薄くてまばらなヒゲをどうにかしたい!濃いだけが髭の悩みじゃない!

f:id:mukyoyo_na_k:20151013232315j:plain

男性の髭の悩みというと、濃くて硬いヒゲや剃っても夕方には生えてくる青ひげを思うかべますよね。

たしかに濃いヒゲは、濃いなりに悩みも深いものです。ですが、薄かったりまばらなヒゲを持っている人だって、薄いなりの悩みを持っています。

あまり注目されない、薄いヒゲを持つ人の悩み。濃い人と同じかそれ以上にそのコンプレックスは深いものなのです。

薄いヒゲってカッコ悪い

濃すぎるヒゲもそうですが、中途半端に薄くてまばらなヒゲもカッコ悪い。

髭が薄いと見た目さわやかになりそうですが、実際はそうでもありません。むしろ中途半端に生えてくるので、手入れを怠ると不潔に見えてしまいます。

伸ばしても密度がないから形を作るのも難しく、ヒゲが伸びきるまでカッコ悪い期間が続きますので、完成前に耐え切れずに剃ってしまうことも。

薄いヒゲの人間としては、密度のある髭を持つ人のほうがカッコイイ髭をデザインしやすいので、コンプレックスをオシャレに変換できるのですから、うらやましいくらいです。

濃いヒゲに悩む人からすると、この意見は信じられないかもしれません。濃いヒゲの人の悩みが深いことも知っています。ないものねだりだというのも分かります。でも、薄いヒゲの人もヒゲにコンプレックスがあるのです。

外見的な悩みが深い

薄いヒゲの男性は、濃い人よりも髭剃りの回数もコストも少ないと思います。

髭剃りの回数も減るので肌のトラブルも回避できますよね。毎朝の髭剃り時間や肌荒れの悩みなど、ヒゲに関係するトラブルや悩みからは縁遠いのですから、一見いいことばかりです。

その分、自分のヒゲの見た目や形が目につきやすく、外見的なコンプレックスを持ちやすくなります。

離れた所に生える数本のヒゲや、一部部分だけ密度が薄くハゲたように見える箇所など、もし頭だったら育毛を考えないといけないような状態のことも。

ヒゲの生えた状態の悪さから考えると、濃いヒゲの人と同じくらいヒゲの処理に気を使わないといけないのです。

割安にコンプレックスを解消できるメリットもある

見た目があまりよくないヒゲを解決する、一番よい方法はやはりヒゲ脱毛です。

ヒゲの薄い人にとって、脱毛はあまり馴染みのないものかもしれません。しかし、薄い髭の人は処理する毛が少ないので、早い段階で効果が現れやすく、料金も安く済む傾向にあります。

多くの脱毛サロンでは、唇周り、顎、顎下まではセットで提供していますが、頬はもみあげはオプションであることがほとんどです。濃いヒゲ持ちはこの部分も脱毛しないといけませんので、結果的に高額になってしまいます。

薄い人だと、もみあげとヒゲが繋がる人はほとんどいません。頬もちょろっと生えるくらいなので、電気美容脱毛と呼ばれる1本1本処理する脱毛を利用するだけで事足りるでしょう。

このようにヒゲの薄い人は、脱毛を上手に活用すれば割安にヒゲの悩みから開放されることができます。これは青ひげや剛毛で悩む人よりも簡単であるのだけは間違いありません。

自分も頬に生えるヒゲに関しては、TBCの脱毛体験でほとんど脱毛してしまいました。

体験は1,000円。脱毛本数は130本で、頬のヒゲを10数本程と残りは顎周りのバランスを整えました。まばらでバランスの悪いヒゲの密度を整えるのなら130本で十分でしたね。

ヒゲをキレイに脱毛したいなら、クリニックのレーザー脱毛がおすすめですが、体験を通して自分の理想の姿を知りたいならTBCの脱毛を体験してみるのをオススメします。

ヒゲ密度やバランスを整えたいなら、1本1本処理していくTBCの美容電気脱毛の得意分野です。

MEN’S TBC

ヒゲ脱毛の体験を記事にしました

ヒゲ脱毛体験記事へ