読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違約金のないポケットWi-Fiはあるのか?短期契約にはいくら掛かるの?

f:id:mukyoyo_na_k:20170107232657j:plain

引越しをする際、手続きの都合で固定回線が開通していない期間が発生することがあります。

また長期の旅行でポケットWi-Fiが必要になるケースもあるでしょう。

引っ越しや旅行中にインターネット閲覧ができないのは不便ですから、短期間だけポケットWiFiルーターが利用できれば便利ですよね。

スマホのテザリングを利用してパソコンやタブレットでもデータ通信を行うことはできますが、スマホのバッテリーやパケット料金を増やしたくないなど色々事情もあるかと思います。

そこで、短期契約できるポケットWi-Fiについて調査してみました。

ワイモバイル・WiMAX2+は短期契約可能か?

場所を問わず無線でインターネットを行えるサービスとしてポケットWi-Fiがあり、その代表的なものとしてワイモバイルやWiMAX2+が挙げられます。

引っ越しや仕事の出張などで短期間のみ使いたい場合にスポット的に契約できればとても便利ですが、 残念ながらどちらも短期間利用できるプランはありません。

通常、ワイモバイル やWiMAX2+のプランは大手キャリアのように契約期間を設けており、ワイモバイル は3年間、WiMAX2+は2年間に設定されています。

もし契約期間中に解約すると高額な解約料金が発生するため短期利用には向いていません。

ただしWiMAX2+にはUQ FlatツープラスとUQ Flatツープラスギガ放題の「期間条件なし」という料金プランがあります。

しかしこれらには利用期間が定められていない分、料金は期間が定められているプランの月額料金よりも約1,500円割高になっていますし、さらにキャンペーン適用外なので端末料金も実質負担となり、結果的に高額な請求が待っています。

端末料金約20,000円+月額料金5,880円+事務手数料3,000円=28,880円

たった1ヶ月ポケットWi-Fiを利用する為に28,880円支払う人はそうそういないでしょう。

そのためワイモバイルとWiMAX2+のポケットWi-Fiの利用は、高額な料金を支払う必要があるため短期間だけ使用したい人にはお勧めできないのです。

短期契約は高額な違約金を覚悟

契約期間が決められているワイモバイル とWiMAX2+は、短期での利用を目的に契約して中途解約をした場合、高額な違約金が発生します。

そこで、契約期間内に解約した際に違約金がいくら発生するのかについて下の表にまとめました。

f:id:mukyoyo_na_k:20170107231141p:plain

例えば、大手キャリアでスマホを契約し2年間の契約期間がある場合、契約から2年後の契約更新月に解約した際には違約金が発生することはありませんが、それ以外の月に解約した際には違約金が発生します。

ワイモバイルの場合は契約期間が3年間と長く縛られており、契約更新月の前後の月に解約した場合は一律9,500円の違約金が請求されます。

一方、WiMAX2+の契約期間は大手キャリアと同じ2年間となっており、違約金はワイモバイルと違って解約する時期によって 異なります。

WiMAX2+を中途解約する場合、1ヵ月目〜13ヵ月目の違約金は19,000円、14ヵ月目〜24ヵ月目は14,000円、26ヵ月目以降は9,500円となっています。

ワイモバイルはWiMAX2+より契約期間が1年間長く縛られますが、契約更新月より前の月に解約した際の違約金は安いですね。

また、ワイモバイルもWiMAX2+も契約する際に事務手数料として別途3,000円が請求されるため、最初の請求金額が高くなります。

ワイモバイルとWiMAX2+には、たっぷりデータ通信を行えるプランがあるため、解約した際の解約金を特に気にしないのであれば、短期間だけ利用することは可能です。

しかし、違約金を払いたくない人にはワイモバイルとWiMAX2+の短期間の利用はおすすめしません。

1〜3ヵ月のレンタルWi-Fiなら?

Wi-Fiレンタルサービスと言えば、空港カウンターで海外旅行者向けに貸し出しているモバイルルーターを想像するかもしれません。

しかしインターネットで検索すると複数のポケットWiFi国内レンタル事業者のサイトが出てきます。これらの事業者では予約ページから申し込んだ後、ポケットWi-Fiを受け取って使用することができます。

では、当日(1日のみ)から利用できる端末を国内Wi-Fiレンタルサービス事業者から借りる場合、どれくらいの料金で使用することができるのでしょうか。

WiFiレンタルどっとこむのレンタルプランは次の通りです。

f:id:mukyoyo_na_k:20170107231223p:plain

こちらの会社では、当日(1日のみ)からモバイルWi-Fiルーターをレンタルすることができ、料金は15日目まで1日あたり一律432円ずつが課金されます。

1ヵ月の利用料金は6,480円を上限金額としているため、16日目〜31日目までは上限金額から変動することなく15日目と同じ料金で使用することができます。

31日目以降は利用する月数に関わらず1日あたり一律209円で請求されます。

例えば2ヵ月目が30日、3ヵ月目が31日あるとすると、2ヵ月目の料金は6,270円(209円×30日)、3ヵ月目の料金は6,479円(209円×31日)となり、レンタル期間3ヵ月間の合計金額は19,229円となるのです。

ただし、レンタル料金には別途片道540円の配送料が請求され、返却時の配送料は自己負担する必要があります。

しかし、こちらの会社ではワイモバイルやWiMAX2+を契約した際にかかるような事務手数料を無料としているため、配送料がかかったとしても短期解約よりはずっと割安に抑えることができます。

Try WiMAXと言う手もあるが流石にマナー悪いよね

WiMAXプロバイダであるUQコミュニケーションズの公式サイトでは、高速通信が行なえるWiMAXの契約を検討している人の不安を解消するために、お試しとして15日間無料レンタルできる「Try WiMAX」と呼ばれるサービスが存在します。

登録料、通信料、レンタル料、宅配費用などが一切かからず15日間縛りなくWiMAXが利用できるため、旅行や固定回線開設の間利用できればいいという考えが頭をよぎるかもしれませんね。

しかしUQコミュニケーションズはそのような目的でTry WiMAXを行っているわけではありません。

もともとWiMAXのエリアチェックや繋がりの確認をするための無償サービスなので、自己都合による短期目的の利用はあまり褒められた使い方ではないですよね。

またTry WiMAXを利用した際に端末を破損したり返却が遅れたりした場合は、申込の際にあらかじめ登録していたクレジットカードへ違約金が請求されます。

通信料金をケチろうという目的でこの制度を利用することは控えた方が良いでしょう。

短期なら格安データSIMが最適!事務手数料以外…

短期間ポケットWi-Fiを利用する方法の一つとして、データ通信専用の格安SIMを使用する手段があります。

格安SIMを提供しているプロバイダでは、音声通話とデータ通信がセットになっている格安SIMとデータ専用の格安SIMを取り扱っているところが多いです。

音声通話ができる格安SIMの場合、ワイモバイルやWiMAX2+のように契約期間を定めているプロバイダが多いため、中途解約した場合は違約金が発生します。

一方、データ専用の格安SIMの場合は、契約期間を定めていないプロバイダがほとんどなので、契約後すぐに解約しても違約金が発生することがありません。

ただし、データ専用格安SIMを契約する場合でも、選んだプロバイダによっては契約期間や違約金が発生するところもあるので事前に確認するようにしておきましょう。

また格安SIMは、レンタルWi-Fiと違い契約するにあたって別途事務手数料が発生します。

データ専用の格安SIMは違約金が発生しない場合が多いため短期間での利用には向いています。

しかし事務手数料がもったいないうえ、契約するデータ容量によっては、レンタルサービス事業者からWiMAX2+端末を1か月間借りるより割高になる可能性があります。

WiMAX2+端末の貸し出しを行っているレンタルWi-Fi会社の中には、データ容量無制限のWiMAX2+を1ヵ月間4,000円以下で提供しているところがあります。

しかし、格安SIMは選ぶデータ容量が大きいほど月額料金が高くなるため、事務手数料と合わせるとWiMAX2+をレンタルする場合の金額よりも高くなる可能性があるのです。

1GB 5GB 上限なし
790円 1,480円 2,480円

上の表は、U-Mobileのデータ専用格安SIMの月額料金を表しています。

この表を見てみると、パケット量5GBまでは事務手数料を含めてもレンタルWi-Fiと同じくらいの料金ですが、上限無しを契約した場合はWiMAX2+をレンタルする場合よりも高額になります。

これにモバイルルーターの端末代金が必要になるので、短期利用でも総額2万円程度の出費が必要となりそうです。

格安SIMは短期契約には向いていますが、なるべく安く抑えたいのであればデータ容量によって料金が変わる点に気をつけて比較すると良いでしょう。

スマホとWiMAX2+を統合して節約するのも

新居での回線工事のためインターネット回線が使えない間、代わりにスマホのテザリングを利用するのはひとつの手です。

しかし、スマホのデータ通信可能な容量には上限があり、テザリングが使えても上限を超えてしまえば通信速度が大幅に低下するという弱点があります。

そのためデータ通信をたっぷり行いたいならば、スマホのデータ容量が小さくて安いプランとWiMAX2+プロバイダのギガ放題プランを併用することをおすすめします。

ギガ放題プランを契約すると2年間の縛りがありますが、いったん契約しておけば、新居の固定回線が開通した後も外出先でスマートフォンを使って動画を鑑賞したり、ノートPCを使ってインターネットをしたりなど大量のデータ通信ができるようになるからです。

そこで、携帯電話の3大キャリアであるdocomo、au、ソフトバンクのスマホとWiMAX2+を併用する場合以下のようになります。

f:id:mukyoyo_na_k:20170107231304p:plain

一番安いプランの料金をシュミレーションしてみたところ、docomoとソフトバンクでは通話し放題プランと2GBのデータ容量を組み合わせたプランが一番安いため同じ料金となりました。

しかし、auは1回5分以内の電話かけ放題プランと3GBのデータ容量を組み合わせた方がより安く抑えることができるだけでなく、WiMAX2+と組み合わせることによってauスマートバリューmineでの割引が利くため、他社との料金と比べて約1,000円お得です。

3大キャリアでは、独自に割引を行っており割引額はそれぞれ異なりますが、割引を適用したとしてもauが一番安い結果となりました。

スマホとWiMAX2+を併用する場合、約1万円の月額料金なりますが、スマホと固定回線に支払う金額と 比べると料金を抑えてたっぷりデータ通信を行えるメリットはあります。

変化球!UQ1dayプラン

旧WiMAXのサービスの一つに、1日572円で利用できるUQ1dayプランがあります。

WiMAXのみに対応した端末を所持している人はUQに申し込むことで24時間「WiMAX」の電波を利用できるようになるサービスです。

対応端末を持っていれば誰でも利用できるため、最も安くWiMAXの無制限通信が利用できるため3日以内の利用なら高コスパですね。

ですが対応電波は時期は不明ですがサービス終了の可能性が高いWiMAX(WiMAX2+とは別サービス)と、端末はAmazonやヤフオクなどで自費購入が必要となります。

また24時間572円ですから1ヶ月以上の利用には不向きである点も忘れてはいけません。

端末費用を度外視すれば悪くない選択肢だと思います。

結局短期契約できるポケットWi-Fiはどれが良いの?

モバイル通信サービスの多くは継続利用をしてもらうことを前提に料金を設定しているため、短期解約には違約金というペナルティが発生してしまうものが少なくありません。

またWiMAXやワイモバイルでは複数年契約を条件に端末を無料で提供しているので、短期契約する場合は端末料金の負担も必要となります。

結局有名所のサービスで短期解約できるポケットWi-Fiを契約するには多額のコストが掛かることを覚悟しなくてはいけません。

手軽に乗り切るには、スマホのパケホーダイのプランをその月だけ引き上げてテザリングで対応する、契約縛りのない格安SIMを中古のモバイルWiFiルーターで運用がベターな選択肢といえるでしょう。

超短期利用ならUQ1dayもありですが、いつ停波するかわからないWiMAXに数年前の古い中古端末を購入してまで利用するくらいなら、手持ちのスマホのテザリングで乗り切ったほうが安上がりでしょう。

何れにせよ短期解約を考えるなら、キャリアの高額パケットプランの負担や、端末コストは必要経費として覚悟しておかないといけませんね。

短期間で通常契約以上にお値打ち利用できるサービスはない、というのが短期契約の現実です。

まとめ

引っ越しの際の回線工事で自宅のインターネット環境が整っていない場合、短期間ワイモバイルやWiMAXなどのポケットWi-Fiを使用したいと考えることがあるでしょう。

短期間のみ使いたい場合、長期契約前提のワイモバイルでは解約金が発生しますし、WiMAX2+の期間条件なしのプランでは端末料金が高くなったり月額料金が高くなったりするのでおすすめできません。

1ヶ月以上の短期間ならレンタルサービス事業者からWi-Fiルーターを借りるかテザリングでスマホのパケット量を共有する方が良いでしょう。

それ以下ならキャリアのパケホーダイの容量を追加して乗り切るのも一つの手段ですね。

しかし使用期間に関わらず長い目で見てみると、普段動画の視聴や音楽鑑賞などで頻繁にインターネット通信を行なう人にとって、スマホと通信制限が実質ないWiMAX2+の併用は料金が安くデータ通信量を気にせずにたっぷりと楽しむことができます。

さらにWiMAX2+は固定回線と違ってデータ通信を行なう場所が限定されず、通信エリア内であればどこでも高速なインターネット通信を行なえるメリットもあるので大変便利です。