読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白ロムと格安SIMをセットで購入するためには?

f:id:mukyoyo_na_k:20150909190106j:plain

SIMフリースマートフォンとは細かいところで違う白ロムスマートフォン。

格安SIMの広がりから格安スマホと呼ばれるSIMフリースマートフォンが注目されていますが、普段使っているメーカーとはあまり馴染みのない海外製のスマホも多く、購入に躊躇されている人も多いでしょう。

人によっては防水・ワンセグ・おサイフケータイ機能など、日本独自の機能がほしいのにSIMフリースマホには無くて購入を断念している人もいるはずです。

そこで白ロムという選択肢があるのですが、購入できる場所が限られていたり保証の問題で大きなリスクを抱えているスマホでもあります。

そんな白ロムですが最近では格安SIMとセットで販売されるようになり、白ロム特有のデメリットを回避できる保証制度が整ったスマセレクトというサービスも登場してきました。

格安SIMに組み合わせて安心して使える白ロム選びを紹介いたします。

白ロムって何?

白ロムを簡潔に言うと、SIMカードの入っていないdocomoやSoftBankで販売されたスマートフォンのことを呼びます。

昔、SIMカードのないガラケー時代には電話番号情報は、本体のROMに直接書き込まれていました。ROMから情報を消去して、まっさらにした状態(白)の携帯のことを白ロムと呼んだのが白ロムの起源です。

今のスマートフォンは厳密に言えば白ロムとは言わないのですが、業界の慣習とユーザーの混乱を避けるために今でも白ロムと故障されています。

現在スマホの白ロムはスマホからSIMカードを抜き出して、初期化した端末という理解で問題ありません。

▼白ロムとSIMフリーの違いはこちらで詳しく説明しています▼
スマホの「SIMフリー」と「白ロム」違いを初心者向けにわかりやすく説明

白ロムのリスク・灰ロム赤ロムとは?

白ロムはなぜリスクの有る商品だと言われるのでしょうか?

その理由はスマートフォンを購入するときに、多くの人が利用する月賦払いと深い関係があります。

日本のスマートフォンの多くは、利用料金と一緒にスマートフォンの本体代金を分割で支払う月賦販売で購入されています。

この月賦払いの多くは、月々割引などと呼称される割引サービスによって本体価格9万円を超えるスマホを実質0~数万円で購入できるようになっています。

日本でケータイやスマートフォンが爆発的に普及した要因に、この実質ゼロ円戦略が大きく貢献しました。

月賦販売で大幅な割引を提供できる理由は、2年間スマートフォンを継続的に利用する前提があるからです。

ようするに2年以内に解約されて端末を持ち逃げされたり、月賦代金を踏み倒したりされるとスマホキャリア各社は大きな損失を被ることになるのです。

ここ数年でヤフオクやAmazonの台頭、専門買取店の広がりから、スマホ本体を誰でも手軽に換金化できる時代となりました。

端末の代金を踏み倒され、スマホを換金化されてはキャリアもたまりません。

そう言う不正をする輩を取り締まるためにも、キャリアは不正に持ち逃げされた端末の利用を制限するネットワーク制限というシステムを導入する必要がありました。

他にも盗品の転売を防ぐなど防犯的な要因もありますが、このネットワーク制限がかかる原因の多くが端末代金の踏み倒しや支払い遅れです。

ここでようやく本題に戻りますが、白ロムの中には端末代金の支払いが終わっていなかったり、悪意を持った転売屋が踏み倒し前提で売却したスマホが紛れ込んでいることがまれにあります。

特に支払い完了していないスマホは、前の持ち主が支払いをうっかり忘れてしまってもネットワーク制限がかかる可能性があるので踏み倒し上等の詐欺師よりも質が悪いことがあります。

ネットワーク制限がかかったらどうなるの?

ネットワーク制限は各キャリアのホームページから簡単に調べることができます。

例Docomo ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト

ネットワークの評価には○△×の3種類が存在します。

  1. ○は完璧な白ロムで制限なく、今後も制限されない
  2. △は制限なしだが支払い遅れなどで制限の可能性ある灰ロム(広義的には白ロムで統一)
  3. ×はネットワーク制限された赤ロム

端末は△で表示されることが多く、端末の支払いが完了後m数カ月後に自動的に○になるか自分で申請して○にしてもらうことが可能です。

残債がある△の端末も支払いさえ滞り無く完了すれば、何事も無く○になります。 厄介なのが×(赤ロム)です。

この赤ロムは一度なってしまったらほぼ100%ネットワーク制限を解除することができません。

SIMを刺しても利用が不可能になります。かろうじてWi-Fi接続で利用できるようですが、ただ高いだけのiPodtouchになってしまいます。

赤ロムになってしまったら、国内ではスマホとして利用できなくなるのです。

白ロムを購入するときには赤ロム保証が存在するお店以外では絶対に買ってはいけません。

白ロムは買うのも使うのも自己責任

ここまで説明してきたように、白ロムは購入から利用まですべて自己責任の端末となります。

メーカーはあくまでdocomo純正のサービスを利用するために販売している端末ですので、いくらdocomo回線を利用しているとはいえ会社の違う格安SIM業社のサービス利用まで面倒見てくれません。

なにか動作不具合があったとしても自分で解決しなくてはいけないのです。

SIMフリースマホなら、メーカー側も格安SIM利用を想定していますのである程度は対応してくれるでしょうが、白ロムにそれは期待できないのです。

そうなるとAmazonやヤフオクで購入する白ロムというのは、自分でなんとかできるだけの知識を持った人にはお買い得でも、スマホの事もよくわからない人が気軽に利用できるものではありません。

リスクを最低限するためのお店選び

白ロムを選ぶときに注意しておきたいのは、赤ロム化するリスクと不具合が起きた時の保証です。

正規の購入方法じゃないから不具合が起きても自分で何とかする、といえる人ならいいのですが最低限赤ロム保証と故障や設定のサポートくらいはほしい人がほとんどのはず。

白ロムを選ぶなら保証とサポート面がしっかりしたお店を選ぶことをが重要になってきます。

組み合わせる格安SIMはどうするの?

白ロムを選ぶときに注意しなくてはいけないのは、格安SIMとの組み合わせです。格安SIMの殆どは格安スマホから白ロムまで、日本にあるスマホのほとんどに対応しています。

が、全てに対応している保証はありません。プロバイダのAPNと何故か相性の悪いかったり対応していない端末も存在します。

また格安SIMの会社でも動作確認をしている端末に偏りがある場合も。特に最近は自社で格安スマホを揃えて端末販売も一貫して行う業者が増えたため、自社プランドのSIMフリー端末や一部人気の端末以外動作確認をしていない業社も少なくありません。

端末とSIMのミスマッチが起こらない、または起こってもその損失を保証してくれるサービスを選ぶことが重要です。

また自社の取り扱い白ロムや端末の作動状況を確認したSIMのみとセットで販売するなど、販売商品とSIMの相性に注意を払っているか否かも見ておきたいポイントの一つですね。

SIMと端末の組み合わせが不安な人はスマセレクト!

格安SIMと白ロムの組み合せで、動作確認確認・販売・保証を一貫してしているお店はなかなかありません。

格安スマホを取り扱うSIM業社は多いですが、その殆どが海外メーカーか国産ミドルスペック端末で、国内製のハイスペックスマホは取り扱っていません。

動作は確認していますが、基本は自己責任です。

それに今では格安SIMも種類が増えすぎて、プランや価格、端末の組み合わせのバリエーションが数百種類以上。

自分にピッタリのセットを選ぶには時間と手間が必要になってしまいました。

そこで登場したのが各種格安SIMとスマホをセットで販売するスマセレクトです。

スマセレクトの優れているポイント

格安SIM業社のスマホセットはあくまで、SIM会社提携のスマートフォンのみ取り扱いです。

基本白ロムには対応していませんし、利用も自己責任となります。

格安スマホも性能や品質は決して悪くはありませんが、防塵防水やワンセグ、おサイフケータイなど日本独自のサービスの利用はできないものばかりです。

便利機能がついていない格安スマホで躊躇していた人も、動作の確認をしているSIMと白ロムスマホをセットで販売してくれるスマセレクトなら、今まで通りスマホを使いつつ格安SIMに乗り換えることが可能になります。

各社プランをまとめて比較できる

また、星の数ほどある格安SIMのプランを横断して比較できるため、自分にあったサービスやプランを見つけやすく初心者のSIM選びに最適化されています。

スマセレクト独自の格安SIM調査のおかげで、自分の使い方にピッタリの格安SIMを探すのにほとんど手間がかかりません。

格安SIM選びは本来、使いたい会社を決めてから端末を選ぶのが今までの常識でした。

スマセレクトなら使いたい端末から、自分にピッタリのSIMを選ぶことも可能になりますから端末選びの自由度が高いといえますね。

端末代金を分割払い可

キャリアの実質0円と同じように、月額料金+スマホ代金が分割払いが可能なプランも選択できます。

もともとプラン料金の安い格安SIMに端末代金の分割ですから、キャリアのように8千円~1万円以上の料金を請求されることも、月額数百円の着うたや○○パスのようなコンテンツの契約も必要ありません。

端末代金込で平均5千円の月額負担ですからキャリアよりもずっと低コストでスマホとSIMを手に入れることができます。

分割中は残念ながら解約の縛りが発生しますが、端末代金完済後は通常の格安SIMと同じく更新月や再度2年縛り発生などの面倒なことは起こりません。

このような点からもスマセレクトのSIM白ロムセット販売は、単純な格安SIMと白ロムの組み合わせとは違うことがわかります。

どうしても商売ですから、スマセレクト側が損をしない仕組みとなりますが、安価でキャリア製の高性能端末を格安SIMで安心して利用できる仕組みとしてよく出来ているサービスといえます。

こちらでオススメの格安SIMを徹底比較しています

DMM.mobileはIIJ・楽天モバイルと何が違うのか?最安値比較とその評判!