スマモバのスマートリッチ25レビュー!docomoポケットWiFiよりお得?

f:id:mukyoyo_na_k:20170227214817j:plain

Docomo格安SIMで無制限プランを提供するスマートモバイルの大容量プラン、スマートリッチ25を富士ソフトF030Wと一緒に借りる機会に恵まれたので、端末のレビューこみでスマモバさんが力を入れる新サービスをレビューです。

格安SIM他社も利益率の高い大容量プランに力を入れる中、データ専用のスマートリッチ25がどこまで通用するのかをユーザー目線でレビューさせてもらいます!

DocomoポケットWiFiは高額

格安SIMに触れる前に、初めにdocomo純正のポケットWi-Fiの料金について触れておかなくてはいけません。

Docomoの純正ポケットWi-Fiがどれだけ高額なのかを知ることで、今のモバイル通信サービスがどれだけ安く利用できるのかを知ってもらえればと思います。

docomoのポケットWiFiのお値段は4,900円!

DocomoのポケットWiFiを単独で利用するために必要な最低料金は、

料金
基本データプラン 1,200円
moperaU 200円
データパックS(2GB) 3,500円
合計 4,900円

です。

最近の格安SIMは2GBプランを700円程度で契約できるため、docomoのデータパックSはその5倍の料金です。

こうしてみるとdocomoのデータ料金がどれだけ高いかがよくわかりますね。

スマモバのスマートリッチ25について

スマモバはこれまでdocomo回線を使った無制限の格安SIMを積極的に展開してきた会社です。

当サイトでもこれまでに、サービスイン初期、無制限プラン回線増強の2度のタイミングでレビュー記事を書いてきました。

データ量無制限で圧倒的なアドバンテージを持つWiMAXと比べるとどうしても、エリア面以外でどうしても見劣りしてしまうというのが管理人としての結論なのですが、今回は無制限から離れてMVNO各社が力を入れる大容量プランですので少し期待です。

スマートリッチ25は月額3,980円で月25GBまで速度制限無しで利用できることから、無制限まで必要はないから速度が欲しい人向けのプランだといえるでしょう。

スマートリッチ25レビュー

スマートリッチ25は最大25GBまで通信制限無しで利用できることが売りの格安SIMです。

その特徴はデータSIMプランのみ、端末なし3,480円、端末込み3,980円。

データSIMでありながら2年間縛りで違約金9,800円が必要になるなど、珍しい構成となっています。なお2年以降の解約金は0円です。

一応回線の速度はベストエフォートで225Mbpsとなっていますが、実測は数字ほど速くないというのが印象ですね。

1日の速度を計測してみると、

  • 15時3~4Mbps
  • 17時1.4~2Mbps
  • 21時1~2Mbps

とスピードテストの結果は厳しい結果に。

気になったのはPING値が常に100を超えており、動画再生直前の待機時間が少し長い印象を受けました。

気になる動画は夜間のピークタイムの視聴は画質を落とすなどの工夫が必要になるため、25GBまでは速度制限なしのメリットがスポイルされていますね。

正直この速度水準なら無制限プランとほとんど変わらないレベルですから、25GBプランを選ぶ理由があまりないというのが正直な感想です。

相変わらずDocomoエリアなのでつながりやすさは抜群ですね。ただしdocomoの回線混雑時間帯にそのまま速度低下が被る印象でした。

FS030Wレビュー

f:id:mukyoyo_na_k:20170227214845j:plain

富士ソフト製のポケットWiFiで、WiMAXやワイモバイルの端末と比較すると飾り気もなく地味な端末と言えます。

特筆するべき点はdocomo、au、SoftBankの全キャリアに対応している、SIMロックフリーである点です。

逆に言えば、それ以外に特筆するべき点は少ないとも言えるほど良く言えば質実剛健、悪く言えば特徴の少ない端末と言えるでしょう。

モバイルルーターとしては珍しい正方形サイズで、カバンに入れていても大きさは気になりません。

流行のタッチパネルは搭載しておらず、設定はボタンによるアナログ操作で行います。

細かい設定の変更はできないのでボタンのみで十分操作可能ですが、シンプルすぎて個人的には物足りないですね。

特に発信電波の対応周波数が家電の干渉を受けやすい2.4GHzのみで、最近主流の5GHzに対応しておらずもう少し速度がほしいと思う場面での踏ん張りが足りない。

連続20時間のLTE通信のおかげで1日中接続状態を維持できる点は評価できるのですが、最大速度150Mbpとスマモバの掲げる最大速度225Mbpsに対応できていないのは残念です。

混雑時間帯の速度が…

端末込みでdocomoポケットWiFiの半額程度で契約できるスマモバですが、混雑時間帯に1Mbps程度では他の大容量プランを提供するMVNOと比較してオススメできる水準とはいえません。

端末とSIMをお借りしているので、もう少し良いところを探そうと思いましたが、残念ながら良いといえるレベルのサービスとは言い難いものでした。

無制限SIMの場合は、回線増強によりdocomo系格安SIMの無制限プランの中でも使える部類のSIMだと感じるほどに回線の質が上がったのですが、スマートリッチ25に関しては改善余地の多いプランであるといえますね。

WiMAXやワイモバイルが弱い地下鉄もエリア内なので、圏外とは無縁ですので、速度よりもエリアとつながりやすさを重視するなら良いのですが、それならスマモバでなくても速度が速い大容量プランは他にもありますからそちらを選ぶほうが良いでしょう。

2年縛りを設けるのであれば、それ相応に回線速度を上昇させてユーザー体験の向上が急務であると考えます。

同じ値段を払うなら、無制限プランをおすすめします。

▼スマモバ無制限プランを見てみる▼

20160518131941

Docomoエリアで使えるポケットWiFiを、端末とSIMセットが設定済みで利用できる手軽さがスマモバのメリットですが、これはスマートリッチに限らず無制限プランやプレミアムプランでも受けられるメリットですからねー。

まとめ

スマモバのスマートリッチ25は今のモバイル業界のトレンドに乗っかった商品ですが、効率を求めてユーザー体験にフォーカスしていない印象を受けました。

MVNO各社の強力な大容量プランの中で、2年縛りを設けるのであれば、2年契約を受け入れてくれたユーザーに対しスマモバの世界を楽しんでもらえる仕組みやカラクリを用意していて欲しいなと思います。