読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業の月収を2倍以上伸ばす環境とは?働きやすい自宅職場の作り方

副業の稼ぎは環境次第

f:id:mukyoyo_na_k:20151024230607j:plain

サラリーマンの平均年収400万円。企業も先の見えない生き残りのために、最大の固定費である人件費はできるだけ削減したい時代に、右肩上がりの昇給は見込めません。

だからこそサイドジョブを持つことで、目減りする給料や増大する生活コストを補う必要性が日増しに高まってきています。

そんな副業意識の高まりを背景に、株式投資やFX、インターネットビジネスとたくさんの参考書が書店の棚を賑わせています。

ここでは副業のノウハウよりも、時間の限られたサラリーマンが集中して副業に打ち込むための環境づくりを考えたいと思います。

本業後の限られた時間をどうやって副業にあてて効率を上げていくのかを考えるとき、副業サラリーマンほど自宅での仕事環境を整えることが大切なのです。

環境づくりとは家族の理解から

副業はプライベートに時間に多くの犠牲を払います。そこには当然家族との時間も含まれます。副業に集中する環境づくりとは、家族理解とコミュニケーションがないと成り立たないことを意味するのです。副業をするに当たって、余計なストレスを抱え込まず、生活を豊かにする仕事に取り組むことができるよう家族の理解と協力はきちんと取り付けてください。

時にはテレビの音や子供の声も集中力を奪う原因となります。副業中に邪魔されないようにするためにも、家族とはよく話し合ってルールを作っておくことがトラブル回避に繋がります。また、あなたが仕事に熱中するあまり家族がおろそかにならないよう、オフをしっかり確保して一家の交流を楽しむ時間を作るのも良いでしょう。

副業をやっているあなただけのこととして片付けるのではなく、家族とのコミュニケーションを取って自宅の環境を周りが支えてくれる仕組みを作って行くことを心がけてください。

自室を見直し整備する

職場環境や働きやすさを会社に依存しているサラリーマンにとって、仕事環境を自分だけで整えることは馴染みのないことです。ですが、本業で疲れきった身体で帰ってきても、自宅や自室が集中して仕事ができない環境だったとしたら、副業がただの苦痛に変わってしまいます。

副業の種類によって作業環境は違いますが、どの業種においても仕事に集中できる環境を優先的に整えるようにしましょう。

例えば自宅に仕事用の専用のスペースを作り、集中できる環境を作る。インターネットを使ったビジネスに取り組む場合、目が疲れないようにブルーライトカットのメガネを導入したり、腰を傷めないようにイスを良い物に買い換えるなど、仕事を集中して取り組み、本業に影響を与えないようにするべきでしょう。

外部の仕事場を開拓

サラリーマンが取り組む副業の多くは自宅が職場です。

どんなになに環境を整えても進捗をチェックする上司はいないので、仕事はあなたのやる気だけで進めていかなくてはいけません。これは誰にも縛られない最も理想的な環境なのですが、気持ちが緩んで仕事の効率が悪くなってしまう環境でもあります。

副業だと自分の給与は本業で保証されているので、危機感が少なく気が緩みがち。手を止めても今すぐ生活が困窮しない安心感を押さえつけて、本業+副業の仕事に打ち込むエネルギーを生み出す工夫が大切。

具体的なやる気の上げ方として、カフェやレストランに移動して環境を変えてみたりすることがお手軽で効果の高い方法です。最近は深夜遅くまで営業しているレストランのおかげで、副業サラリーマンのノマド先もたくさんあります。

やる気がでない時は意識的に活用すると副業の効率が上がって早く成果があるかもしれませんよ。コーヒー代を払って集中力を買ってみてください。

おわりに

副業サラリーマンは作業の効率が大切です。

仕事を効率化するためのスペース確保、家族の理解による環境整備、自宅以外の仕事場の開拓。3つのポイントで副業サラリーマンとしてオンオフ問わず高いパフォーマンスを発揮してください。特に本業に差し支えたら洒落になりませんからね。副業は環境が大事ですよ。