読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタボ改善!糖質制限ダイエットは肉まみれの生活?

メタボ改善糖質制限ダイエット

f:id:mukyoyo_na_k:20160317001113j:plain

若い頃とおなじ感覚で食べると増えてくるお腹周りの脂肪。

私は過去にファスティングダイエットに挑戦して、5kg以上の減量を達成しました。

ですがファスティングダイエットの欠点として、食欲との戦いによるストレスと反動によるドカ食いがあります。

実際ファスティングダイエット中でも、夜間には食欲に負けて夜食にお菓子やラーメンをよく食べていました。

それでも減量ができていたのですが、仕事で責任も重たくなってくる30代に1食抜きの食生活は健康や体力面で不安が。

そこで単純なカロリーセーブではなく糖質を制限し、予備エネルギーである中性脂肪燃焼を積極的に促す糖質制限ダイエットにシフトチェンジすることに。

20代よりも肉がつきやすい体になっているのをはっきり感じる30代。

糖質制限による、余剰な脂肪の燃焼は本当に効果があるのでしょうか?

糖質制限ダイエットって何?

ややこしい理屈なしに端的に表現すると、主食を食べず肉や魚をたくさん食べるダイエット法です。

お肉や魚ばかりを食べ続ける偏食ダイエットではなく、栄養素のバランスも考えた食事を取らないといけません。

その点ではダイエットの基礎でもある、バランスのとれた食事に通じます。

炭水化物を制限

炭水化物を豊富に含むお米やパンは、エネルギー源兼脂肪の元凶となる糖質を多く含みます。

その糖質が体内に入るとブドウ糖に分解され、活動のエネルギーとなるのですが、使い切れなかったブドウ糖が中性脂肪となって脂肪細胞に蓄積されるのです。

この脂肪は体内のエネルギーが枯渇した時に、予備エネルギーとして利用されるいわば燃料の貯金。

食糧事情の悪い時代でしたらこの脂肪の有無が文字通り生死を分ける重要な命綱でした。

しかし1日3食定期的に食事を食べる現代人には、意識的な運動をしないかぎり蓄積された中性脂肪を利用する機会はありません。

結果貯蔵分が使われることなく、メタボリックシンドロームに繋がると言われます。

日本のファストフードを眺めると、マクドナルドに牛丼、パスタ、ラーメンなど炭水化物だらけです。しかも二郎系に代表される大盛り、ドカ盛り文化絶頂期。

低コストでお腹いっぱいになれるファストフードは、ジャンクな味と中毒性のおかげで食べることそのものが快感になります。

しかし、ファストフードのドカ盛りは主にご飯や麺の積み増し。

この高糖質環境が肥満やメタボにつながるからこそ、美味しい誘惑を断ち切れる自分を作らないといけません。

糖質制限ダイエットは、意志の弱い自分に喝を入れるための修行なのです。

お肉をたくさん食べるから意外とキツイ

糖質制限ダイエットは主食をお米からお肉・魚に移すことから始めていきます。

体重60kgの人の場合、牛肉換算で1日300g以上の摂取が理想です。

肉は赤みを積極的に食べることが望ましい、のですが牛肉の赤身と言うとヒレなど高価な部位。

毎日食べるとお財布がすっからかんになりそうです。

牧草牛が良いけど、簡単に入手できないよ!

牛が良いとされる理由の1つがオメガ3脂肪酸が豊富だからという理由ですが、このオメガ3脂肪酸の含有量は飼料によって変化します。霜降り和牛に使われる飼料は主に穀物類。良質な赤みのお肉は草原に放牧され、草を食べて育った牛からとれます。

日本の牛肉需要は当然霜降りです。牧草で育てられた放牧牛の流通量は限られています。

放牧牛の赤身肉は理想的なタンパク源ですが、安定入手が大変なため、普通は牛や豚、鶏でもOKとのこと。

豚肉は不足しがちなビタミンBが含まれていますので、積極的に食べると良いでしょうね。

小間切れやロース肉をスーパーのセールでまとめて仕入れると食費も節約できておすすめです。

良質なタンパク質という点では、鶏のささ身も。歯ごたえがあるので腹持ちもよく牛や豚のような油っぽさが少ないおかげで、さっぱり食べられます。

たくさん食べるなら鶏ムネ肉が安いのですが、調子に乗ってキロ単位で買うと食べるのに難儀します。

食べるお肉が偏ると次第に飽きてきますので、牛豚鶏にマグロなど赤身魚を組み合わせて、飽きのこない良質なタンパク質摂取に努めてください。

挑戦するとすぐに分かりますが、お肉ばかり数百グラムも食べる食生活は思いのほかキツイですねー。白いお米が猛烈に食べたくなります。

プロテインでサポートも可能

糖質制限中に筋肉量を増やして基礎代謝を高めたい人はプロテイン活用も有効のようです。

私はプロテインを利用しないので、どのような商品が効果的なのかを紹介できません。今後リサーチをしていきます。

おかずは主食

おかずが主食です。おかずだけでお腹いっぱいにするつもりで食べないといけません。野菜もデンプンを豊富に含む芋や根菜類を避けて、葉物野菜や大豆を食べてください。

世界地図広げて、主食扱いされている穀物や芋は基本食べられないと思ってください。

まとめ

糖質制限をはじめてから、日本の飲食産業の小麦食品が多いことに気付かされました。

このダイエット法をはじめると、安くてお腹いっぱい食べられるファストフードとの相性が猛烈に悪くなります。頻繁にラーメンやマックを利用する人は本当に続けられるのかを見極めてから挑戦してくださいね。

大好きなラーメンやパンが食べられなくなるのは結構苦しいですよ。