読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産後太りのヒップを引き締めるためには?子持ち女性のおしりの悩み。

f:id:mukyoyo_na_k:20150904141843j:plain

子どもを産んからずっと家事育児に忙しくて、産後の体型戻しをあきらめていませんか?子持ちの女性の多くが悩む体型戻しは早めに行動しないと一生だらしない身体になってしまいます。

産後太りから解消されるためには何をするべきでしょうか?

真っ先に思い浮かぶのが、運動と規則正しい食事。だけど骨盤が開いて骨格のバランスが崩れている子持ち女性にとって、運動やスポーツだけでは不十分。骨盤の引き締めや、血の巡りを解消させてあなたの身体本来のバランスに、人の手で戻してあげることが必要なのです。

忙しくて、からだは2の次

子どもを産んで子育真っ最中の女性の悩みとして多いのが腰からお尻のラインの変化やタルみ。出産時に骨盤が開いてしまうのが原因なので、避けようがありません。多くの産婦人科では骨盤ベルトを装着させて矯正するのですが、妊娠前のくびれやおしりのハリが妊娠前のように戻すには不十分です。出産後、産前に履いていたジーンズが入らなくなった経験をお持ちの方は少なくないはず。

本来ならスグにでも正しい矯正をして元に戻したいのですが、普通育児でお疲れ気味のお母さんに運動やストレッチをやるだけの体力は残っていません。やらなくちゃと思っているのに、何も出来ずに骨盤が開いた産後体型を引きずっているのが多くの産後女性の姿なのです。

身体をいたわるダイエット

では、産後の体型をもとに戻すのに何をすればいいのでしょうか?

母乳を上げている女性にとって、日々の食事と栄養バランスはとても大切です。厚労省は授乳中の女性は1日2200キロカロリーの摂取が必要とさだめています。また、栄養バランスも考える必要が有るため、体型維持のためのダイエットをするのは良くありません。

産後の体力低下や育児の疲れからスポーツも激しい物は避けるべきでしょう。赤ちゃんや自分の身体を第一に考えると、体型維持のために負担を与えるようなダイエットは心身ともにボロボロになってしまう危険性があるのです。

家事に育児でお疲れな身体にスポーツ・食事制限でムチを打たないで、身体をいたわった方法をえらんでください。

1人で骨盤ケアは難しい

産後についたお肉やタルミは、子ども連れて外で一緒に遊んだり、運動することでイヤでも解消されて引き締まっていきます。減量やダイエットはもっと生活が落ち着いてからでも遅くはありません。しかし、骨盤の広がりだけは急いでなおさないとその周りに脂肪がついてしまうので、痩せても身体のラインが崩れたままとなってしまいます。特におしりはハッキリとラインとハリに現れます。

そんな無茶の出来ない子育て女性にこそ、エステを利用して骨盤まわりをケアするダイエットが効果的なのです。

特に骨盤ダイエットをコースに含んでいる スリムビューティハウス は、骨盤の周辺にある筋肉をEMSマシンで引き締めることで骨盤をケアして、脂肪の燃焼を助けてくれます。忙しくて運動できない、でも余計な脂肪やタルミをなくしたい女性にピッタリですね。テレビのダイエット番組や女優のダイエットに協力しているのは、結果に自信のあるエステだからこそできることですね。

骨盤のケアは自宅もできますが、骨盤のタイプによっては逆効果になることもあります。まずはプロの腕であなたにピッタリの施術を施してもらい、日々のストレッチや運動のアドバイスをしてもらったほうが安全で確実です。あなたの身体は、お子さんにとっても大切な身体だからこそ、無理なくキレイを目指したケアをしてあげてくださいね。