読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WiMAX2+ギガ放題は本当に制限がないの?他社ポケットWiFiとの違いは?

f:id:mukyoyo_na_k:20161203143006j:plain

WiMAXのギガ放題は、データ通信を「たっぷり使える」という魅力的な宣伝でサービスを提供していますが、実は使い方によって通信に制限がかかることがあるのです。

WiMAXのギガ放題で快適なインターネット通信を行うためにも、プランの概要や通信制限の注意点、無制限と呼ばれる理由、他社無制限プランとの違いを解説します。

WiMAXとLTE/3Gの違い

WiMAXとLTE/3Gは、どちらも「無線でデータ通信可能な規格」ですが、開発された目的や特徴はそれぞれ異なります。

この2つの違いを簡単に言うと、WiMAXはパソコンやタブレットなど主にデータ通信を主目的とした通信規格であり、LTE/3Gは通話を主目的として発展してきたの通信規格です。

では、WiMAXとLTE/3Gの特徴を説明していきます。

WiMAXを簡単におさらい

WiMAXとは、「データ通信用」に特化した無線通信規格で、回線を敷設するのが難しい地域において無線で高速なデータ通信を実現するために開発された技術です。

このWiMAX、会社やブランドの名前と勘違いされている人がいますが、本来は「LTE」や「3G」と同じ通信規格名称です。

WiMAXを使用するにはUQコミュニケーションズをはじめとするプロバイダが、【WiMAX】を商品名としてそのまま販売していることから通信規格よりもサービスとして馴染みのある単語になったのでしょう。

WiMAXは周波数を利用して移動しながら無線インターネット通信を行うことを前提とした規格のため、ハンドオーバーと呼ばれる基地局を切り替えながら連続して通信を行う技術が組み込まれています。

今販売されている端末の多くは持ち運び可能なモバイルルーターであるため、場所を問わずパソコンやタブレット、スマホなどを無線で接続してインターネットに接続することができます。

欠点はWiMAXが使用している周波数帯は2.5GHz帯と呼ばれるLTE/3Gに比べて高い周波数を使用しているため、奥まった建物や地下での通信を若干苦手としています。

ですが近年は基地局整備が進んだおかげか、UQコミュニケーションズが提供するエリア判定○の地域で圏外に悩まされることはほとんどありません。

接続面に関してあまりナーバスになりすぎる必要はないかと思います。

WiMAXと比較されるLTE/3Gとは?

LTE/ 3Gは携帯電話の通信方式であり、もともと外で音声通話を行う目的で開発された通信規格で、国内ではdocomo、au、SoftBankの3大キャリアが基地局の整備管理を行っています。

3Gとは、「3rd Generation(第三世代)」の意味で、アナログ方式の1G、デジタル方式の2Gが開発され、約14Mbpsまで高速化された3G、そして3Gをさらに高速化させたLTEへと進化しました。

LTEは、3Gから4Gへの以降をスムーズに行うための繋ぎとして考案された規格のため3.9Gとも呼ばれています。

4Gに近い通信技術を採用していることから、国際電気通信連合によって4Gの呼称を認められたため、大手キャリアでは4Gの名称でサービスを提供しているところもあります。

また、LTE/3Gでは、プラチナバンドと呼ばれる700MHz〜900MHzの周波数帯を利用できる特徴が上げられます。

プラチナバンドは、周波数帯の数値が低いため通信できるデータ容量は小さいものの、直進性が弱く建物などの障害物を回り込むことができるため、WiMAXよりも遠くまで電波が届きやすい特徴があります。

そのため、プラチナバンドを利用できるLTE/3GはWiMAXよりも繋がりやすさに特化しているのです。

なお、繋がりやすいと言われるLTEですが日本のメイン周波数はBand1と呼ばれる2100MHz(2.1GHz)で、WiMAXより若干繋がりやすい程度の高い周波数です。

LTEサービスイン当初は圏外になりやすく、すぐに3Gに切り替わると散々な評価でしたが、プラチナバンドのLTE利用が始まってから劇的にサービスの質が向上しました。

その代わりスマートフォンによるトラフィックの増大が顕著になり、使い放題というサービスは消え、定量制の料金体系に移行していったのです。

無制限が当たり前だったガラケー世代に私にとって、月7GB制限の登場は衝撃的だったのを覚えています。

WiMAXは速度無制限ではない

WiMAX2+は通信量も通信速度もノーリミットで利用できる、というイメージが強いポケットWiFiサービスです。

この一因はWiMAX時代は実際無制限であったことと、WiMAX2+移行後一定期間無制限時代が存在していたことにあると思います。

現在のWiMAX2+ギガ放題プランは、データ通信量の上限は存在しないものの、通信速度には厳格な制限がもうけられています。

しかし、定められた使い方を守れば制限にかかることなく快適にWiMAXを使い続けることができます。たとえ通信速度に制限がかかったとしても、「YouTube動画の標準画質が視聴可能なレベル」で利用できるため、よほど容量の大きいデータ通信を行わない限り、引き続きインターネット通信が可能です。

WiMAX2+は契約次第で料金が変わる

WiMAXの料金プランには、月額料金3,696円で月間7GBまでデータ通信可能な「UQ Flat ツープラス(通常プラン)」と月額料金4,380円で月間データ通信量を無制限に使用できる「UQ Flat ツープラスギガ放題」の2つのタイプがあります。

684円の差額でデータ通信量を無制限に使用できるため、インターネット通信をよく利用する人にとっては、ギガ放題はとても魅力的なプランではないでしょうか。

ここで表示している月額料金はWiMAX本家であるUQコミュニケーションズで契約した場合の料金です。

UQコミュニケーションズの回線を借りてWiMAXを提供しているMVNOプロバイダによっては、キャッシュバックや月額料金の割引など、独自でキャンペーンを行っているところも少なくありません。

月々に支払う料金を抑えたい人はプロバイダのキャンペーンを上手に活用して安く利用すると良いでしょう。

また、WiMAXでは月に1回だけ無料で翌月の料金プランを変更することができます。

契約後に「通常プランではすぐに速度制限がかかるから足りない」や「7GBも使用しないから料金の安い通常プランに変更したい」という場合は、変更希望月の前月にプラン変更の手続きをしておくと良いです。

WiMAXの制限条件は7GBと3日3GBの2つ

7GB制限

1.通常プランで月間通信量が7GBに達したとき

ギガ放題をつけない通常プランは月間データ通信量が7GBまでと決まっています。

そのため、当月のデータ通信量が7GBを超えた場合は、大手キャリアと同じように当月末まで通信速度が128kbpsに低速化され、利用に大きな制限が課せられるのです。

この制限は1,005円を支払ってハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで、もう7GBの通信量を追加することで回避することができます。

しかし、648円で契約できるギガ放題の存在を考えると割高になるためよく考えて利用してください。

2.ギガ放題でLTEオプションを使用したとき

ギガ放題は「標準モード」でのデータ通信量には上限が設けられていませんが、月に1度でも「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えてLTEオプションを利用した場合、無制限であるはずのデータ通信量が7GBまでと変更されます。

この場合、「標準モード」に切り替えたとしても、翌月にならない限りデータ通信量が無制限に戻ることはありません。

LTEとWiMAX/WiMAX2+のデータ通信量の合計が7GBを超えた場合は、通常プランと同じように128kbpsまで通信速度が低下するため、使用する際は注意が必要です。

このパターンの場合制限を解除する方法がないため、ギガ放題契約中のハイスピードプラスエリアモードはよく考えて切替るようにしてください。

LTEオプションって?

LTEオプションとは、通信モードを「標準モード」から「ハイスピードプラスエリアモード」に変更するだけでauの4G LTE回線を利用することができる機能です。

LTE回線が利用している周波数帯には、プラチナバンドと呼ばれるWiMAX回線よりも建物内や遠い場所まで電波の届きやすい周波数帯が含まれているため、WiMAX/WiMAX2+でのデータ通信が途切れやすい場所でも、インターネットに接続しやすいメリットがあります。

ただし、LTEオプションを利用するにはLTEオプション対応機種である必要があり、「ハイスピードプラスエリアモード」を使用した当月の月額料金に別途1,005円課金されますので気をつけておきましょう。

3日で3GB制限

7GBとLTEオプションにまつわる制限は128kbpsと厳しい制限が課せられています。

しかし、3日3GBの通信制限はそれとは少し違います。

WiMAXの通常プランとギガ放題プランは、回線の混雑を避けるため3日間のデータ通信量の合計が3GBを超えた場合、翌月の昼頃から翌々日の昼頃にかけて通信速度が制限される定めがあります。

しかし、前述したようにWiMAXの通信速度に制限がかかったとしても「YouTube動画の標準画質が視聴可能なレベル」を目安としており、制限後でも6Mbps程度の通信速度が出ているため通常通りインターネット通信を楽しむことが可能です 。

別の視点で考えれば、通信制限後も動画視聴が難なくできる実測6Mbpsが確保されているので、通信量は無尽蔵に使えるといえるのです。

WiMAXを無制限で使う賢い利用方法

WiMAXを契約するにあたって、通信速度に制限がかかることなく無制限で使うには3つのポイントがあります。

  1. ギガ放題プランで契約
  2. 「ハイスピードプラスエリアモード」は絶対に使わない
  3. 3日3GB制限を極端に気にしない

データ通信量に上限が設けられていないギガ放題を契約しても、LTEオプションを使用するために「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えてしまうと、128kbpsの厳しい通信制限が課せられてしまいます。

通信量無制限で使いたいのであれば、ハイスピードプラスエリアモードは絶対に利用してはいけません。

逆に3日3GBの制限は6Mbpsの実用レベルの速度が確保されている制限なので、気にせず好きなだけ利用してください。

人によっては通信制限が発動していたことさえ気づかない人がいるくらいWiMAX2+の速度制限は緩いものなのです。

ただし通信速度が常時40Mbps以上ないと仕事に支障が出るような人は、パケットプランに2万円払ってでもキャリアの大容量プランを契約することをおすすめします。

WiMAXは絶対的な速さの追求よりも、多くのユーザーが違和感なく利用できるスピードを提供することを目的に制限速度を定めているからです。

ワイモバイルの無制限ポケットWi-Fiと何が違う?

WiMAXと同じようにデータ通信量が無制限に使用できるポケットWi-Fiには、ワイモバイルの「Pocket Wi-FiプランL」があります。

では、WiMAXとPocket Wi-Fiはどのように違いがあるのでしょうか。

通信速度

ダウンロードに必要な下り最大440Mbps、アップロードに必要な上り最大13.3MbpsのWiMAXに対して、ワイモバイルでは下り最大187.5Mbps、上り最大37.5Mbpsとなっており、WiMAX回線の方がより高速にデータ通信を行うことが可能です。

サービスエリア

ワイモバイル では、プラチナバンドを周波数帯に含む3G/LTE回線を利用してデータ通信を行うことができるため、2.5GHzと高い周波数帯を利用しているWiMAXに比べて遠くまで電波が繋がりやすい安定した通信を行うことができるのです。

ただし無制限オプションのアドバンスモードはAXGPと呼ばれる2.5GHzの電波だけの通信になるため、プラチナバンドの繋がりやすさの恩恵を受けることはできません。

LTEを抜きにして、使い放題の電波になる、WiMAXとAXGPをつながりやすさで比較するなら、私が確認した限りワイモバイルのAXGPよりWiMAXのほうがずっと繋がりやすいと感じました。

割引率が大きいWiMAXの月額料金

WiMAXとワイモバイルのデータ通信量無制限の料金を比較してみると、どちらも4,380円と同じ月額料金でサービスを提供しています。

WiMAX もワイモバイルもMVNOプロバイダがありますが、MVNOプロバイダではワイモバイルよりもWiMAXのキャンペーンに力を入れており、キャッシュバックや料金割引を受けることができるため、WiMAXではさらに安い料金で契約できる選択肢が多いです。

またワイモバイルは3年間縛り期間が存在し、2年縛りのWiMAXよりも1年長く契約しなければいけません。

技術革新の著しい通信業界で3年間同じ契約や端末に縛られるのは、新しくお値打ちなサービスに乗り遅れる可能性があります。

そのため、今現在月額料金を重視してポケットWiFiを選ぶならWiMAXがいいでしょうね。

通信制限が違う

WiMAXは、前に説明したように「7GB制限」と「3日3GB制限」があります。

一方、ワイモバイルでは、WiMAXと同じ「3日3GB制限」の他に、7GBを超えると「標準モード」の3G/LTE/AXGPのうち3G/LTEの通信速度が128kbpsへと低速される制限があるのです。

7GB超過後は「アドバンスモード」のAXGP回線で制限なくデータ通信を行うことができますが、AXGPは3G/LTEに比べて高い周波数帯を利用しているため、「標準モード」では繋がる場所でも繋がりにくさを感じる場合があります。

通常モードで7GBを超過した場合アドバンスモードでも強制的に速度制限がかかります。

この辺はWiMAXのハイスピードプラスエリアモードも同じですが、ワイモバイルの場合はLTE接続が標準設定なので、128kbps制限にうっかり引っかかるリスクが高い点は注意が必要です。

エリア

WiMAX2+は長い期間をかけて基地局を整備してきました。ワイモバイルのAXGPは速度こそWiMAXに負けないくらい速いものの、繋がりやすさ、特に室内での電波強度はWiMAXに譲る印象があります。

ワイモバイルのAXGPはSoftBank4Gのエリアと同じと言われていますが、普通に繋がらない所だらけでエリア内でも電波が微弱な場所が多い印象です。

実際私の友人はエリア内であるから契約したのに、自宅周辺ではまともに繋がらなくて困っていました。

WiMAXと違いエリア判定ができないため、無制限のAXGPを使いたくて契約したのに圏外の可能性もあります。

契約前にエリアの確認ができる点で、無制限ポケットWiFiを選ぶ際は今でもWiMAX2+のほうが安心といえるでしょう。

WiMAXはこんなときにおすすめ!

家でも外でもシームレスにインターネットを使いたい

WiMAXは、家庭や外出先でもインターネットに接続できる持ち運び可能なモバイルルーターであるため、固定回線とモバイルルーターの料金を1本に分かりやすくまとめることが可能です。

モバイルルーターであることから、固定回線のように工事や配線が不要なので家の中もスッキリ保つことができ掃除もしやすくなります。

また、WiMAXには使用する上で3 日3GB制限が設けられていますが、通信速度が制限された後もYouTubeやHuluの中画質が視聴できるレベルの通信速度を維持しているのも、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

スマートフォンの料金を抑えたい

大手キャリアでスマートフォンを契約している場合、月額料金に通話料とデータ通信料が含まれているため、月々約7,000円 を支払う必要がありますが、WiMAXは安いプロバイダで契約すれば3,000円台で使用することができます。

そのため、格安スマホなどと利用することで大幅に料金を節約することができ、さらに高速なインターネット通信も楽しむことができるのです。

まとめ

「WiMAX=データ通信量無制限」というイメージがありますが、実際には使い方次第で通信速度やデータ通信量に制限がかかる決まりがあります。

しかし、WiMAXを使用するうえでのポイントさえ理解していれば、毎月100GB以上利用しても速度に不満を感じることはないのではないのでしょうか?

通信速度が128kbpsに低速化する「ハイスピードプラスエリアモード」使用には注意が必要ですが、その点さえ抑えておけば速度に不満を持つ場面は殆どないと考えます。

ギガ放題の3日3GB制限であれば制限後も動画の視聴も含め、通常通りインターネットを楽しむことができますからね。

逆にそれが気になるくらい通信速度が重要なユーザーは、万単位のお金を払ってキャリアのパケホーダイを契約をしたほうが幸せになれると思います。

自宅と外出先でのネット回線をまとめたり普段から多くの通信を利用する人であれば、WiMAXは月額料金以上のコストパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。