WiMAX2+端末にクレードルは必要なの?購入した方がいい人・しなくてもいい人

f:id:mukyoyo_na_k:20160419121502j:plain

WiMAXといえば高速で使えるモバイルインターネットサービス。コンパクトなモバイルWi-Fi端末を持ち歩いてスマホやPCで通信できるのが最大のメリットであり特徴です。

そんなWiMAX2+のモバイル端末には有線LANアダプターの搭載されたドックステーション、通称クレードルと呼ばれるオプション品があります。WiMAXを契約するときに同時購入するかいなか悩む人も少なくありません。

でも、本当にクレードルって必要なのでしょうか?

高額なものではありませんが、クレードルをセット購入することでキャンペーンのキャッシュバックや割引が減るのでは?という不安を持っている人もいるかと思います。

また買っても使い道がわからない人も多いかもしれません。

ここではWiMAX2+のクレードルにのみポイントを絞って、その特徴や使い方、メリットデメリットを解説していきます。

クレードルはスマホのドッグステーションと同じで、無くても困りません。ですが価格も手頃な割に、あるととても便利なアイテムであるといえます。

クレードルの使い道

クレードルには2つの機能があります。

充電ステーション

一つは充電ステーションとしての役割です。WiMAXの端末はとてもコンパクトで薄い端末なので安定した自立ができません。スマホと同じように机に置くと意外にスペースを取ってしまうのです。

常時電源に接続できるクレードルを利用すれば、モバイルWi-Fi端末の片付け場所を確保できるのと、充電忘れを回避できる2つが得られます。

散らかりがちな机の上で端末が行方不明になったり、充電忘れで翌日利用できなくなるといったうっかりがなくなるでしょう。

クレードルの小さなメリットは、モバイルライフの快適性に大きな差を生み出します。

逆に物をしっかり片付けられる人や、普段からモバイルバッテリーを持ち歩いて電源確保ができる人にはメリットがありません。

電源と置き場所確保に魅力が感じられるか否かは、クレードル選びの一つの基準になるはずです。

有線LANを活用して快適なネット環境を作れる

有線接続はクレードルの持つ最大の機能です。これあるからこそクレードルはお金を出す価値のあるオプション品であるといえますね。

WiMAX2+は各種端末とWi-Fiでネットに接続します。

端末と距離が離れたり、電波状況が悪いところでは速度が低下してしまうのは宿命ともいえますね。

そこで有線LAN接続が可能になるクレードルを利用して、安定したネット接続環境をつくることができるようになります。

またクレードルは端末と同じで非常にコンパクトで、設置する場所を選ばないのも利点と言えるでしょう。

窓際の電波強度の強い位置にクレードルを設置して、LANケーブルを延長することにより部屋の奥まった場所でも安定してWiMAXを利用できるようになります。

タブレットやスマホのようにWi-Fi接続が前提で家中持ち運ぶモバイル端末で安定した通信を可能にするため、有線LANで無線ルーターに接続することも可能です。

この方法はクレードルから更に無線LANルーターに接続することで、電波の発信力に劣るモバイル端末のデメリットを解消し、室内でも快適にWiMAXを利用できるようになります。

実際使ってみるとわかりますが、WiMAXのモバイルルーターは半径数メートル範囲で利用することを前提とした設計です。

そのため端末から距離が離れると速度が一気に低下してしまいます。

そこで発信電波を家庭用無線ルーターでサポートすることで、自宅内に満遍なく電波を届けるのです。

無線LANルーターの性能次第では、一階のリビングから2階の寝室まで電波を飛ばすことも可能となります。

クレードルのデメリット

クレードルを持つことに関してそこまで大きなデメリットはありません。

デメリットがないというのは翻って、あってもなくてもどちらでもいいという言葉にも言い換えられます。

別売りのオプション品扱いなので特別な優遇もありませんし、クレードルそのものもヨドバシの通販などで4,000円も出せば買うことができます。

考えられるデメリットは、プロバイダによってはキャッシュバックが少なくなることがある、くらいですね。これも単純にクレードル代金が引かれるだけですので総支払額で見ると損ではありません。

まとめ

WiMAX2+のクレードルは、固定回線代替の希望がない限り購入する必要はないと思います。

必要を感じたらネット通販で購入できて、数日中には手元に届きます。使って見て自分の環境で必要か見極めてから購入しても遅くはありません。

WiMAX2+端末のクレードルは、無くてもメインの用途であるモバイルWi-Fiとしての機能が大幅に高まることはありません。

有線LAN接続を利用した使い方を自分なりに工夫しないと、その恩恵はあまり受けられないでしょう。

固定回線代替を考えていたり、有線LAN接続を積極的に利用する人なら、選択する価値があるオプションですので購入時に迷わず選びましょう。

それ以外の人は契約後必要を感じてからの購入でも遅くありませんよ。

▽WiMAXについて更に詳しく▽
WiMAX2+を固定回線代わりにできる?おすすめの端末は?