スマホの「SIMフリー」と「白ロム」違いを初心者向けにわかりやすく説明してみる

f:id:mukyoyo_na_k:20150204030222j:plain

格安SIMを検討するとよく目につくのが「SIMフリー」「白ロム」というワード。たまに理解の乏しい人がこの「SIMフリー」と「白ロム」を同じくくりで扱っていたり、知識のあるサイトでも意図的なのか無意識にか、SIMフリーと白ロムをごっちゃにしているなど、初心者にとって混乱を招く表現をしていることがあります。

今回は格安SIMを検討する際に理解しておくべき、2つのワードの違いを出来る限り簡単に説明します。また、巻末にオススメの格安SIMを紹介しますので、SIMフリースマホや白ロムと一緒に利用してください。

SIMフリーとは?

NTTdocomoやソフトバンクなど、携帯電話会社(以下キャリア)と契約しなくても新品で購入できる端末です。世界中で使うことを目的として製造されたスマホなので、海外旅行でも現地のSIMを契約して利用することができます。

国内正規品のSIMフリースマホが1台あれば、日本の格安SIMはほぼ全て利用できるのも魅力の一つですね。

2015年からSIMロック解除義務化が義務付けられ、SIMフリースマートフォンの知名度が上昇しました。それに合わせて、格安SIM各社もユニークなSIMフリースマホの取り扱いを強化しています。

今まではドコモやSoftBankのスマホよりずっと性能が低い端末ばかりだった格安スマホも、今では性能面でも見劣りしない端末が増えてきて、初心者でも安心して選べるようになりましたねー。

メリット

  • 廉価でも性能の高い端末が多く、通常のキャリア契約と比べて端末代が大幅に圧縮できる。
  • デザインや性能に優れたの端末も選べる
  • 日本以外の国でも販売されるモデルなので、キャリアにありがちな「無駄なアプリ」が少なく低スペックでもストレスなく動く
  • テザリング、海外利用など白ロムでは一手間かかる機能も簡単に利用できる

デメリット

  • キャリア端末よりサポートに劣る。海外メーカーの対応の悪さは覚悟が必要
  • スペックや高い質感はキャリア端末に劣ります。廉価モデルは値段なりに高品質です。iPhoneのような高級端末は値段も別格です。
  • 話題性は皆無なので、iPhoneのように「スマホ買えたの?」って話題のネタにすらならない

SIMフリーを買べき人

特別欲しい端末がない人や、自分ではどうにもならないリスクにさらされたくない人はSIMフリー機を選んでください。

また、テザリングを頻繁に利用する、海外渡航の多い人にもオススメです。

白ロムとは?

docomoやソフトバンクなどキャリアが販売するスマートフォンからSIMカードを抜いた端末になり、商品取り扱い上は「中古品」となります。

主にAmazonや白ロム専門店で買うことになるでしょう。画面フィルムすらはがしていない「新古品」と呼ばれる物がメインですが、商取引上は「中古品」であることに違いはないので注意してください。

docomoで販売されたiPhone以外のスマホは「SIMロック解除」の手続きをすることで、海外SIMや他キャリアのSIMの一部を利用できるようになります。

メリット

  • docomoのスマホならほぼ全ての格安SIMを利用できる
  • 定価の半額以下で買えることもある。格安スマホと同予算でハイスペックな商品が狙える
  • docomoでは中古購入した端末でもドコモショップで修理を受け付けてくれる(条件あり)

デメリット

  • 前所有者の利用状況のよって赤ロムと呼ばれる通信不能状態に陥るリスクがある。
    回避するためには赤ロム保証のあるお店で買うしかない
  • Androidスマホはテザリングを使うために、知識とリスクが必要になる
  • docomoのスマホ以外の選択肢が少ない

白ロムを買うべき人

海外渡航をしないけど、格安SIMを使いたい人はdocomo端末がオススメです。iOS8.0からテザリング設定が解放されたので、iPhone5cの中古は狙い目ですね。

また、一部の端末は格安スマホ以下の価格ながらプログラムをいじることでSIMフリー化することも可能です。非常にリスキーですがスマホを安く弄りたい人にも白ロムの方がお勧めです。

SIMフリー/白ロムにオススメの格安SIMは?

SIMフリースマホや白ロムを検討する人にとって、格安SIM選びはとても重要です。

まずはデータ量とその料金、次にスピード、最後にアフターサービス。

以上の3つのバランスが格安SIMには重要です。

当サイトではデータ通信量とかけ放題オプション、そして実店舗によるアフターサービスが充実している 楽天モバイルをおすすめしています。

当サイト一押し!楽天モバイル

電話番号付き3.1GBプランが1,600円で利用できる楽天モバイルは、安定した回線速度とサポート体制で初心者に最もオススメの格安SIMです。

SIMフリースマホも豊富に取り扱っているので、購入後の設定や操作が不安な人はスマホとSIMを一緒に買えば、スグに利用できる状態にセットアップして手元に送ってくれます。端末同時購入で楽天スーパーポイント(電子マネーとして使える)が10,000ポイントキャッシュバックされたり、月額利用料金の1%が楽天スーパーポイントで還元されるなど、契約するだけでお得な格安SIMとなっています。

楽天モバイルの料金プランを解説!

f:id:mukyoyo_na_k:20170215171447p:plain

楽天モバイルは、ベーシック、3.1GB、5GB、10GBに20GB、30GBの大容量プランを含めた合計6つの基本プラン用意し、SNS、音声のオプションをつけていくタイプの格安SIMです。

まずは自分の必要なデータから月額料金を選んでいくので初めてでも分かりやすい料金システムとなっています。

5分かけ放題オプションは必要?

楽天モバイルの強みの一つでもある、5分間のかけ放題オプションは絶対に契約しなければいけないのか?

実はこのオプション、普段からLINEで通話している人は無理して契約する必要はありません。

通常多くのユーザーはLINEの無料通話アプリを利用しており、プライベートな電話は無料のサービスで完結する時代です。

5分かけ放題オプションの月額料金が850円ですので、通話料金30秒/21.6円で計算すると、月の通話時間が20分未満の人はオプション料金のほうが高くつく計算になります。

毎月の通話が20分未満に当てはまる人は、オプション利用は見送ってもいいでしょう。

まとめ

小さいようで、とても大きいのが白ロムとSIMフリーの違い。

ちょっとややこしいですが、基本をしっかり押さえておけば、大丈夫なのであまり気負いせずに気に入った端末を手に入れてください。

初めに利用する格安SIM会社を決めておくと、スマホ選びがスムーズになりますよ。

楽天モバイルなら、低価格からハイスペックSIMフリースマホまで、セットアップ済み+高額キャッシュバック付きで使えるのが最大のメリット。

最新のSIMフリー端末も取り揃えて、困ったときも全国の家電量販店やサービスショップで対応してもらえるので、スマホの設定に不安がある人でも安心して利用できます。