WiMAXでドコモのスマホ料金を最安運用する方法!

スマホの料金が高いと感じたことはないでしょうか?

ガラケーの時代と比べると、明らかに月の負担額が上がっています。

自動的に引き落とされるため、いくら支払っているのか自覚しづらいのが難点ですが、固定費であるスマホの料金を減らすことは最も大きな節約になります。

知らない人も多いドコモの料金プランとは?

ドコモの料金は、通話料が含まれる基本プランとインターネットのパケットパック、それにインターネット接続料であるspモードで成り立っています。

まずは基本プランについてですが、国内通話無料のカケホーダイプランと1通話あたり5分以内無料のカケホーダイライトプランがあります。

使用目的としては、カケホーダイプランは月額2700円で、通話も通信もスタンダードに行う人向け。

カケホーダイライトプランは月額1700円で、通話が少なく通信が多い人向けとなっています。

またパケットパックは2GBで3500円、5GBで5000円、8GBで8000円です。

ただここで注意しなければならないことは、基本プランでカケホーダイライトプランを選んだ場合、パケットパックは5GB以上のプランしか選べないということです。

つまり

1700円(カケホーダイライトプラン)+5000円(5GB)+300円(spモード接続料)=7000円

と、仮にカケホーダイライトプランを選んだ場合でも月額料金は最低7000円かかります。

また基本プランでカケホーダイプランを選んで、パケット量を抑えようと思っても

2700円(カケホーダイプラン)+3500円(2GB)+300円(spモード接続料)=6500円

となり、どんなに月額料金を抑えようと思っても、6,500円は必要になるのです。

肝心の2GBプランでは、スマホ利用がかなり制限されてしまいます。

たまのインターネット、メールやLINEにのみ利用する程度ならば2GBで十分ですが、さらに動画を視聴したり、音楽をダウンロードしたりするとすぐ制限に達してしまいます。

カケホーダイみとはいえ、月6,500円で2GB利用制限が課せられるのはなかなかつらいものです。

月末までにパケット量の上限に達し、通信速度制限がかかってしまうと、あまりの速度の差にストレスを感じてしまいますよね。

料金面だけでなく、こうした問題を解決するためにもWiMAXが非常に役に立つのです。

WiMAXとは?

簡単に言うと、自宅に限らず外にいても、スマホやパソコンをインターネットに接続するサービスです。

サービスを受けるのに使う端末のことをポケットWiFiと呼びます。

インターネットで契約すると後日端末が郵送され、届いたすぐその日から使用することができます。

スマホのように対面での面倒な手続きも必要ないので、そういった手軽さも人気を博している所以の1つです。

月額料金

7GBパックのライトプランの場合、初期費用なしで月額費用は3695円です。

ドコモの場合5GBで月額5000円です。

2GB増えて料金が1,305円も安くなるなら、とてもお得ですよね。

さらにWiMAXにはギガ放題プランといって、通信制限なしのプランが存在します。

これは初期費用なしで月額4,380円です。

データパック最大容量のデータLパック(8GB・8000円)と比較すると、通信量無制限で3,620円安く利用できます。

この額は年間に換算すると43,440円。

これだけ節約できて、動画見放題・音楽聴き放題・ゲームし放題でこの金額ですから、大きなメリットです。

WiMAXを使ってスマホの月額料金を抑えよう!

では具体的にどうすれば、最安でスマホ料金を運用できるのでしょうか。

まずはインターネットを利用するときだけWiMAXを使い、通話だけドコモ回線を利用するという方法です。

パソコンと同様スマホにもWiFi機能が備わっています。

このWiFi機能を使ってWiMAXと接続し、インターネットを利用します。

そうすると、パケットプラン分の利用料を抑えることができます。

例えばドコモのパケットパックで、データSパック(2GBプラン)に加入していたと仮定しましょう。

インターネットをWiMAXでした場合、7GBのライトプランは初期費用なしで月額3695円です。

ドコモのデータSパックと比べると195円高いですが、それでもパケット量が5GBも増えるので、インターネットをより多く利用することができます。

ドコモでデータMパック(5GB)に加入していた場合、月に利用可能なデータ量が2GB増えるのにもかかわらず、月額料金が1300円近く安くなるのです。

さらに月額料金を安くしたい場合は、ドコモを解約してしまうという方法もあります。

ドコモを解約したとしてもスマホは使えるので、そのままWiMAXを使ってWiFi接続すれば、インターネットを利用することができます。

ただドコモを解約すると、電話番号が使えなくなるばかりか、そのままでは通話ができなくなってしまいます。

そのため050プラスなどのインターネット電話と別途契約して、新たな電話番号を取得する必要がありますが、緊急電話番号やフリーダイヤルが利用できない弊害もあるためオススメしません。

そしてもう一つ留意すべきことは、解約料と機種代金です。

ドコモを解約する場合通常9500円の解約金がかかりますが、2年縛りが終了した翌月と翌々月の解約は違約金がかかりません。

機種代金を分割払いにしていたり、さらに2年間契約することが条件の月々サポートによって機種代金実質0円で利用していたりする場合は、機種代金の残債に注意しなければなりません。

機種変更してから2年経たずに解約する場合、残りの期間で分割して支払う予定だった機種代金を一括して支払わなければならなくなります。

WiMAXの通信速度は大丈夫?

なかなかつながらないときのイライラを思うと、インターネットを利用するにあたって通信速度は気になりますよね。

ネットがな速度が速いかどうかはかなり重要なポイントになってきます。

単純に速度だけで比較すると、ドコモの4G/LTEは最高速110Mbps、WiMAXは220Mbpsなので約2倍の速さです。

ただこの速度は場所によって変わってくるので、対応エリアについても比較したいと思います。

高速通信対応エリアについて

ドコモの高速通信サービスはXi、WiMAXはWiMAX2+というサービスを提供しています。

WiMAX2+の場合は提供エリアが狭いだけでなく、サービスエリア内であっても高層階や地下での接続が難しかったり、電波状況が天候に左右されやすいなどといったデメリットもあります。

docomoは音声通話とデータ通信両方を通していることもあって、利用者が増える時間帯は、さらに速度が落ちてしまう可能性もあります。

実際au・SoftBankと比較してもドコモが最も遅い回線速度となっています。

速度面では頼りないドコモですが、通信可能なエリアではWiMAXを含め、どのモバイル通信業者にも負けることはありません。

それに対しWiMAXは、まったくネットに接続できないエリアが存在するので、あらかじめ公式サイトで通信可能エリアを確認しておく必要があります。

まとめ

WiMAXを利用することの最大なメリットは、ドコモの高額なパケットパックに加入する必要がなくなるため、月額料金が抑えられることです。

さらに制限なしのプランに加入すれば、これまで以上にスマホ利用がスムーズになります。

WiMAXの申し込み手続きはインターネット上で完結するので、店舗に行く時間がないという方も安心です。

通信費などの固定費は、知らず知らずのうちに家計の負担を圧迫します。

そこでこれを期にWiMAXを利用して、少しでも月の固定費を抑えて見てはいかがでしょうか?

月単位で見れば数千円かもしれませんが、 1年2年単位で考えると大きく節約できることになりますよ。

WiMAXをもっと詳しく知る

ポケットWiFiは無制限で使える?最安値おすすめTOP3を徹底比較!