読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純米大吟醸喜多屋、ほか2本!宅飲みに呼ばれて日本酒ばかり飲んできた。

f:id:mukyoyo_na_k:20150330121558j:plain

美味しいワインが大好物で、日本酒はあまり好きではありません。しかし、美味しい日本酒なら話は別です。先日宅飲みに誘われて美味しい日本酒を振舞ってもらったので、ちょっとしたレビューを添えて紹介したいと思います。

特に大吟醸喜多屋は、大吟醸嫌いの俺でも美味しく飲める味わい深い日本酒でした。

弱いくせに好きな困ったちゃん

もともと分解酵素を持っていないので、めちゃくちゃ弱いんですよ。ちょっと飲んだだけで赤信号通り越して青信号が点滅するんですよね。音楽関係も含めて飲む機会はそこそこあるのですが、なかなか強くなりません。そのくせ調子に乗ってしまうタイプなので、幹事のくせに潰れてしまう失態を数回犯したこともあります。

今回のお呼ばれも、嫁さんに潰れないよう再三のご忠告をいただきました。彼女は俺と違いウワバミなので、こういう席になると途端に偉そうに振舞ってきます。ま、しょっちゅう潰れてるのを見てるからしょうがないかw

個性豊かな日本酒3種類

今回振舞われた日本酒は3種類。

龍力 如水

f:id:mukyoyo_na_k:20150330121324j:plain

黒田官兵衛ゆかり播磨の日本酒。

果実的なまろやかさの中に、ピリッと舌が痺れる絶妙な辛口の後味。今回飲んだ日本酒の中で一番どっしりした飲み口でした。というより、他の2種が吟醸だったので如水が辛口に感じただけかもしれません。

池亀 純米吟醸無濾過生原酒

f:id:mukyoyo_na_k:20150330121336j:plain

福岡の池亀酒造の限定品でもある、吟醸生原酒。

米の甘みと雑味のない味と滑らかな飲み口。1口目は軽い飲み口にも感じたけれど、後引く香りやボリュームのある味わいでつまみが進みました。個性的な味わいで吟醸があまり好みではない自分が満足する出来栄えでした。

喜多屋 純米大吟醸 しずく搾り

f:id:mukyoyo_na_k:20150330121346j:plain

こちらも福岡より、喜多屋の純米大吟醸しずく搾り。

うーまーいーぞー!

これは飲んでみないとうまさがわからないと思う。大吟醸ってこんなに個性的で美味しいんだ。これせいで、地元の吟醸酒が飲めなくなるかもしれない。そう思わせる禁断の魔酒だった。

まとめ

ただで飲ませてもらった美味しい日本酒でした。飲みニケーションっていいものです。人との付き合いが広がってくるとこういう機会がふえて、いろいろな経験もさせてもらえますからね。

あ、おつまみで出てきた椎茸と味噌の和え物もうまかったです(^q^)

おまけ:日本酒はアドセンス大丈夫?

Googleの中の人曰く日本酒ワインは販売も含めてOKのようです。実際どうなるかわかりませんが、注意されたらこの記事を消します。

参考:グーグル日本法人でアドセンス収益化セミナーを受けてきました