読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WiMAXをお得に活用してスマホ料金節約する方法!

f:id:mukyoyo_na_k:20151127223947j:plain

WiMAXを利用してスマホ料金を安くしたいのなら、カケホーダイ以外のプラン全てを解約して電話契約だけしてください。これが、最大の節約術です。

スマホ料金はドコモやSoftBankを利用していると分かるように、毎月の価格が決して安いものではありません。月2GBのパケット料金とカケホーダイを利用するだけで、6,000円以上の料金を毎月支払わなくていはいけません。

この月額料金以外でも、契約によっては端末の月賦支払いが発生しますので、月額1万円以上の月額料金を支払っている人も少なくありません。

だからこそWiMAXを利用したスマホ料金節約術は、今でも十分通用する節約術となるのです。

WiMAXの料金とキャリアのスマホ料金の違い

日本の3大キャリアと呼ばれる、ドコモ・SoftBank・auのパケット料金は今なお高額料金です。総務省からの通達で値下げを強く要求されているのですが、実際はパケット通信量を2GBなどに絞って数百円割り引いただけの、見た目だけ割安なプランが登場しただけで、実際の利用に必要な通信容量のプランは以前高値止まりのままです。

満足な通信量でスマホを利用しようとした時、月額料金は8,000円を請求されることが今なお業界の常識として存在しています。

対策として、2年毎にモバイルナンバーポータービリティ(MNP)で一括0円のスマホに乗換える方法もあります。

この方法は有効活用することで、端末を無料で手に入れつつキャッシュバックや月々割を活用して月額料金を通常よりも大幅に節約して利用することが可能になる節約術です。

多くの節約家はMNP一括0円で渡り鳥をすることを推奨しますが、誰もが2年目の契約更新月に一括0円キャンペーンのお店を探しているほど時間や労力を使えるわけではありません。

またMNPは電話番号を引っ越しできても、メールアドレスを引き継ぐことは不可能です。公私共に長年利用しているメールアドレスを自分一人の都合で変えられない人も少なく無いでしょう。

格安SIMによるスマホ料金節約が注目されつつも、なかなかユーザーがシフトしていかないのは、乗換の手間や、個人の一存でメールアドレス簡単に変更できない事情もあります。

契約やメールアドレスを継続しつつ、毎月のパケット料金を抑えたい。だからこそ月額3,000円台でパケホーダイを代替できるWiMAXの価値が高まるのです。

スマホテザリングとWiMAXの違いは?

WiMAXが何よりも有利なのは、モバイルwifi利用時に上限を気にせずパソコンやタブレットに接続できる点です。

キャリアのスマートフォンもテザリング機能を搭載していますので、モバイルwifiとして利用することも可能ですが、色々と弊害もあります。

テザリングはバッテリーの消費が多い

スマホは本来連続して電波を発信し続ける為に設計されているわけではありません。様々なアプリをバックグラウンドで待機させつつ、断続的に通信をしながら、バッテリーを必要以上に消費させないための部品や、高度なプログラムが組まれています。

テザリングは電波の中継地点の役割をはたすことから、最もエネルギーを必要とするLTE通信を行いつつ、Wi-Fiの電波を飛ばすルーター昨日を同時にこなすためバッテリーの消費を早めてしまうのです。

バッテリーのもちが良いと評判のiPhoneでさえ、テザリング時のバッテリー消費は大きく、私のiPhoneですと4時間連続通信で容量20%を下回ります。

実際バッテリーだけの問題でしたら、ノートPCにUSB接続をするか、モバイルバッテリーを用意しておけば大丈夫でしょう。

容量は周辺機器では増やせない

しかしパケットの容量だけは周辺機器でフォローすることはできません。

私のように外でノートPCをよく使う場合、月の通信量がパソコンだけで10GB超えてしまう場合もあります。スマホ通信量が別に3GBと仮定します。

もしこれをキャリアのスマホ料金だけでカバーしようとすると、個人でも最低15GBのプランを契約する必要があり、ドコモのプランだと月12,500円・SoftBankは月13,500円必要です。

WiMAXの平均的な料金が月3,000円後半だと考えると、15GB以上使うと仮定するなら、月9,000円の節約になることがわかります。

WiMAXがキャリアのパケ放題2GBプランを契約と同等の負担額で利用可能な点は、WiMAX利用によるスマホ料金節約の大きな強みとなるのです。

WiMAXは月5GB以上利用する人のスマホ代節約に

キャリアのパケ放題との料金差でWiMAXを選ぶ場合、契約や維持の手間を毎月2GB以上の通信をしている人でもその恩恵に預かれるのですが、キャリアメール(docomoやezweb)を残す場合は話が少し変わってきます。

キャリアのメールを利用する場合、SPモードなどのプランに契約することが必須となるのですが、SPモードなどプロバイダプランを契約していながらパケット定額プランを解約してもパケット通信を行ってしまう危険性が残ってしまいます。

使った分だけパケット料金が請求されてしまい、その料金が数万円になり家計が圧迫されることから、通称パケ死という状態になるのです。

ガラケーと違いスマホの1回の通信料は数百MBから数GBになることも。安くしようとパケット定額を解約したばかりに、ある日突然数万円の請求されたら大変です。キャリア側もそのような事故の救済措置をしてくれるのですが、数万円の請求書を見たらとても平常心で入られないでしょう。

キャリアメールをこれからも利用する場合、パケット料金の最安プランに乗換えて、差額でWi-Fiを維持するのが一番面倒なく失敗のないスマホ節約方法です。

docomoのプランを例に出すと、単身者で利用しているなら月8GBの契約なら、2GBプランへ乗換えることでWiMAX分の料金を捻出しつつ、月に50GB以上の大容量通信を利用することが可能となります。

シェアプランを利用している人は、家族との兼ね合いもありますが、一番パケットを消費している人にWiMAXを渡すことで、シェアプランを引き下げる事ができるようになります。

シェアプランはプランごとの料金差が非常に大きく、1つプランを引き下げるだけでもWiMAXの月額料金以上の節約があっさりと実現してしまうのです。

キャリアのパケホーダイを残しておくことで、カケホーダイとキャリアメール、そして繋がりやすいエリアを利用できます。災害や緊急時の初動の速さは3大キャリアに敵う通信会社はありません。

過去の震災でもdocomoなどが、すみやかに電波中継車を配車して、災害後インフラの回復に努めました。

万が一の時にすべてをWiMAXで対応するのは、会社規模やマンパワーの差からどうしてもリスクが高まってしまいます。

なにか起こった時に、WiMAXだけでは心細いですからね。

WiMAXは日常の利用にこそ真価を発揮するモバイル通信サービスですので、きちんと特性を理解して選択することが大切になるのです。

ですので、同じ維持費かそれ以下の月額料金で、WiMAXを利用しつつキャリアの安定したインフラを確保することは、極端な節約では得られない安心となります。

WiMAXを利用してキャリアメールやパケ放題を残した契約のもう一つのメリットは、面倒な解約や端末の月々サポートの打ち切りがないこと。

誰がやっても確実にお値打ちに使えるのがWiMAXを利用したスマホ料金の節約なのです。

普段の通信は上限を気にしないでWiMAXを利用しつつ、キャリアの広いエリアも利用ができる高品質な環境を+数百円~1000円で手に入るでしょうね。

格安SIMはWiMAXより節約になるのか?

WiMAXを利用しつつスマホ料金を更に引き下げる方法は、キャリアから離れて格安SIMを契約することです。

この場合、キャリアメールは100%利用できなくなります。またカケホーダイが契約できる格安SIMの数が少なく、通話時間も5分以内と制限もあるため、誰にでもオススメできるものではありません。

逆にキャリアメールは普段から使わない、LINE通話で十分、電話番号は全く使わないという人なら思い切って格安SIMに乗換えを検討してください。

安さを求めるなら格安SIM

docomoで2GBのパケホーダイを契約するとデータSパック3,500円+SPモード300円-+カケホライト1700円の合計6,500円の維持費が必要になります。

緊急用として割り切るにしても、毎月の負担が重たく感じる人も少なくありません。

あなたが電波の繋がりやすさを確保しつつ、メインの通信を徹底的にWiMAX利用するつもりなら、スマホを格安SIMにMNPして、1~3GBの音声プランを契約することで月1,500以下の料金にまで削減することもできます。

その代わり通話料金は30秒毎に21.6円かかりますので、電話をよく利用する人は注意が必要です。

どうしてもかけ放題プランが必要なら、かけ放題オプションを用意している楽天モバイルかDTI SIMを選ぶこともできます。その場合、1契約で2,3枚のSIMを契約するシェアプランには楽天・DTIともに対応していませんので、家族ごとの乗換には不向きになっています。

そういう点で価格は安いものの選択肢が少ないのが、かけ放題利用可能な格安SIMを取り巻く現状です。数年以内に状況は変わってくるのでしょうが、いま無理して乗換える必要は少ないでしょう。

私の意見としては、回線の見直しにはタイミングがありますので、契約更新月や乗換のタイミングをしっかり家族で話し合って行動に移すべきです。

WiMAXを契約したから無理やり格安SIMに乗換える必要はありません。

繋がりやすさは格安SIM。スピード面はWiMAX

格安SIMとWiMAXでは、WiMAXのほうがハイスピードに利用できます。

ですがエリアはdocomo系格安SIMの圧勝です。

WiMAXは電波周波数が原因で屋内は繋がりにくい、という弱点を持っています。格安SIMはdocomo系au系どちらもプラチナバンドに対応しているため、屋内でも安定して通信ができるのが強みです。

エリア面で劣るWiMAXを格安SIMの繋がりやすさでフォローして、速度面で劣る格安SIMをWiMAXがフォローするのが最もバランスの利用法といえるでしょう。

かけ放題を残しつつWiMAXを使うことで無理のない節約が可能です

スマホ料金の節約で、格安SIMに乗り換えようとする場合、違約金やMNP手数料、かけ放題の有無など色々乗り越えなくてはいけない事がたくさんあります。

特に家族ごと契約している人にとって、解約違約金は人数に応じて重たくのしかかってくる問題です。端末の月賦が残っている人はその料金も支払わなくてはいけません。

まずは、WiMAXで負担の大きなパケット料金を削減し、タイミングを見計らって節約のステップを踏んでいくことをおすすめします。

それにキャリアメールを無理やりなくしてしまうのは友達や知人、ビジネスの縁をなくしてしまう可能性だってゼロではありません。

安くなるからといってお金で買えないものを捨ててしまわないように注意してくださいね。

まとめ

WiMAXを利用したスマホ料金節約の流れは、

  1. WiMAXの契約と一緒にパケットプランを限界まで引き下げる
  2. スマホのキャリアメールやカケホーダイの利用状況を見極めつつ更新月まで待つ
  3. 格安SIMに乗換を検討する

となります。

最後の格安SIMへの乗換は、徹底した歳出削減のための節約法です。キャリアメールや時間制限無しのかけ放題が必須の人は無理をせずにキャリアのスマホを利用して下さい。

WiMAXを利用するだけでも十分な節約効果を見込めることから、違約金を払ってまで無理やり乗換えて使い勝手が悪くなるリスクをおう必要はないからです。

どこまでも削減できるモバイル回線ですが、過度な削りすぎには注意して下さいね。

WiMAXのおすすめやキャッシュバックや割引情報はコチラ

ポケットWifiは無制限で使える?最安値おすすめTOP3を徹底比較!