W04をレビュー!これはおすすめのWiMAX端末だ!

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005405j:plain

WiMAX2+を契約してくても、どの端末を選べばいいかわからない。2年間付き合うサービスですから端末選びで悩むのは当然のことです。

中でも2017年2月に発売されたW04は4×4MIMO+CAによる440Mbpsの速度と、これまでの横持ちからスマホと同じ縦持ちになった最新のWiMAX端末です。

この記事では、2017年2月に発売されたWiMAX2+最新端末W04の実機を1ヶ月使い倒したユーザーの口コミをお届けします。

W04はWiMAX全部盛り

ファーウェイ製の最新端末で、人気機種だったW03の後継機になります。

W03はWiMAX2+ハイスピードの220Mbpsでしたが、W04は4×4MIMO+CAによる下り最大440Mbpsまで通信速度が引き上げられています。

W04スペック
対応ネットワーク WiMAX 2+/au 4G LTE
質量 約140g
ケーブル規格 USB3.0 TypeC
外形寸法mm 約H130×W53×D14.2mm
連続通信時間(WiMAX2+) ●ハイパフォーマンスモード:約390分
●ノーマルモード:約540分
●バッテリーセーブモード:約630分
連続通信時間(LTE) ●ハイパフォーマンスモード:約260分
●ノーマルモード:約390分
●バッテリーセーブモード:約550分
連続待受時間 ●休止状態:約850時間
●クイックアクセスモード:約38時間
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)/11n/g/b(2.4GHz帯)
本体色 グリーン/ホワイト

パッケージ

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005050j:plain

箱を開封してもApple商品のような感動の対面とはいきません。

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005112j:plain

本体カラーはメタリックグリーンを選択。ファーウェイ製の歴代モデルはボディ色使いが綺麗なのですが、W04のグリーンも例に漏れず冒険した色合いです。

個人の感想としてはW03のオレンジより好印象ですね。ただKawasakiバイクを彷彿させるカエルグリーンは女性ウケ悪そう…。

ビジネスでも使うならホワイトカラーが無難かな?

大きな変更点の一つでW03までのカード型から、スマホと同様の縦持ちタイプとなりました。

最初は改悪にも思いましたが、スマホと同じ握りになったのでポケットからの取り出しから起動を自然な流れで操作できる点から、操作性は圧倒的に向上しています。

それに合わせてディスプレイのUI画面も、これまでの横スワイプから縦スワイプに変更になりました。

ただスマホは横スワイプが癖になっているので、縦スワイプには違和感があります。せっかくスマホライクに取り出せるのですから、UIもスマホに合わせてほしかったですね。

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005353j:plain

裏面の素材はすべり止め加工され、全面ラウンド加工されているおかげでホールド感は良好です。縦持ちと相まって手のひらへの収まり感は歴代端末でも抜群です。

また縦持ちになったことにより、電源スイッチが側面に移動したため片手でのオンオフもしやすくなっています。

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005405j:plain

給電ポートはリバーシブル仕様のUSBType-Cです。

iPhoneのライトニングケーブルと同様、裏表がない仕様ですので暗い場所でも手探りでケーブル接続がしやすくなりました。

USBType-CはノートPCも充電できるほど電力が供給できる規格なので、近年はAppleMacBookやモバイルPCに積極採用されています。

充電設備をノートPCと共有できることからも、WiMAXに限らず今後ポケットWi-Fiも含め多くの端末がこの規格に切り替わっていくことでしょう。

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005425j:plain

充電ケーブルもUSB3.0Type-Cに対応しています。片方は従来のUSB Type-Aなので、スマホの充電器やPCに接続が可能です。

ケーブルは長く直径が太く硬いのでカバンの中で地味にかさ張ります。持ち歩きには向いていないので、必要に応じて別ケーブルを用意するといいでしょう。

W04レビュー 操作画面編

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005439j:plain

操作画面は縦横の違いはありますが、基本的には先代のW03を踏襲したデザインになっています。

f:id:mukyoyo_na_k:20170321005509j:plain

メイン画面は四つ葉のクローバーを意識したタイル4枚×2画面で、文字やアイコンも大きく押しやすいですね。W03のUIは朱色で白文字ボヤけて見づらかったのですが、W04はグリーンが基本色ですので文字の視認性も良好です。

ホーム画面から直接SSID情報にアクセスできれば言うことなしですね。

後、画面操作が縦スワイプには違和感が残ります。

毎日利用するスマートフォンは縦持ちですが、ホーム画面の操作は横の動作がメインとなります。このクセが厄介で、W04の操作には常に違和感がつきまといます。

とりわけiPhoneに慣れ親しんでいる人はその傾向が強く出るかもしれません。

人間の関節の動きを考えれば本来縦操作が理にかなっているので間違いではないのですが、スマホ操作で染み付いた動作にもう少し気を配ってほしいところでした。

SSID画面と縦スワイプ画面を除けば、機械が苦手な人でも扱いやすい端末といえるでしょう。

W04レビュー スピードテスト編

W04はWiMAX2+ 4×4MIMO CAによる下り最大440Mbpsの通信速度に対応しています。

ベストエフォートなので実測はそれより落ちますが、440Mbps対応エリアの地方都市でも室内で20Mbpsほど、屋外だと80~90Mbpsほど出ています。

下手なマンションの固定回線より速いです。

f:id:mukyoyo_na_k:20170321015544p:plain

アプリダウンロードも動画も遅延を感じることなくサクサクできます。

PING値は50~100の間ですので、ADSL回線並の数値です。

これならモンスターハンターXXなど、一般的なオンラインゲームのプレイにも耐えられる数値となります。

LTEオプションについて

W04はauLTEの電波が利用できるハイスピードプラスエリアモードに対応しています。

ハイスピードプラスエリア(HS+A)モードへ切り換えることにより、月額1,005円でLTE通信が最大7GBまで利用できるようになるオプションです。

WiMAXの電波の届きにくい場所やエリア圏外でも通信できますが、HS+Aモードの通信量が7GBを超えると強制的に128kbpsの速度制限が課され解除することができません。

肝心の速度面では、WiMAX2+の電波を積極的に利用するため速度で差が生まれることはありません。

WiMAX2+のエリア圏外で利用できることに価値のあるオプションですので、速度面で期待しない方がいいでしょう。

また通信量が7GBと限られているため、動画やアプリのダウンロード用途には向いていません。

HS+Aモードで制限速度を超過した場合、ハイスピードモードへ戻しても制限速度が回復することはありません。

利用しないに越したことはありませんが、使う場合は細かくモードを切り替えて、7GBを超えないよう注意して運用ください。

総評-W04は自信を持っておすすめできる

440Mbpsの速度に対応・持ちやすくボタン配置も配慮され、格安SIMでも運用できる今WiMAX2+で一番のおすすめ端末です。

W04を使うとWX03のタッチパネルやUIの作り込みの甘さが浮き彫りになってしまい、W04から戻りたくなくなるくらい良くできています。

不満を言えばスマホと同じ持ち方を採用したのだから、操作もスマホスタイルで統一してほしかったですね。

画面を必死に横にフリックすることが何回もありました。

スマホとW04を持ち帰る度に、都度頭を切り換えるのって地味にストレスですよ。

ホーム画面の縦スワイプ操作が改善されれば100点満点ですねー。

まとめ

キャッシュバックの兼ね合いによってW03やWX03と比較されやすいW04ですが、2017年に買える最新端末として、W04は非常に高性能で日常利用でも満足できる内容に仕上がっています。

今選ぶなら、WiMAX2+の機能が全部入りのW04が今ベストバイです!

この記事の読者に人気の記事

WiMAXプロバイダ比較