは月間データ量が上限なしで利用出来るので、通信容量を気にせずに動画視聴を楽しめます。

通常プランは月間データ量7GBまでの上限があり、高画質の動画視聴だと数時間で達してしまいますので、どれくらい容量が残っているのか気にしながら利用するのは満足に楽しめません。

通信速度制限がかからない時間帯は実質無制限に利用可能

通常プランでもギガ放題プランでも3日間で10GBを超えた場合速度制限がかかりますが制限時間帯が決まっており、3日間で10GBを超えた日の翌日18時頃~翌2時頃ですのでその時間帯以外は無制限で利用できます。

データ使用量が大きいアプリのダウンロードや、高画質での動画視聴は制限がかからない時間帯に支障なく行えるので嬉しいですね。制限がかかってしまった場合でも1Mbpsの通信速度でYouTubeの標準動画はスムーズに視聴できるレベルです。

しかし通常プランの上限7GBを超えた場合の制限速度は128Kbpsとなり、これはネットが使えないほど遅い速度ですので動画視聴どころか日常の利用ですらままならなくなります。

WiMAXを契約するならBroad WiMAX

WiMAXの契約方法で一番お得なのはインターネット申し込みですが、その中でもおすすめのプロバイダがBroad WiMAXです。Broad WiMAXの魅力は月額料金の安さと豊富なサービスやキャンペーンです。

Broad WiMAXの料金表

ギガ放題 ライトプラン(通常プラン)
月額料金 最大3ヶ月 2,726円(税抜) 3ヶ月以降は3,411円 最大24ヶ月 2,726円(税抜) 25ヶ月以降は3,326円
データ容量 無制限 7G
初期費用 18,857円→無料 (Web申し込み&クレジットカード払い申し込み)
端末代金 通常20,000円→無料

初期費用割引キャンペーンに加え、他社からの乗り換え時違約金負担サービスも実施していますので新規契約はもちろん、契約先変更にもおすすめです。

まとめ

パソコンやスマートフォンインターネット接続するためにポケットWi-Fiを利用していた人も、テレビ接続によって更にルーターの活躍の幅が広がりますね。

有線接続は安定した回線状態や通信速度が速いメリットがありますが、配線がごちゃごちゃしやすく接続台数が少ないデメリットが挙げられます。

無線接続はパソコンやプリンターなど複数の子機との接続ができる点や、配線を気にすることなく接続可能なメリットがあります。デメリットは有線接続よりも回線状態、通信速度が劣ることですが、アプリの利用で改善できる期待が持てるでしょう。

充実した休日を過ごすことが出来るようになり、趣味の幅を広げることができたり、テレビのインターネット接続によって充実した環境を得られるのは嬉しいですね。WiMAXで是非快適でお得なネット生活を手に入れましょう。